クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

今見ても愉快

誰かを愉快にするのは難しくて、だから愉快にした人が多数になると、誰かを愉快にした何かの賞味期限も伸びるのかも。

 

地下鉄の駅で野蛮人に愛を叫んだ女性の告白を、伝言ゲームでその場に居合わせた人たちが地下鉄に乗り込もうとしていた男性(=野蛮人)に届けるシーンがとにかくハッピーで印象的な『クロコダイル・ダンディー』。

 

天才と呼ばれたサーファーガールがビッグウェーブを乗りこなせずに海中に叩きつけられ、再起不能と思われながらも事故から見事に復活を遂げる『ブルークラッシュ』。

 

どちらも今となっては古びたけれど、どちらも見終わったあとはやっぱり愉快爽快で明るく楽しい気分になれるのはきっと、“ニューカマーに対するエール”がたっぷりだから。

 

クロコダイル・ダンディー』の主人公はオーストラリアの奥地から。『ブルークラッシュ』の主人公はハワイと、どちらも自然豊かな土地からNYやプロへの登竜門といったより大きな世界への入り口に立つ。

 

オーストラリアの奥地という“酒場の女主人”ぐらいしか女っ気のない場所から主人公のダンディーをNYへ引っ張りだすのは、NYから来た教養豊かなお嬢様。

 

ロコ以外立ち入り禁止のビーチで、ロコの構ってほしがりサーファーボーイからイヤガラセ(というより、振り向いてほしいがためのちょっかい)を受けながら、小さな世界でサーフィン漬けになっていた主人公のサーファーガールをより大きな世界、プロスポーツへと導くのは、別のエリートプロスポーツ選手。

 

二人ともナビゲーターとともに大きな世界の入り口、というよりはとば口に立つけれど、とば口だから何しろ居心地はよくない。

 

オーストラリアの奥地出身のワイルドガイが、その機知やユーモアあるいは勇敢さでニューヨーカーから喝采を浴びる場面が最上なら、その真逆でワイルドガイゆえに不愉快な目にも遭う。

 

サーファーガールが、高級ホテルに泊まる旅行者では近寄ることもできない美しいビーチで、やっぱり自然からの贈り物であるビッグウェーブを自在に乗りこなす場面が最上なら、ロコゆえに観光客から不愉快な目に遭わされる。

 

最上と最悪。そのどちらも織り込みながら、それでも総体として快を感じるように出来上がっているのなら、そもそもの目線が高い。

 

大きな世界に飛び込んだ時に遭遇する不愉快な出来事の数々を描きながら、それでも大きな世界においでよと誘うのは不愉快な目に遭わすような人ではなく、だから悪習や悪行に“染まっていない“ニューカマーを歓迎する。

 

現在地点から見ると、ところどころが古くてちょっとアレ。であったとしても時の試練に耐えて名作と呼ばれるようになった作品は、出演者や製作者、関係者みなが関わったことを生涯誇りに思うような構造になっているはず。

 

景気がいい時、そのすぐ足元では治安が悪くなる。

 

NYとオーストラリアにハワイと舞台は違ってもその構造は一緒で、関係者みなが関わったことを生涯誇りに思うような名作は、舞台となる土地の関係者が丸ごと関わっていないと生まれて来ず、名作の舞台となった場所は見違えるようにきれいになっているはず。

 

きれいになるのがすぐとは限らないにしても。

 

だから、例えば誇りに思えない役割には最初から“長生きしそうもない人”をキャスティングといった腹黒さや意地の悪さが垣間見えたらその時点でもうダメで、時の試練に耐えるより前に世評が許さない。

 

ある土地から手厚く庇護を受けた者が、土地の祝福を丸ごと背負って現れた時、時の試練に耐え得る名作が生まれてくる。『ノッティングヒルの恋人』や『プリティ・ウーマン』も、そういう構造になってるような気がする。

 

