クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

味覚は保守的

チャーシューの代わりに天ぷらがトッピングされたラーメンを食べたことがある。麺も具材も全体的にあっさりした味付けで、こってりだと持て余すから個人的にはちょうどよくて美味しかった。

 

ただし、ちょうどいいと思ったのは個人の好みで、“チャーシューのないラーメンなんて”という声の方が一般的で多数。

 

だからラーメンという食べ物にチャーシューはつきもので一般的で、スープが塩でも味噌でも醤油でも、なんならトマトやカレーであってもチャーシューさえトッピングされていたら、その食べ物はラーメンと認識されるんだろう。

 

チャーシューの代わりに天ぷらがダメなら、多分唐揚げやカツにハンバーグでもダメで、タンパク質ならいいでしょ?とはならないあたり、食べ物は保守的。一般的にはこうでしょ?という、固定されたイメージをすでに獲得している場合は特に。

 

麺の上に天ぷらや唐揚げやカツ、あるいはハンバーグを載せて食べたかったら別の食べ物でやって頂戴ということで、本家や本場ではきっとNGを食らうに違いない、パスタの上に唐揚げやカツにハンバーグを載せた食べ物は、パスタの食べ方として定着してる。

 

本家や本場ではNGを食らうに違いないから、試すなら別の場所。

 

味覚が保守的だと知ってる側が新しい何かを試す場所は、いつも本家や本場とは別の場所で、別の場所で試して成功した新奇あるいは珍奇なトッピングは、下敷きにしているご飯や麺の需要が細っても、トッピングはトッピングとして生き残っていく。

 

蕎麦もうどんも和のもの。和の世界とは別の新天地が見つからないと、蕎麦食やうどん食が細るとともに、蕎麦やうどんにつきもののトッピングは、トッピングとしての出番も少なくなっていく。

 

ご飯食、お米を主食とする経済圏は膨張しても、そのなかで“和のトッピング”がどれ程の存在感を保てるかといえば、心許ない。カレーやパスタにピザに唐揚げはトッピングとしてすでに進出しているけれど、天ぷらトッピングが見当たらないのはやっぱり“伝統”で、味覚は保守なんだ。

 

揚げ物でタンパク質でしょ?という点では同じなんだけど。

 

大雑把に分類したら同じものでも同じように扱わないのは保守で、大雑把に分類したら同じものを同じように扱うのは、保守とは反対側にいる革新系。なんだと思うといろいろ納得する。

 

テレビ局のコンテンツとして食べ物系は鉄板で、鉄板なのは保守、与えられた時間枠を埋めるのに都合がよくて、新奇性よりも持続性、続けられるかどうかの方が重要だからなんだと、これも勝手に思ってる。

 

守る人がいるから攻められる。

 

腹が減っては戦はできぬはやっぱり至言で、攻めようと思った時にはお腹いっぱい満ち足りている方が強いに決まってる。気合ではお腹は膨れないから。

 

オールドメディアでイメージするのは、テレビに雑誌や書籍の紙媒体。新しいメディアでイメージするのはテレビでも雑誌や書籍でもない方で、新しいメディアであっても食べ物系コンテンツが充実していたら、守る体制が整っているから攻める方にも積極的なんだと解釈することもできる。

 

メディアのカタチがその国のカタチ。というフレーズを、いつかどこかで目にしたことがあるけれど。食べ物系の情報が溢れている国のメディアは、食べ物に関係するものを大事にしているか、食べ物で成り立っていると思えなくもない。

 

腹が減っても戦はできなかったから敗けたという過去の教訓を反面教師にしていたら、食べることを大事にする。腹が減っては戦はできぬという経験も実感もなければ、食べることはぞんざいに扱う。

 

食べることは二の次三の次で革新に突き進んだ国のメディアが、国としての再末期にいったい何を情報として流していたのか。ふんだんに食べ物情報を流していたとは、どう考えても思えない。

 

