クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

日記

初心

無邪気で素朴。 何より初々しい姿に、心がなごんだコーカサス出身の人。初々しさは、さまざまに凝り固まった何かを洗い流すもので、初心に還りたいから居場所を変え続けるというのは充分にあり得る。 初心に還れなくなったら、腐りはじめ。 格付けされる方の…

先週食べたものの振り返り

二週間ほどで終わると思っていた花粉症。グズグズと鼻詰まることすでに一か月におよび、そろそろ5月も終わる。5月の方が先に終わるなんて、ほんと夢にも思わなかったわ。 起き抜けはモーニングアタックで症状が特にひどくなるから、朝食を見ると体調のよし…

ストッパー

投資移民の申請書に、「その資産は不正な手段で手に入れたものではないですね?」の一文を追加しただけで、投資移民の希望者が激減したとか。 遵法精神をかなぐり捨てたら、お金儲けはよりイージー。どうせこの国なんて捨ててやると、恩よりも恨みが大きかっ…

先週食べたものの振り返り

すでにあるものをネットに移すのは簡単で、あぁ今はネットあるいはアプリに移行したのねと変化もすんなり受け止められる。いつの間にか増えるポイントカードはアプリに移行しつつあるので、そのうち長財布は不要になりそう。 「手を洗って」「宿題はさっさと…

シンボル

戴冠宝器と書けば仰々しく意味不明な一方で、Crown Jewelsと書けば、あぁそういうことねと大体推測できる。イギリス王室で戴冠式に使われる王冠は、キンキラキンかつおもちゃみたいに大きな極彩色の宝石で彩られてた。 これは天気がよかった別の日のもの。 …

アンチええじゃないか

札幌の明日、(というよりすでに今日)の天気は雨、予想最高気温は10℃最低気温は6℃でまるで冬。 クローゼットの中を整理してわかる、冬服7割夏服3割で、圧倒的に冬服が多いのもこの気候じゃしょうがない。リネンやコットンの夏物の服、見るのは楽しいけれど…

ライラック八分咲き

午前中の気温は18℃だったはずなのに。用心のために上着を羽織ってみたけれど、外に出て三歩で脱いだ。暑くて着てられない。リラ冷えはどこに行った??? 満開に見える大通公園のライラックは、これでもまだ八分咲きなんだとか。濃い紫色のいかにもなライラ…

先週食べたものの振り返り

毎週祈ってる。 どうか、今週こそは花粉症が終わりますようにと。気温急降下でひと息つけたけど、明日はまた気温急上昇で、せっかく咲き始めたライラックの芳香もわかりゃしない。 あの二者、どうしてこんなに仲が悪いんだか。という関係性の場合、もつれに…

十和田湖から盛美園、そして青森へ

洞爺湖サミットの時は、ザ・ウィンザーホテル洞爺という超高級ホテルがあったけれど、国賓級のゲストをおもてなしするに足るホテル、札幌にあるのか???格式があるホテルはあるけどね。国賓級や超VIPしか使えないフロアとかが、あるのかもね。かもかも…

先週たべたものの振り返り

気温10℃から15℃の間が、もっともアウターに困る季節。気持ちよく晴れていても期待したほど気温は高くなく、リラ冷えと言うくらいだからライラックの花咲く頃になってもまだ寒い。今年のライラックまつりは5月16日から。 先週一週間の食生活をひとことで表…

100年の計と桜とお城、弘前に行って来た

こどもの日なのに、母の日>>>>>>>>>>こどもの日という母の日推しの布陣を見るにつけ、シルバー民主主義のかほりがホラ、そこにもあそこにも。 自然豊かな土地に暮らしていると、風情ある建物が時々無性に見たくなる。というわけで、北海道新幹線に…

桜爛漫

わっさわさと茂る桜などの木々のもとに、大勢の人が集まって飲めや歌えやと浮かれ騒ぐ日本のお花見スタイルは、世界的に見れば珍しいんだってさ。 公園や広場など、パブリックな場所での飲食(アルコール含む)を禁止してないってところがまず珍しいやね。花…

先週たべたものの振り返り

桜咲く季節は、どのルートを通ればもっともたくさんの桜が見られるか。楽しい悩みで頭をいっぱいにしながら、歩く。桜といえばソメイヨシノ派なので、今年もきれいに咲いたソメイヨシノを見届けて、満足。 これは梅。梅と桜が一緒に咲くのが、北の国の春。 …

免疫

スギ花粉メインな花粉症の薬は、シラカバやハンノキ花粉にも効くのか?と思いつつ鼻炎の薬を飲む。眠気を伴うところが、いまいち。 ここんところばかげて暖かい日が続いたので、日当たりのいい場所では桜もチラホラ咲き始めてる。GWがきっと見頃。冬季は閉…

先週たべたものの振り返り

目がかゆい。頭が重い。くしゃみ鼻水の連続で、寒暖差が激しいから風邪でも引いたかな?と思いきや、多分花粉症。症状が出始めた頃と、花粉が飛び始めた時期がピッタリ一致。 己の花粉探知センサーの精巧さに、びっくりするわ。 外食が多かった先週は、「テ…

