クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

温床

変えられないはずの過去を、変える可能性さえあるのがデジタル革命。

 

紙の印刷物によって配布・拡散された過去も、デジタルでは書き換え可能。みんなで一緒にせーので変えたい過去があれば、口裏合わせるためにもみんな一緒になって手を繋ぎ、ゴールインできた順にデジタル改変が可能。という事態にでもなれば、変えたい過去がある人ほどゴールインにも熱心になる。

 

デジタルは臨機応変に書き換えが可能で、朝令暮改も簡単。

 

国際標準に背を向けて独自路線を突っ走ったところ、国際標準となっている企業からソッポ向かれたとなったら、国際標準に対する信頼も増す。

 

すねに傷持つ人ほどゴールに対する意欲も高まるのなら、すねに傷なんかない、ピッカピカでまっさらの経歴の人ほどそこに居られず、世間一般の標準とはまた別のモノサシを持つ、独自の標準が育つ。

 

わりと昔から。例えば北海道開拓が始まった当初から、新天地であるいは未開の大地で新しい村あるいは独立国家を作ろうと盛り上がる人たちが現れては消えていくけど、あれ不思議。一国二制度は亡国のもとだから、きっと国が嫌いで嫌いだけどそこに居るしかなくて、だから彼らは国にあって国でないものを作ろうとするんだと思ってる。

 

新しい村あるいは独立国家を作ろうと盛り上がる人たちにもっとも足りないのは、村人で国民。

 

王や長に、あるいは大臣など要職を務めたい人は山盛り居ても、一市民あるいは一国民でいいっすという奇特な人は居ない。すでに日本国民でホニャララ市在住の市民だったら、わざわざ国内にあって国でない国の国民や市民に新たになる理由なんてない。義務が増えるだけ。

 

働く場所はある。住む場所も探せばなんとか見つかる。でも、日本国籍だけは持ってないんだ。だから、健康保険や社会保障の網からは零れ落ちている。という人と遭遇する機会が増えるのは、移民国家の別の側面。

 

こなたには労働意欲が高く労働を厭わない人がいて、かなたには人手が足りないけれど利益を圧迫するから人件費は出せない人が居たら、リアリストの考えることはひとつ。

 

その後で副次的に起こる不具合は、誰か、それもその種の人を他人よりより多く抱えることになる、地主に大家さんに任せればいいとなったら、実利を尊ぶ人のとる道もひとつ。つけまわしがダメなら、別の種類のつけまわしもナシな。と、言われる前になんとかしなくちゃね。

 

過去は変えられないから、書き換えも改変も今となっては困難な、紙に書かれたものが逆に重宝する。それも、より多くの人の目に触れることを前提として配布・拡散されるもの限定で。

 

今も昔も、公開情報こそがもっとも信頼できる情報で、ここだけの話がもっとも信頼できないのは、詐欺の温床がどこかを考えてもあからさま。

反動

1800年代の初頭、ウィーンで会議が踊り終わった後のフランスの片田舎で、とある青年が手にしてる本が我が闘争だったら、時代考証の面で著しく信頼に欠ける。

 

そこはやっぱりセント・ヘレナ日記であるべきで、ナポレオン崇拝がバレたら没落した英雄と同じく厳しい処遇が待っていた世情とはいえ、英雄に憧れるのが若者。ダメと言われても読むから、当時のベストセラーだったっぽい。

 

ガリア戦記と違って現代にまで広く伝わってるとは言い難いのは、そこには歴史的に見るべきものが少ないからか、それとも没落した英雄という事情ゆえか。英雄が英雄のまま生を終えた後ならともかく。英雄の座から途中で引きずり降ろされた元英雄を、反動に振れたその後の世の中でどう評価するかは、100年経たないとわからない。

 

世界史上に燦然と輝くスターに直接取材したという触れ込みの書も、当時においては霊言に取材したものと同じくキワモノ扱いで、歴史的史料にはなり損ねたのか。よく売れたからといって、時の試練にも耐えられるものではないベストセラー事情は、あんまり変わらないかも。

 

例えばクリスマスが近づき何となくウキウキと浮かれた気分の人たちで賑わうクリスマスマーケットに、猛スピードで突っ込んでいく車を運転する人。あるいは病を抱え、悲観する自分とは違って寿命など気にも留めていない人が行き交う書店に、レモンを爆弾代わりに置く人の心情とは紙一重