現実には手に入らない食べ物なのに、メディアにはふんだんに食べ物があふれているなら、そのメディアはもはや現実とは地続きでもなく、すでに別の国のものなのかも。

 

末期を迎えた国のメディアが、いったい何を情報として流していたのか。末期を迎えた国が増えるほどにデータは積み上がって、予兆が簡単になれば、予兆を逆手に取って虚報を流すことも簡単になる。

 

消えたものに注目する手法は、わりと応用範囲が広いと思ってる。

大人向けお子さまランチ

去年だったか。「大人のためのお子様ランチセット」を自分のために作ったことがある。

 

大人のためのお子様ランチセットは、何から出来上がっているかのリサーチからまず始め、炭水化物と炭水化物に揚げ物と甘いものから出来上がってると自分勝手に定義した。だから、チキンライスにナポリタンにエビフライにサラダにプリンと、確かそんな感じで作った。

 

作ってみてわかったのは、絶妙にアルコールが合わないってことで、どう考えてもお茶や何だったらジュースの方がぴったりくる。

 

だから、“アルコールが合わない”度が上がるとノンアルコールに合うに近付いていき、ノンアルコールに近付くから見た目も雰囲気も子供っぽく、お子様向けになっていく。

 

レシピ本を眺めていても、アルコールとの相性がよくなると、だいたい見た目も雰囲気も大人っぽくプロっぽくなっていく。

 

なかには、アルコールが入ると味なんてどうでもよくなるというタイプもいるっちゃいるんだけどさ。

 

ちゃんとしたプロが、相応のトレーニング時には厳しい修行を経て習得したはずのもの。なのに、アルコールとの相性が悪いばかりか、見た目も雰囲気も子供っぽいままだと、相応の努力は大して払わず、厳しい修行から脱落してアルコールにでも逃げていた時期が、修行期間に含まれてでもいたのかな?と思う。

 

洋風の大人向けお子様ランチは、イメージとしてはケチャップ色。

 

では和風の大人向けお子様ランチセットってどうなるのさ???と考えると、和風パスタに和風ピラフ、揚げ物は天ぷらあたり。デザートは羊羹よりももっと子供っぽくアルコールに合わせるのがより難しくなる、お団子やどら焼きのようなものに落ち着いて、イメージとしてはしょうゆ色。

 

〆の和風デザートにはアルコールは似合わないけれど、味付けのベースがしょうゆあるいは味噌味だと、基本的にはアルコールとの相性がいい。そういや日本の基本調味料はだいたいアルコールとの相性がよく、あんまり子供っぽくアルコールが似合わないような、和風の大人向けお子様ランチを考えるのがすでに難しい。

 

そう考えると、アルコールが絶妙に似合わないケチャップ味は、アルコールを遠ざけながらも日常食には合うという点で、画期的だったのかも。かもかも。

頑丈で丈夫な下駄

補助金が打ち切られたら終わりと、関税障壁が高くなったらおしまいは相似形。

 

どちらにしても、マーケットに参入するために履かせてもらっていた下駄、外されたらマーケットには入れないという意味で一緒だから。

 

食べ物でいえば、素材が集まるのが市場でマーケットでスーパーのような場だったら、生産者はそこに素材を持ち込む人で、素材を使って(場合によっては提供されて)調理するのが料理人で、調理する場も特に家庭とは限定されていない。というケースを想定してみる。

 

素材を持ち込む生産者が、プロの料理人に調理してもらうことしか期待せずに、誰にでも開かれたマーケットにプロ仕様の素材を持ち込んでも別にいいんだけど。あるいは、それまで顧客とは思われていなかった顧客を創造するために、誰にでも開かれたマーケットにそれまで扱われていなかった素材を持ち込んでも別にいいんだけど。

 

その手の素材は、家庭で調理する素材を求めて誰にでも開かれたマーケットにやってくる、プロではない人の手には余るから、イメージや雰囲気とのセット売りでもないと、持て余す。