そして、プロスポーツのキャンプ地やエキゾチックな写真や映像といった、現在のスポンサーが落としてくれる金銭的メリットは捨てがたいけれど弊害が大き過ぎるからスポンサーをチェンジしたい。幸い次のスポンサー候補が待機中という時は、遠慮なく旧弊や旧悪が明らかになるのかも。かもかも。

モチモチ

お正月が近くなるとそうだお餅買おうとなる、食事回りの季節行事に乗っかると献立を考えるのが楽になると思う脳。

f:id:waltham70:20220122155601j:image

(これはうぐいす餅)

お雑煮もいいけれど、食事系として他の食材と一緒に楽しみたいときは、餅ピザや焼き餅で。

 

お餅に水分を足してレンジでもフライパンでも熱を加えると、餅生地が出来上がる。水分多め(餅と水が4対1くらい)で作る餅ピザ生地の方が成形しやすく、餅を水にくぐらせる程度で作る焼き餅だと、手際よく成形するには練習がいる。


f:id:waltham70:20220122155423j:image

f:id:waltham70:20220122155425j:image

f:id:waltham70:20220122155420j:image

トマトソースやピザソース、あるいはケチャップにピーマンやサラミ、とろけるチーズでオーソドックスにピザ風で食べるのもいいけれど、明太子ピザやタルタルソースにベーコンといった、異色の組み合わせだと非日常感があって作る方もより楽しい。

f:id:waltham70:20220122155545j:image

(手際よく成形できなかった焼き餅)

つきたてのお餅にいろいろトッピングすると、美味しいにきまってる。

 

とはいえ家庭でつきたては、電動餅つき器でも常備してないと難しいので、一度ピザ生地のようなものに成形すると、次は大根おろしで和風にしてみようとか、高菜(手に入りにくいけど)や花がつおをトッピングしても美味しそうとか。いろいろ考えて遊べる。

f:id:waltham70:20220122163646j:image

(これは遊びの余地がない、焼いて甘塩っぱいタレにつけただけの餅)

お米と一緒で餅米もほんのり甘いから、要するにクレープ生地のようなもの。

 

クレープでよく見る組み合わせなら、だいたい何でも美味しくなりそう。クレープ生地のようなもので、大福の皮が香ばしくなったようなもの。と考えると、お餅そのものと合わせると違和感が強かった食材との組み合わせでも、意外と何とかなりそうで、多分ツナでもいい。

 

お米から作った甘いシロップをメープルシロップがわりに時々使うけれど、メープルシロップが楓の樹液という自然由来のものならお米のシロップもお米という自然由来の甘味料で、そこは一緒。

 

まだ試してみたことはないけれど、お米のシロップをメープルシロップがわりにハムステーキにかけても美味しいんじゃないかと思ってる。少量多品種で乗り切るコツは、アレンジできそうなアイデアがあったら遠慮なく試してみることで、多少失敗したところで何しろ家庭料理のことだから、何とかなる。

f:id:waltham70:20220122155709j:imagef:id:waltham70:20220122155726j:image

これは、小豆粥に七草粥。お粥系は作り置きが難しいので、作り立てが一番。

バックステージ

お正月明けは、華やかだけど軽―く読める『王室外交物語』を読んで過ごした。

 

古代から近代、そして現代まで。王様と呼ばれる人達による、武力のようなハードに頼らないソフトパワーの効用について書かれていた。一見華やかで時には軽くも見えるけれど、実態はもっと重いんだろうという立場によく似た内容だった。

 

特定企業や組織と特定地方が結びついた顔がいくつかあるけれど、企業や組織あるいは都市を代表する“顔”によるトップ外交ができると便利。

 

登場すると、ボトルネックが即座に解消するなら“顔”が効く。顔が効くから、ラスボスを登場させたい局面では重宝される。

 