 

病を抱え、結局はその病が原因で早世してしまう。健康でさえあればもっとやれることも多かったに違いない、発散しがたい鬱屈を抱えた人の目から見た世界だから、健康な人の目から見た世界とは違うものを描いている。

 

という解釈(あるいは講釈?)込みである種の行動を眺めると、そんなことさえできるしやっちゃうんだから、置かれてる状況あるいは環境が、かなり特殊なんだなと類推できる。

 

だから環境あるいは置かれてる状況が改善されれば、ある種の常軌を逸した行動もたいていは止む。止まらないなら、それはレアケース。レアケースだから、一般論は役に立たない。

 

と考えるようになるまでには、ただ事実を事実として読んで理解するだけだったら、たどり着かない。

 

顔を殴れば跡が残る。だから、殴るなら顔ではなくお腹など目立たない場所という悪知恵が発達した人は、これと狙い定めた相手を痛めつけるやり方もより陰湿で手が込んでいる。ココロの傷は目には見えないから、効果的に傷つけるなら精神を痛めつける方がより効率がいい。

 

誰かを徹底的に苛んでいる人がもし居たら。なぜ、そこまでするのか。普通だったら、逆に疑問に思うところ。一線を越えた人なら二線も三線もどんとこいで、もう怖いものなんてない。怖いものなしという状態に常にいないとダメな人というのも、考えたら奇妙なもの。

 

怖いものなしで二線も三線も越えていく人が発してるメッセージといえば、逆に止めてくれ、かもね。

ここほれワンワン

最初は政治犯。次に屯田兵がやって来て、最後は市民が加わることで開発が進展したという北海道開拓の歴史。

 

北海道に限らず“手つかずの広大な大地“を人の住める土地に変え、住む人を増やして生活社会インフラを整え、売買の価値があるほどに魅力的な土地に変えようという試みは、あとに続く人が出てこないと頓挫する。

 

政治犯は送り込めたけど、屯田兵に相当するような開拓集団は来なかった。あるいは新天地を求めた開拓集団まではやって来たけれど、開拓集団とは無関係な市民までは来なかった。という理由で開発が頓挫した、元“手つかずの広大な大地”、探せばいっぱいありそう。

 

例えばゴールドラッシュ。

 

ここほれワンワンで、この土地を掘れば一攫千金も夢じゃないと未開の土地へと送り出すのに、小人閑居して不善をなすタイプはぴったり。ゴールドラッシュだけでなく、大きな政変があったあとには現れがちな、何らかの埋蔵金伝説もそうだけど、大人(たいじん)になり損なった人は、不満を貯めこみ閑居して不善をなしがち。

 

暇を持て余して不善をなしがちな人を、とにもかくにも前向きにさせるのが、ここほれワンワンな埋蔵金伝説でゴールドラッシュ。社会の安定を維持するシステムだから、政変があった時には必ず現れる。と思っておくと、埋蔵金伝説が繰り返されるのも納得する。

 

不善をなして大人(たいじん)となった人は、そりゃ不善を掘り返されたくない、あるいは蒸し返されたくないから、ここほれワンワンを奨励する。ここほれワンワンに時間も体力も奪われると、不善をなす気力も体力も奪われていくんだから。

 

気力も体力も奪われた状態で、真っ先に奪われるのは考える力。考える力いらずで楽しめる娯楽を普及させたかったら、まずは考える力を奪ってしまえばいい。

 

識字率の低さとお芝居の隆盛には、きっと因果関係がある。シェイクスピアの時代、あるいはシェイクスピア劇が人気だった時代の識字率や就学率は、どう考えても高くない。原典に対する読解力はなくても、面白おかしい劇となったら内容に対する理解も容易。容易に理解できたお芝居を通じて、文字が読めない人でもシェイクスピアを知ったと思えば納得。

 

日本に住んでいても日本語、それも書き言葉の日本語には親しんでいない人でも、お芝居やとなれば理解も容易で話にもついていけるのと一緒。

 

気力も体力も奪われているから、考える力いらずで楽しめる娯楽に親しむ人と、そもそも読めないし理解もできないから考える力いらずで楽しめる娯楽に親しむ人と。同じものを見ていても、背景は違うのが多様化した世の中ってもの。