 

一見するとたくさんの素材が集まっている、ものが豊富なマーケットのように見えてもその実態は、プロではない人が調理するには持て余すような素材ばかりが並んでいる。という状態になると、素材を生かすこともできずに調理する人もいなくなる。

 

素材は次々と運ばれてくる。マーケットには次々と素材が並ぶ。

 

でも、調理する人だけはいつまでたっても現れないのなら、並べる場所はマーケットじゃなくてもよくなり、調理する人がいなくなるような素材しか並ばないようなマーケットは、もうマーケットじゃない。

 

行き場を失った素材と、手に入らなくなった素材を必要とする人がまた新たなマーケットを立ち上げる。というサイクルで、きっと世の中は回っているに違いないと勝手に思ってる。

 

壊すというワードは語感が悪い。だけどスクラップアンドビルドのような行為は、そのまま放置を許さずマーケットがマーケットであり続けるためには必要な手段で措置だと思うと、ネガティブさも消える。

 

多種多様な素材が集まってくる場を別の角度から眺めると、エゴの塊となりがちで、何らかのエゴが勝るとマーケットがマーケットでなくなるから、壊し時でメンテナンス時。

 

生産者も素材もマーケットも料理人も。その時々で姿かたち、ナリは変わってもやってることは結局ずっーと一緒。ただ表層に現れる形が異なってるだけで、表層に現れる形はその時々でもっとも好まれやすい形を選んでるだけ。

 

という達観にも似たものが生まれてくるのも定点観測の醍醐味で、定点観測する側が許容しているのなら、結局は許されている。

 

途中参加や新規参入が難しいものに途中から参加すると理不尽が募るから、理不尽が募って許せないから壊すという行動に出ても、壊す必要がないものは壊れず、メンテナンスされるだけ。

 

本来入れないはずのマーケットに出入りするための下駄もジョーブで頑丈で、ジョーブで頑丈だから、その時々で下駄の姿を変えながらわかる人にはわかる形で存続してるのかも。かもかも。

自分で作るしかないのが中級品

海外のライフスタイルショップのサイトを、時々眺めにいく。

 

キッチンやリビングなどなど。インテリア商品が豊富で、目の保養になるから。調理家電や製菓用のツールも豊富で、お手本のように上手にできるようになるかどうかは別として、とにかくツールが豊富。ツールが揃っていると、作ってみようという気持ちも生まれやすい。

 

同時に大都市は別として、大都市でもない都市や都市でもない街では、高級品でも廉価な普及品でもない中級品は、買うことができないからもはや自作するしかないんだろうとも思う。

 

高級品や廉価な普及品といったピンとキリが豊富に揃っていると、どちらでもない中級品は、なにしろ最終的には自作という手段が残されているだけに、高級品や廉価な普及品でもない層が薄くなるとともにシュリンクしていく。

 

高級品でもないけど、廉価な普及品でもない。という自負がある真ん中の層は、だいたい中より上と思いたいものだから、ど真ん中が一斉に真ん中より上と思い始めて真ん中より上と同じように振る舞い始めると、世の中から一気に中級品が消える。

 

コストと質を考えた時、高級品を選んでも廉価な普及品を選んでも割に合わずに納得感が薄いと自作に走り、自作する余裕がないと、割に合わないとわかっていても不合理な方を選ぶようになる。

 

不合理が積み重なると、何しろ不合理で理屈に合わない方を選んだわけだから、最終的には破綻する。破綻までいかなくても、何かしらは綻びる。

 

真ん中より上と同じように振る舞ううちに、本当に真ん中より上と同じ高級品になれたら不合理にはならないんだけど。真ん中より上と同じように振る舞ううちにストックを食い潰し、最終的には真ん中からも滑り落ちたらもう中級品でもない。

 

自作するツールや、素材。ついでに時間といった、自作できる環境さえ奪われた時、潔く廉価な普及品を選べたらまだいいんだけど。

 