別にわざわざラスボス登場シーンを作らなくても、“顔”がどこかに出掛けても特段危険な目に遭うことはなく、社交を楽しみ出掛けた先で交遊を深められたのなら、出掛けたその地は敵地じゃない。

 

職業外交官のお仕事は、“顔”の効果を最大限に生かす環境を整える人のこと。

 

王権神授説による絶対王政が始まるより先に、フランスでは既に専門部署があったというあたり、西洋世界は戦争の後始末を担うソフトパワーに早くから自覚的。領土拡大のための戦争というハードと、その後始末の際に必要となるソフトパワーの両方が揃っていると、領土は減っても無くなりはしない。

 

戦争の後始末が上手にできないと、領土も権益も守れない。ウェストファリア条約ウィーン会議。関係者が一堂に会し、実務家によって事後処理が図られるというスタイルは、ラスボス登場ですべてにケリがつくわけがない、近代以降へと続ている。

 

ハプスブルク家にブルボン王朝。そして現在のイギリス王朝へと続くウィンザー朝のメンバーについて、王様なんてぜーんぜん関係ない一市民が知っているのならそれがソフトパワーで、時には知っているなんてもんじゃないくらい詳しいのなら、ソフトパワーのおかげ。

 

ヘレン・ミレンが女王エリザベス二世を演じた映画『クィーン』で印象的だったのは、時のトニーブレア首相に認証式で語りかけるシーン。チャーチルから数えて10番目という台詞には、象徴として君臨する王位は、一統治者の治世よりも長いことを端的に知らしめている。

 

それはイギリスに限らず、日本も含めて立憲君主制をとり王族(あるいは皇族)を擁するどの国にもいえること。

 

『王室外交物語』では、2017年にドイツを訪問したウィリアム王子一家(お子様連れ)の写真とともに、イギリスがEU離脱を決めたブレグジットを円滑に進めるために王室の力を借りたとの説明があったけれど。

 

子供連れの有閑階級というとびっきりのソフトパワーが、御用繫多な相手のもとを訪れた時、忙しい相手がどう応対するのかはわりといい試金石になり、共存をめざすから外交がある。

 

自国や自国企業よりも、他国や他国企業が勝っている時。“自己の利益の最大化のために、他国や他国企業では嘘をつかず、正直に自国の窮状を訴えて自国の面目を潰す不誠実な人間”は、金銭で動き価格交渉の余地もある国を渡り歩く傭兵向き思考のアピールで、17世紀イングランドの対外常駐大使像を引っ繰り返すと、そういう描写になる。

 

領土や権益が頻繁に移動し、短期利益を最終目標にはしないが短期利益を追わないと生き残れない激動の時代。

 

大戦中のイギリス二重外交の例として有名なフサイン・マクマホン協定にサイクス=ピコ協定でバルフォア宣言といった外交のマイナス面には極力触れず、王室によるトップ外交のプラス面を強調する内容になっているのはきっと、重い家名が抑止力になるから。

 

長く続いた一族の数は増える。増えたメンバーを食わせるために生業がある。そういう家名は重く、名が重いと朝令暮改で不誠実な態度は取れないか取りづらいから、世界への悪影響もより少なくなる。

 

二重外交という負の痛みの後始末は、痛みを負わされた側と等しく家名が重い者でないと改善せず、“顔”が“顔”として機能する時は財と権力が特定の“顔”に集中している。だから、集中させまいと“顔”を担ぐ神輿からの掣肘も大きくなる。

 

政治的な発言も過激な言動もタブーだったら話題は社交に偏りがちで、社交に長けていると表沙汰にはできない・ならないこともよーくご存じで、だから長命にもなる。

 

王室に限らずトップ外交を志向する組織ならある程度共通で、“顔”を迎える側の気持ちとしては、えっ嘘、来るの!?(←公式には“おでましになる”)、だったら去年手抜きした分しっかりお掃除しなきゃ!キャー!!!タイヘーン!!!となって、紳士淑女のおでましには時間が掛かるようになっているんだと思った。