 

小人閑居して不善をなすタイプの人に、どうせなすなら善行をと、ここほれワンワンと手つかずの大地を耕すよう促してみる。それは、大人(たいじん)の知恵というよりどっちかっていうとプランテーション農園経営に近く、プランテーションが儲かったのは奴隷労働で労働力を考えなくてもよかったから。

 

というよけいな知恵がどっさり詰め込まれていると、前例の踏襲なんてするわけないじゃん。

定点観測

降る時にはドカッと降ったけれど、平均すると平年よりは少なかったような気がする今年の雪。雪が消えるのも早かった。

 

アスファルトの上の雪は速やかに融けるけれど、土の上に積もった雪はしぶとい。しぶとく積もった雪は、一体いつになったら融けるのか。しばらく観察してみた。

f:id:waltham70:20190321151649j:plain
f:id:waltham70:20190321151631j:plain

2月の終わりの北海道神宮内。まだ雪どっさり。どっさりだから、雪だるもまだまだ健在だった。同時期の街中、特に人通りの多い場所は、もうほとんど雪を見掛けることもなくなっていた頃。日当たりの悪い細い道なら、まだ雪も残ってたけど。

f:id:waltham70:20190321151621j:plain
f:id:waltham70:20190321151705j:plain

3月の第一週の北海道神宮内。一面の雪に覆われていた場所も、ところどころで地面が顔を出すようになっていた。踏み固められていた雪が融け出す頃は、一歩踏み出すごとにずぶずぶと沈み込むので、歩きにくいったらありゃしない。歩きにくいような場所を選んで歩いているからそうなるだけで、人通りの多いメインストリートはもっと歩きやすい。

 

敷地も広い立派な神社は、壮麗というより荘厳。背後に山々を控えていることもあってより厳かな気配に満ちている。ここでおちゃらけられるのは、観光客か宗教心も薄く、神も仏も関係ねぇと嘯ける人くらいよな。

f:id:waltham70:20190321151618j:plain
f:id:waltham70:20190321151701j:plain

敷地内の木々には、ヤドリギがいっぱい。道内、あるいは札幌近郊ではよく見掛ける景色。

 

3月の第二週の北海道神宮。おぉここは石段だったのかと、雪が解けだして始めて気付いた。雪に覆われてる間は、単にゆるやかなのぼり道だった。木の周りの雪も融け出していた。人通りの多い拝殿へと続く道となると、もうかなり地面が露出。

f:id:waltham70:20190321151606j:plain
f:id:waltham70:20190321151610j:plain

f:id:waltham70:20190321151644j:plain

北海道神宮から円山動物園までは、歩ける距離。ではあるけれど。この時期になると逆に、融け切らない雪のせいでひどく足元が悪くなる。真冬の方が、歩きやすいのかも。真冬に来たことはないけどさ。

 

3月の第三週の北海道神宮。まだいくらか雪は残っているとはいえ、もう残り少ない。前週と同じ木の周りも、地面の露出が激しい。

f:id:waltham70:20190321151626j:plain
f:id:waltham70:20190321151653j:plain

f:id:waltham70:20190321151639j:plain

定点観測のコツは、観測場所を決め、その周囲がどれだけ変化したかを追うことよな。

 

やっぱりヤドリギが目立つ敷地内の木々。

 

本州では桜の便りが聞こえて来るけれど、梅林の梅さえまだ咲く気配なし。梅と桜は同時期に咲くものだから、見頃はきっとGW。

f:id:waltham70:20190321151614j:plain
f:id:waltham70:20190321151657j:plain

f:id:waltham70:20190321151635j:plain

雪、融けたねぇ。

 

雪解け水が流れ込んでるせいか、敷地内を歩いていると、水音が賑やか。円山動物園に至る道も、すっかり歩きやすくなった。

 

基本的にどこまで歩いても真っ平な札幌の街中で、この辺りだけはやや起伏あり。真っ平な場所をどれほど歩き倒そうとも、筋力なんてつかない。起伏のある場所を歩いて心肺機能を高めたいものの、熊出没注意なのが悩ましいところ。

 