簡単に手に入るのは、現実のライフスタイルとはかけ離れた高級品だけ。という環境になっていると、ただひたすら何かが歪んであらゆるものがアンバランスになっていく。

 

見栄張り消費で動く経済と、見栄を張らない消費で動く経済。

 

太りたくないという心理や好きだから、本当は心の底から鰺の干物みたいなものが食べたくて食べ続けるのが見栄張らない経済。だけどいったん見栄張り経済圏に取り込まれると、見栄張らない経済を貫くのは難しくなる。

 

ストックを食い潰すばかりで結局は高級品になれないのは待てないからで、待てないのは急かされるから。急げと煽る人もいなくなると、見栄のようなものにも振り回されず、他者や第三者の介入も極小になって、見栄張り経済と見栄張らない経済の主体が、いつの間にか入れ替わるようなことにもならずに済む。

 

見栄張り経済を選んだら、掴まされたのは「虚」でした。という事態になっても平静な見栄張らない経済好きは、そんなに多くないと思う。

ワンクッション

使いたい。欲しい。

 

そう思った時に、呼べばすぐやって来るというのはとにかく便利で、便利だから広まりやすくて定着しやすい。

 

ところが使いたい・欲しいの前にワンクッション、例えば経済性や安全性、場合によってはもっと高尚な何かを考え始めると、使いたい・欲しいという欲求もしぼんで小さくなっていく。

 

使いたい・欲しいという欲求が、じゃあ使おう手に入れように直結するのはなーんにも考えなくてもいい時期限定。なーんにも考えなくてもいい。真っ白でまっさらで便利なものが、使いたい・欲しいで手に入る時は、拡張期で拡散期。

 

拡張期で拡散期には、なーんにも考えず、ただ真っ直ぐに使いたい・欲しいものに一直線だと、使いたい・欲しいものがザックザク手に入る。

 

真っ白でもまっさらでもなく、便利や欲しいの前に何かを考え始める時は、一歩引いて踏みとどまって様子見する時。

 

という行動様式を身に着けて愚直に繰り返していると、欲しいものや使いたいものにだけ囲まれる状態に近付けるのかも。

 

ちょっと前に、欲しかったし使いたかった。

 

という何かがお買い得だった時。一時はおさまっていた欲しかったし使いたかった欲求も目覚めるけれど、そういえばどうして欲しい使いたい気持ちがおさまったんだっけ???という、何らかのこだわりも同時に目覚め、やっぱり真っ白でもまっさらでもなかったと我に返る。

 

欲しいものや、使いたいものだけ。そういう状態を保ちたかったらやっぱり、真っ白やまっさらなものが呼べばやってくる、すぐ手に入る時限定にとどめておくと、悔いも少なく残さないのかも。

理屈にあわない

キレイではないものが長らく目立つ場所にあったのなら、キレイにするつもりなんてなかったってこと。

 

揉めるに決まってる仕組みで毎回揉めるなら、揉め事を起こすつもりだからそのまんま。

 

合理より非合理で、理屈に合わない合わせないから、そうなっている。

 

そんなところは、非合理より合理ですべてのものに理屈で説明がつくと思っていると、居心地が悪くなるばかり。

 

札幌に来たばかりの頃は、大雪が降っても都市機能は休みなく動き、190万住み都市と豪雪がうまく繋がらなかった。雪が降らない都会や都市では、積雪5センチや10センチで都市機能は麻痺しがちで、都市が都市でなくなる。今から思えば、大雪でも都市機能が休みなく動いていたのは都市機能が点だったからで、大都市のように面となったらやっぱり麻痺するのかも。

 

天災でも人災でも。イベントごとに都市機能が麻痺しても許されるのは田舎だから。あるいは大都市ではないから。

 

見た目は立派な都会や都市でも、中身は田舎のまんま。田舎のまんまで合理より非合理が幅を効かせて勝っていたら、立派だった見た目も中身相応に変化していくのかも。

 