スッキリさっぱり

年末年始にかけて、食べ物でいっぱいだった冷蔵庫内も小正月前にはスッキリさっぱりして見通しがよくなった。

 

三が日まではおせちという名の作り置きやストックで楽しようと多めに仕込んだあれやこれやのおかげで、七草どころか小正月まで楽が続き、12月に散財した甲斐があったと満足してる。

 

おまけに、満足したけれど適正量を心掛けたせいで膨満感からは遠く、ドカッと降る雪のせいでただ歩くだけでも平時より消費カロリーが増しているような気がして、体も軽い。

f:id:waltham70:20220114174639j:imagef:id:waltham70:20220114174646j:image

今年もいろいろ作ったけれど、紅白なますときずし(のマリネ)だったらいくらでも食が進むと思うあたり、山海の珍味を味わうよりも包丁休めで日持ちする酸っぱいものが重宝した。

f:id:waltham70:20220114174708j:image

冬期には新鮮な野菜が手に入りにくくなるヨーロッパの北の方では、冬が来る前に各種の野菜で大量のピクルスやその類を作ってストックしたという。今は昔の伝統はやっぱり気候風土に合っていて、厳寒でも凍りにくく保存しやすいという点でも重宝されたんだろうと勝手に推測する。

f:id:waltham70:20220114174716j:image

ホリデーシーズンと厳冬期で、流通が天候に左右されやすい時期に新鮮野菜が途切れずいつでもどっさり手に入るなんて、ひと昔前だったら夢のようで、夢のようなできごとが現実に続くのなら豊かになったってこと。

 

食品スーパーの品揃えは地域差が大きく、日本の場合は特に生鮮食品へのこだわりが強いのが特徴なんだとこの前読んだ本にも書いてあった。

 

ロスが大きく利幅が薄いと利益は出し難い。利益が出し難いという参入障壁を越えていこうとするから革命になって、生活に近い場所の景色が変わっていく。

 

おせちに飽きた頃に食べる“栗きんとん“トーストが密かな楽しみで、今年はスコーンに合わせてみたけれど要するにさつまいもジャム。

 

栗きんとんをきれいに発色させるためには梔子の味を使うけれど、トマトやじゃがいものように品種改良が進んだ近頃のさつまいもだと、梔子の実なしでもすでにそれなりにきれいな色味が出せそう。梔子の実を探すよりも、そのうちきれいに発色しやすいさつまいもを探す方が楽になりそうで、そういう変化も豊かになって変わる食生活の一環かもしれない。

風穴の開けかた

ありとあらゆるモノを、今すぐ俺・私のもとにもってこいという欲求がなくならないかぎり、ラストワンマイルの問題は解決しない。

 

だけどお買い得品を誰よりも早くという、経済的時間的効率性を最短で提供するツールがその性能を最大限に発揮したとき、“そんなの、そういう顧客のそばに置いときゃいいじゃん”で、ラストワンマイルの問題はわりとあっさり解決する。

 

“そういう顧客のそばに置いときゃいいじゃん”という解が誰にでもわかってはいても、誰にでも実装できないのは、資金の壁や商慣習や商慣行の壁が立ちはだかるからで、壁を越えていけるのは、壁よりも大きな巨人だけ。

 

例えば明文化されていない慣例で、新年の仕事始めには晴れ着を着ましょうという場にジーンズとTシャツという格好で現れても面と向かって文句が出ない。不文律が生きている場でジーンズとTシャツで現れたその人は、実務家として貢献しているから文句は出ないし言わせないんだと見做せる。

 

商業、というより小売り業界における覇権の移り変わりを追った『コマースの興亡史』という本を読んだ。

 

人名や小売り業を制した巨人である企業名も出てくるけれど、偉人伝じゃない。

 

商業覇権の担い手や改革主体はその時々で変わる。その変化が何によって引き起こされ、変化によって変わった仕組みやルールについて掘り下げている。

 