凸凹

凸凹をフラットにならしてるとインターネット的。そもそも影響力がある人の声や意見を、拡声器となってさらに大きな声で知らしめてるとテレビ的。 今週のおやつ。 だから、凸凹をフラットにならしてる人がインターネット代表でいて欲しいと思ってると、そろ…

君の名は

百姓とはよく言ったもので、やんごとなきわけでは全然ない人の苗字は百どころか、千も万もある。捨てても惜しくない名前は、簡単に捨てられる。 世界や歴史を見渡すと、苗字を持たない国や民族も少なくなくて、例えばミャンマーには姓がない。アウンサンスー…

先週たべたものの振り返り

ムーンダストって何さと思ったら、青いカーネーションのことだった。青というより紫っぽくて、矢車草の青ほど鮮やかではないんだけどさ。作ったのは、青いバラと同じところ。青が好きやね。 機能性食品に製薬や化粧品、そして植物の交配と。食品と化学は相性…

骨組み

聖書や教典あるいは教科書通りにはいかない、矛盾がギュギュっと濃縮されているのがお金の集まる場所。 矛盾を抱えつつ、それでも「建前」はきっちり守るところと、「建前」さえ守らないところとまぁいろいろで、骨組みがしっかりしてればそりゃ立派な建物も…

みんな雪が悪い

一度に100回は無理でも、ワンセット10回×10セットなら、なんちゃってスクワットも日課にできる。その代わり、だいたいいつも筋肉痛。ついでにポテポテよく歩くと疲労もいや増して、睡眠の質も向上する。 雪さえなければ、運動不足ともオサラバできる。札幌市…

ラストワンマイル

一方には月額利用料などの固定収入があり、もう一方には極限まで安く買い叩ける配送網と外部執筆者があり。新聞というメディアの姿は、本体が体力を温存するための仕組みが実によくできていて、なんでもパクることに余念がない人や組織が、その仕組みに目を…

それは情報か偏見か

歯磨きしながらスクワットする女性社長の姿は、習慣化しづらい行為と習慣的な行為のマリアージュで、目から鱗がポロポロ落ちた。習慣になってないものを無理に習慣にしようとするから、続かないんだよな。いい教訓になった。 ビフォーアフター。 路上の雪は…

観光客でおぎなえる

ひじきとひき肉のパスタ。 本日の晩ごはん。 バターにしょうゆ、酒にみりんで味付けした甘辛味で、ご飯ともきっと相性よしだけど、パスタにして食べる。やったことないけど、トーストにしてチーズをトッピングしても大丈夫な気がしてきた。 節約レシピの一種…

つれない

どれだけ尽くしても報われない。誰に尽くされようが貢がれようが意にも介さず、愛したいものにしか愛を返さないのが、芸術や文化。 上場するもしないも企業の自由で、“企業文化”を守りたいからと敢えて上場しない場合もあるけれど。企業が危機に陥った時、そ…

つぶ餡かこし餡か

つぶ餡派かこし餡派かは神学論争みたいなもので、永遠に決着なんてつかない。最終的には「好み」という、曖昧なくせに改宗困難な理由に落ち着くものに、そもそも優劣なんてつけられないし、つけようもない。 あら?あらららら? 既視感のある、あんこをパイ…

小姑AI

人里離れた場所で自給自足生活を夢見る人は、他人に頼りたくない人。 小指いっぽん動かすだけでも大きな反響を呼ぶような人は、いつどこで何に対して自身の影響力を使うべきか。悩みも尽きなさそう。 体感的にはバレンタインの時より人が多かった気がする、…

あとで読む

オリンピックのような大きなイベントで、勝利に一喜一憂しながら浮かれ騒ぐのは、うれしい楽しいで一緒になった極北の姿。極北って使いたかったんだ。 うれしい楽しいで一緒になれる人と、辛い苦しいで一緒、一体感を得られる人と。大きく分けたら世の中はこ…

知らんがな

さらしきってない生のタマネギを食べると、近頃はキモチワルイ。軽く頭痛と吐き気がし、気持ち悪さに耐えること数時間。気を紛らわすために眺めるのは、美味しそうな食べ物がたくさん載った何か。 これは雨が降る前。このあと雨が降る。 レシピだったり、ス…

123歳まで生きられる

花粉の代わりに小雪が舞い、最高気温も最低気温もマイナスとなった真冬日。冬用コートを引っ張り出す。寒い。 123歳まで生きられる未来はお好きですか?私はイヤです。 一生をかけて追及したい何かがある人はともかく。長い長い老後を、どうやって過ごすんで…

使い勝手が信頼につながる

来月から給料は仮想通貨払いな。と、言われたら暴れる。安全資産と言われる金(きん)で支払うと言われてもイヤだ。 本日のおやつ。 例えば邦貨にして給料30万円分の仮想通貨を給与支払い日に受け取ったとして、現実には支払手段として普及していない仮想通…