揉めるに決まってる仕組みで、毎回揉めごとをイベントのように楽しめるのならその種の適性があるってことで、適性のある人しか残れないようになると純度ばかりが濃くなって、揉めごとウェルカムで、ノー揉めごとノーライフなお祭り人間ができ上がる。

 

大きなイベントになるほど大きなお金が動く。そういうルートを示すだけで、勝手にその種の人はそこに集うようになる。

 

キレイでないものがそのまま残り、揉めごとを起こす仕組みがそのまま残り続けるのは、大きなお金のなかにはその種のものも含まれているから。

 

キレイなものしか残らない。揉め事を起こす仕組みも残さないのなら、大きなお金は動かず予算にも余裕がないことを示してる。

 

邪悪にならずに済むのは金銭的余裕があるからで、金銭的余裕が失われるとキレイなものしか残らないようになる。金銭的余裕がすでに失われた場所で、邪悪になるなと啓蒙するのは非合理な行為で、非合理な行為だから合理を選ぶ人は、そこにはもういない。

 

非合理なものがすべからく悪いわけではないから、いいも悪いもなくただ好きか嫌いか合うか合わないかで分かれていく。ただそれだけ。

シンプルに考える

カジュアルな質問にはたいていカジュアル、つまりお気楽な答えが返ってくる。

 

日本の文化や伝統、あるいは習慣といったものに疎い相手から“お盆って何?”と、例えばカレンダーでも見ながら聞かれた時。1分で返答しようと思ったら、「亡き人、特に先祖を偲ぶ期間」だと個人的には答える。

 

お供えをしたり、お墓参りに行ったり。その種の行為はお亡くなりになった個人を偲ぶために行うセレモニーで、みんなで一斉に同じセレモニーを同じ時期に行うと、そこに市場が生まれてセレモニー関係のグッズも充実して形式的になる。

 

みんなで一斉に同じセレモニーを同じ時期に行うのは、みんなが同じタイムスケジュールで動いていた名残。プラス、新暦で考えたら真夏の暑っい盛りに真面目に働いてられるかという、季節要因も絡んでお盆休みが定着したんじゃないかと、これも個人的な憶測。

 

みんなが同じタイムスケジュールで動いていたら、行事が集中する時期は稼ぎ時。特に、みんなと同じタイムスケジュールで動けない側にとっては。

 

各々のタイムスケジュールが分散して、繁忙期は外すという行動様式を取る個人が増えると、セレモニーとして過剰だった部分が剥がれ落ちて、本来の目的により近くなっていく。

 

本来の目的はすでに薄れているのに、セレモニーに関連した市場だけが過剰に盛り上がっていると、セレモニーではなく本来の目的を大事にする側は離れていく。あるいは冷めていく。

 

今年はお化けもカボチャも控えめなデコレーションで、本来の目的>過剰なセレモニー状態に近付くと、セレモニーに関連したどの市場がもっとも小さくなりやすいのかもよくわかる。

 

いざという時にはもっとも小さくなる。

 

つまりもっとも不安定な立ち位置なら、その立場を担うのは、足場がしっかりして安定していて、ここがダメなら別の場所という相手に限る。いざという時にはもっとも小さくなるから、消えてなくなってしまえばいいものから順番に担わせましょだと、イヤーな感じが先立って、イヤな―感じが先立つものからは、やっぱり速やかに人は離れていく。

 

伝統を過剰に大事にする側から時に垣間見えるイヤーな感じは多分この、不安定な立ち位置を敢えて不安定なものに担わせる残酷さ由来なんだと、これも個人的には勝手に思ってる。

 

残酷で、余計なものをバッサリ削ぎ落しているから時にものすごーくキレイなものも生まれてくるけれど。そもそも残酷さ由来だから、どう考えてもまぁ楽しくはないというものも生まれてくるもんさ。