レパントの海戦アルマダの海戦といった世界史上の出来事が、制海権の移り変わりを象徴し、大航海時代の先には産業革命があって大衆消費社会の幕開けが待っているように、流通革命やeコマースといった出来事が、商業覇権の移り変わりを象徴するビッグワード。

 

便利なワンワードでぼんやりとイメージされる覇権の中身や、覇権獲得に至る道のりみたいな背景も詳述されているので、オフラインからeコマースに新規参入する際の教科書にもなりそうだった。

 

eコマースそのものには興味が薄くても、画期的な出来事が起こる背景や、画期的な出来事が社会や業界に与えた影響について書かれたものが好きな人なら、大体楽しめるはず。しかも現在進行形だから、遠い過去ではなく未来に繋がっている。

 

商業という営みがオフラインからオンラインに拡大し、商物一致という従来の原則が崩れても普遍的なものは普遍的なまま。豊かさを志向するベクトルは変わらない。

 

ラストワンマイルの問題は、“そんなの、そういう顧客のそばに置いときゃいーじゃん”で大体は解決する。だから、置き場所と置き場所を押さえるための資金さえあれば解決する問題で、昔っから倉庫業は富豪がやるものと決まっている。

 

豊かさをめざした時、従来の慣習や慣例は壁にもなるけれど、伝統が味方になると慣習や慣例は壁にはならず、むしろサポーターとなって戦力が増す。課題がすでにある。課題に対する解もわかっている。足りないのは、解を実装する豊かさだけ。という時、覇権はまた移り変わるんだろう。

 

本を手に取った時、その分厚さに一瞬怯んだけれど、フォントは意外と大きく読みやすいサイズだったので、目に負担をかけないフォントサイズを目指すと分厚くなるんだと思った。

 

書き込まれた量の多寡は、ページ数ではなくデータ量で比較すると比較も容易で、諸々が一目瞭然。

 

新年の仕事始めを晴れ着で迎える慣習をよしとする側が、ジーンズとTシャツ派の攻略法や折合いの付け方を学んだあとに出てくるのは、ビキニや水着といった限りなくすっぽんぽんに近い恰好でニッコリ笑顔の人たちで、常識に挑戦するということはそういうことなんだと思った。

テロワール

新年だけあって、力こぶの入った力作雪だるま。

f:id:waltham70:20220103153459j:image

ひと月前は、雪が降らなさ過ぎだったなんて信じられないくらい、元日からあるいは大晦日から雪が降って積もった。

 

事前に作り置きもしたけれど、おせちを本格的に作り始めたのは30日から。正月、2日・3日と食べ続け、作った料理を盛り付けては片付けてを繰り返す。

f:id:waltham70:20220103153819j:image

作って(あるいは盛り付けて)は片付けてのバランスが崩れると、作るばっかりあるいは片付けるばっかりになって船頭多くして船山に登る状態になって、作っては片付けるのサイクルも乱れるのかも。

 

一見すると難しそうな料理でも、フードプロセッサー(あるいはブレンダー)に圧力鍋があるとわりと簡単に出来るようになって、ついでに食洗機があると片付けもラクになってツールの進化は偉大だと実感する。

 

その一方で伝統的な食材、例えば昆布巻きに使う干瓢は結んで紐や糸代わりに使える便利なもので、いっちゃん初めに夕顔から干瓢を作り出した人は、いかなる動機や理由でそうしようと思ったのか。ただ不思議。

 

そんなものまで利用するんだは、そう言われるものを利用してでもにつながって、伝統由来の民族や文化に固有の知恵や知識を伝えて残す場でもあるから、昆布巻きがおせちの定番に入るんだと思った。

 

あるストーリーの型を好ましく思うのなら、そのストーリーの型に大いなるシンパシーを感じている。

 