都市と自然が地続きだと、お互いに窮屈な思いはするもんさ。

ブランド好き

先週の名残り雪に寒の戻りはどこへやら。日中だと10℃を超えることもあり、暖かくなった。しかーし、その代わりに砂っぽい。滑り止めとして雪の上に撒かれた砂は、雪が消えても道路に残り、残った砂が風に巻き上げられるから砂っぽい。

 

外から帰ってくると、口の中がジャリジャリ。ジャリジャリして不快だけど、これも季節の風物詩のひとつで、風物詩だからといって思わず歌にしたくなるような、五感に心地よいものとは限らない。

 

文化を学んで経済を学び、すべての道はローマに続くがごとく、最後に政治を学べばエリートの出来上がり。という出世コースがもしあれば、政治に興味がない人ほどそんなコースは選ばない。

 

文化にも経済にも明るい人が、政治に携わった方がいいのは間違いないんだけどさ。文化と経済と政治が三角形で、等分に尊重されるのならともかく。文化を学んでも経済を学んでも、最上位に来るのは政治により精通した人となれば、途端に色あせる文化や経済を究める道。

 

文化も経済も、究めようとすれば遥かなる道。おざなりあるいはなおざりに学んで、はい次と攻略できるようなものじゃないはず。

 

必要なのに絶対数が足りず、足りないから促成栽培に励むと、必ずしっぺ返しが待っている。

 

文化も経済もそこそこのまま、足りないから前に出せと前に出せば、促成栽培で知識も経験も足りないと自覚している人ほど、師に頼る。常に誰かの指示を仰ぎ、自分で考えることもなく誰かの指示を忠実に実行に移すだけなら、それ傀儡って奴よな。

 

未熟な人を未熟なまま、人の上に立つリーダーに祭り上げると傀儡ができあがる。決して表舞台には立ちたくないし、立たないけれど世の中は動かしたい後ろ暗い事情のある人にとって、とっても都合のいいおもちゃになれる。

 

誰かにとってはとっても使い勝手のいいおもちゃになれた先に、安定した生活が待っていれば、すすんでおもちゃになる人も出る。コスパに敏感で無駄な努力を嫌う人は、全速力でお得な道を突っ走る。

 

ブランド好きな人ほどブランド毀損にも熱心という事例は、広がらなくてもいいところまで広がらなくてもいいんだけどさ。

仮説

最近読んで面白かったのは、江戸時代の統計資料をベースに往時の江戸の商家の姿を再現したもの。

 

統計資料をもとにしたところが面白さのポイント。平面図が立体図に変化すると、見慣れたものでも新鮮に映るのと一緒。一見退屈な数字の羅列であっても、見る目のある人が切り取れば、面白い見世物に仕立てることも可能なんだな、という発見があった。

 

同時に、データの取り扱いに慣れた人であれば恣意的に結果を動かすことも可能なんだろうという、愉快でないことも再認識したけどさ。

 

平面を立体化する過程で、こういう種類のデータがあれば、望む結果により容易に近づけるのに。という視点から欲しいデータを探しに行くくだりには、求める結果を補強するデータこそを、より重宝する心理が垣間見えた。

 

欲しいデータを探しに行く過程で、不都合なデータを見つけたらどうするの???黙殺するのか、それとも最初に立てた仮定を捨てるのか。

 

80%あるいはもっと。

 

もう少しで最初に立てた仮定を証明できそうだという最終段階で、すべての仮定をひっくり返す「不都合な」データを見つけたらどうするのか。

 

単なる遊びで平面図を立体化してたんだったら、厳密さやデータが語る真実よりも自説を優先すればいいだけ。そもそも遊びなんだから。それが遊びではなく、厳密さや公正さも求められる公的なものだったら、都合のいいデータを優先させる姿勢には問題ありで、問題ありだから捏造と糾弾される可能性もある。

 

80%あるいはもっとという最終段階、終わりが見えた時点で、やっぱり今までの仮定は間違ってた可能性が高いから、最初からやり直しな。と、仕切り直しが容易なのは個人プレーの方。そして、かかわった人が多いだけでなく、かかわってくる組織が複数かつ横断的な何かで、最初から仕切り直しが許されるのは、間違いが絶対に許されないケースの方。

 

そりゃないわ。という非難をかわす時に、これは個人の見解ですというただし書きがあると便利。個人が個人にできる範囲、それも趣味の範疇で好き勝手にデータをいじくって平面を立体化してるだけなら、何度仮説をやり直そうとも、やり直さずに都合のいいデータだけを取捨選択するのも勝手。プライベートで遊びだったら。

 

立場上、容易に手に入ったデータをもとに、組織のためというより組織で抜きん出るために都合のいい仮説を立てて個人的に利活用した場合も、結果は個人に帰るんでしょ、きっと。

 

そうじゃないと、そりゃないわの大合唱もかわせない。

TPO

にんじんが嫌いな人にもにんじんを食べてもらうには、どうすればいいのか。

 

細かく刻んでそれとわからないようにするか、それともポタージュスープやムースあるいはキャロットケーキにして、これなら美味しく食べられるでしょ?という別の形にして食べてもらうか。

 

ポタージュスープやムースあるいはキャロットケーキ。まったく別の形になったにんじんなら食べられる人がその後にんじん好きになって、生のにんじんスティックをボリボリ食べるかというと、きっとそんなことはない。

 

そもそも嫌いなんだから、無理なく食べられる形でしかにんじんは食べない確率の方がずっと高い。だから、嫌いと自己主張をし始めるずっと前から、好き嫌いなく食べられるよう食育に励んでおくと、わざわざ食べてもらうために多大な努力を払う必要も極小で済む。

 

アレルギーは別にして。特に好き嫌いなく満遍なくあらゆる食べ物が食べられる状態は、得手不得手は別にして、満遍なくあらゆるジャンルの教科や教養を学ぶことにも似てる。

 

満遍なくあらゆる食べ物を食べ、バランスの摂れた食生活を送っている人は、太り過ぎも痩せ過ぎもなく、おおむね健康である確率もより高くなる。満遍なくあらゆるジャンルを学んだ人は、専門に偏り過ぎることなくバランスのとれた教養人である確率もより高くなる。

 

守備範囲は広いけれど個々の知識は浅くなりがち。そう見られがちだから、ざっくり総合とつくより専門という冠がついている方が、より賢しげ。賢しげだから、専門とつくとありがたいような気持ちにもなるけれど、専門家しか知らないような知名度の低い事柄を、全体を眺めた時に一体どこに置くべきか。

 

判断するには総合的に考える能力が必要で、総合的に考えた結果が著しくバランスを欠くようなら、総合的に考えたはずの人のバランス感覚を疑うもの。総合的に判断したと言いつつも実は偏っていた、偏向してたよね?と疑ってかかるもの。

 

正論は正論のまま差し出すことに、やっぱり意味も意義もある。

 

こなたには生のままのにんじんスティックこそをボリボリ貪りたい気分の人がいて。かなたには、生のにんじんスティック切らしてるんですよーとポタージュやムースあるいはケーキになったにんじんばかりを食べさせたい人が居たとして。

 

加工品しか手に入らないからと生鮮食品を諦めるようになると、何しろ加工品の方が貯蔵には向いてるから、生鮮食品の入庫はますます遠くなる。

 

正論も、正論のままでは耳を傾けてくれる人も少ないからと、手練手管を尽くして面白おかしくしてみると、正論こそを必要としてる人からはますます嫌われ、そもそも正論が嫌いあるいは都合の悪い人にとっては、これ幸いと見えないところに仕舞い込まれる。

 

そもそも食べる習慣のない人に、食べやすく加工したスープにムースにケーキばかりを差し出し続け、たまーに生のにんじんを生のまま食べろと出したら面食らう。面食らった人は、こんなの食べられるわけないと、簡単にポイッとつまみ出す。

 

正論が、いともたやすくポイッと本来居るべき場所から締め出され、正論を正論のまま受け取ることもない人が増え、正論こそ肩身が狭くなった場所で目立つようになるのは異論。

 

異論ばかりが目立つ場所では面白いこと言った奴が一等賞で、面白いこと言って一等賞になった人を正論の場に引き出すと、場違いも甚だしくって赤っ恥かけること請け合い。

 

その逆に、赤っ恥かかせるためだけに、面白いこと言った奴が一等賞で異論が幅をきかせる場所に、正論をよりどころにする人は出るもんじゃない。