テロワール地産地消。そのワードの意味するところを完全に理解しているかどうかは怪しいけれど、その地で採れる、その地由来のものをその地で食す。というくらいの意味だろうとざっくり理解している。

 

だからというわけでもないけれど、料理に使う料理酒は北海道産の酒造好適米でできたものを使うようになって、しばらく経つ。日々のお料理に使うものだから、値段はお手頃かつ入手しやすいもの。今知ってる酒造好適米の種類は三種類で、吟風・彗星・きたしずく。

 

吟風でできたものは比較的入手しやすくゆめぴりかのようなもので、彗星やきたしずくはゆめぴりかほど知名度や作付け面積も大きくないから、吟風よりもレアなんだろうと、勝手に思ってる。

 

食材で遊ぶハードルは高く、産地に行っても採れたて出来たてに出逢わなくなったら、そこはもう産地じゃない。どこが産地とは言えないほどブレンドが進んだとき表示は変わり、例えば北海道産から国産に変わるように主産地もわからなくなり、テロワール地産地消が意味する”その地”の範囲が拡がる。

 

テロワール地産地消でイメージする、テロワール地産地消というワードに仮託して好ましく思う”その地”は狭い土地でリージョナル。

 

ざっくり日本という、例えばアジアのような大きなくくりで見たときの、ちょっと小さなセグメントじゃないことは確か。

あの夏、いちばん変だった夏

デパートの屋上には観覧車。

 

その景色に郷愁を感じるのは、何歳あるいは何年生まれまでか。デパートへのお出掛けはレジャーのひとつで、お買い物を楽しむエンターテイメント空間でレジャー施設だったから、”小さなお客さま”向けのミニ遊園地まで揃ってた。

 

本物に比べればちっぽけ。とはいえ人口ボーナスの時代に本物にたどり着こうとすると、脱出までひと苦労で渋滞とワンセット。遊具で遊ぼうとしても行列につぐ行列で、渋滞と行列に耐える苦労を思えば外出しやすい街中のアミューズメント施設はお手軽で、十分だった。

 

楽しいことが待っていると分かっていても、そこへ至る道のりは楽しいばかりではなくどっちかっていうと苦行。大いなる苦労を帳消しにするほど素晴らしいかというと、そうでもない程度だと、お手軽な方が好まれて身近。

 

身近だったものが身近ではなくなると、お手軽でもなくなっていつでもそこにあるものからたまにしか遭遇しないものになって、郷愁を感じるようになるのかも。

 

デパートの屋上にあったものがビルの屋上に移ったのなら、そこにデパートの名残りを勝手に見る。郊外にあるはずの大観覧車が、郊外でもない場所で観覧車として回り続けるのなら、そこは作らせた人にとっては今も郊外なのかも。

 

正々堂々と。手枷も足枷もなくフリーハンドで闘う姿こそが喜ばれて尊ばれる。そういう場が、フリーハンドとはとても言えない雰囲気でがんじがらめに規制されていたのなら、場を用意した側がそうあれと望んだからそうなっていた。

 

感動的と言ったとき、想像しやすいのは良い意味で感極まって嬉しい・楽しい、あるいはスゴいといったポジティブな感情を露わにした姿。

 

だけど感情が波立って動いたならそれも感動的で、ナニコレ?や嫌悪、悔しいあるいは悲しいとネガティブな感情を露わにした姿も感動に含めると、ポジティブとネガティブ。双方の感情が噴出して大いに感情が動いて波立った感動的な出来事は、あの夏いちばん変だった夏に確かに起こったこと。

 

ポジティブとネガティブが噴出した大いに感情が動いて感動的だった出来事から、経年変化を経ると何がどのように抜けてズレていくのか。定点観測好きにはもってこいで、追いかけ甲斐のあるテーマだから、追い掛けやすいポジションへの移動もきっと激しいだろうと思う年の瀬。

 

追い掛けたくない方は、とっくに背を向けている。