クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

古い神様

歴史は勝者が紡ぐものだから、古い神様は時に異形の化け物に形を変えて記録される。例えば鬼。その土地とは遠い異郷からきた異人を鬼と呼んだという説もあるけれど、古い神様、政権交代後のかつての権力者を異形の者に貶めてそう呼んだというのも、ありそうな話。

f:id:waltham70:20181117005401j:plain

洋の東西を問わず、勝者によって不当に書き換えられた存在というのはあるものだけど、そのつど“正統“がゆらいでいたら、”系“の正しさなんて担保できない。

 

明治維新に第二次大戦。日本でも大きく常識が変わる出来事があったけれど、そのつど“正統”が変わり、古い正統派により馴染んでいたのに馴染んだ“系“が変わってしまい、困惑と憤りを持って新しい正統派に馴染んだのか背を向けたのか。立ち位置を変えた人は当時もそれなりにいそうで、何があるいはどれが正統派か不透明な時は、馴染んだ場所から眺めるのがいちばん。

 

それなりに本を読むのは好きだけど、紙から電子書籍へと出版の世界も変わり目にあるなかで、系の正統性が揺らいでいる気配を濃厚に感じる今は、読み出したものの放り出したくなるものも多くて困る。

 

古い神様、それまでの神様をコケに、あるいは不当に貶めるのが最たる目的かな?と思われる気配を、例えば固有名詞などに感じると損したという気分にしかならないのでよくない。

 

偶然が何度も続いたらそれは必然で、偶然なんかじゃない。

 

西ゴート族ローマ帝国に侵入した頃の西ヨーロッパには、ゴート族ほど有名ではない民族もそれなりに居て、日本で言えば豪族みたいなもの。戦国時代の豪族がみな大名になれたかというとそうでもないように、知る人しか知らない民族もあって、征服者となった民族の名前が特に有名となって後世まで伝わっただけとも言える。

 

有限は無限を包摂できないから、それまでの秩序を乱したかったら数を増やすにかぎる。数が増え過ぎると、何が何やらもうわけがわからなくなって、ピンもキリもなくなってしまうから。

 

秩序や序列も永遠ではないけれど、早急に、何かに急かされるように今ある秩序を壊すために故意に水増しを計る人は、きっと腹に一物系。あるいは尻に火が付き系で、お財布の中身と要相談中なのかもね。かもかも。あるいは、手っ取り早く権威を手に入れたい系とか。手っ取り早く権威を手に入れたい系の人が、権威の側に居る可能性はだいたいゼロパーセント。

 

子供の守り神が、時に異形の形となって子供目線では恐ろしい姿で子供の前に現れるのは、子供の遊び方が変わったから。変わってしまった子供の遊び方についてこれない古い神様は、古い姿かたちのまま、子供にとって恐ろしい姿で現れるから子供は嫌がって泣き叫ぶ。

 

その点お地蔵さまは、柔和な見た目で非攻撃的。柔和な見た目通り、有徳の人が有徳のままでいられるケースは少ない。実は危険ではありませんというまどろっこしい説明抜きでわかりやすくもあるから、有徳な人が有徳のまま年齢を重ねると、何かと重宝されるわな。

 

何があるいはどれが正統派か不透明な時は、実は古いものほど最先端なのかも。余裕のあるところにしか、余裕のあることはできないものだから。

 

どんな言葉を話すかよりも、話し方の方がよりその人らしさが伝わるもの。掌中の珠のように大事に育てられた人の話す言葉は、何語であっても可愛らしく、毒気も薄い。毒気を抜くには、話し方を鍛え直して好感度を上げるに限る。上げる気があるなら、の話ではあるけれど。

 

まだイチョウの葉っぱもわっさわさで、雪の気配もなし。例年より薄着でも大丈夫で、暖房が活躍するのももうちょっと先。

 

お休みなさーい。

アルマ

楽家、建築家、そして作家に画家と、時代を代表する才人に愛され、インスピレーションを掻き立てる存在だった女性の名前がアルマ。という豆知識は、教養よりもゴシップにより近い。

 

インスピレーションを掻き立てる存在である限りは愛され、傍らに置かれるけれど、用なしになったらお払い箱。という扱いを独身主義者から受けた時、おとなしくミューズの役割から降りずにより確かな地位を求め、その地位をミューズから妻に格上げして不動のものとした時、独身主義な才人の世界もより生活に近付き静寂からは遠くなった。

 

という男女を生活感なく描いた映画を見た。ヒロインの名前がアルマで、ついマーラーの妻だった人を思い出した。

 

インスピレーションを掻き立てる存在である限りは大切にされるけれど、その言動が逆に神経を逆撫でするようになったら目障りだから放り出す。という独身主義者のわがままが許されてきたのも、生み出す作品があってこそ。

 

オートクチュールのデザイナーという、古風な職業と職場を舞台にしているだけあって、映画全体の雰囲気もクラシカル。時の流れが止まったような作品だから、現代のジェンダー意識とも無縁に見れた。舞台を現代にしたら成り立たないお話は、時代設定を過去にするに限る。その方が、常識が違う時代のお話だと納得しやすいから。

 

ワーカーホリックで、自分にとって必要なものとそうでないものを知り尽くしていたら、余計なものはすべてノイズで雑音。美意識が発達した独身主義者なデザイナーのお仕事は、クライアントである個人の個性を引き出しより美しく見せること。内から輝く個性を見極めるにはノイズは邪魔で、インスピレーションを掻き立てるにも静かな方がより都合がいい。

 

だからインスピレーションを掻き立てる存在であるミューズ役もまた、静かであるよう躾けられるけれど、アルマはいつまでたっても騒々しいままで、騒々しいままデザイナーの生活を侵食し始める。

 

ウエディングドレスの発注に訪れた、上得意の高貴な人に向かってアルマが対抗心を燃やすシーンには、アルマの増長がよく現れていて特に面白かった。

 

インスピレーションを掻き立てる、ミューズの役割にすっかり満足していたら、半端にデザイナーの仕事を手伝ったりしない。半端にということは、つまり一人では何にもできないと同意。もしも殊勝な気持ちでデザイナーの仕事を手伝っていたら、上得意に向かって「私はここに住んでるんです!」なんて、おかしな対抗心を燃やすこともない。

 

子供、というより赤ん坊の時からの付き合いで、人生の節目節目をデザイナーの作るドレスを着て迎えてきた上得意で、その関係は滅多なことでは切れない。というビジネス感覚がアルマに備わっていたら、上得意に向かって滅多なことは口走らない。

 

ビジネスパートナーとしてもいまいち、仕事は半端。でも頑として、ミューズの役割を他人に譲ろうとはしないアルマを許してしまうと、あららこうなるのね。という他者からは理解しづらい関係性は、美しいものを生み出すことを生業としたデザイナーが生んだ、唯一の美しくも何ともない歪んだ奇妙なものなのかも。

 

美しいドレスを幾多も作り出したその人が、さして美しくもない関係性に絡めとられるのが、皮肉といえば皮肉。ごく私的なメモだから、タイトルも演じた俳優の名前も書きとめる必要もなし。

アナログ

大根おろしにゴマのすりおろし。あるいはチーズおろしと、おろすという行為はとかく無心になれる。無心になれるから、省力化しない。アナログな行為を敢えて残した作業は、義務ではなく癒し。

 

詰め込みたい人ではなく、カラッポになりたい人向け。詰め込む作業は、そもそもがカラッポな人ほど吸収もよく、雑念が多過ぎると詰め込もうにも詰め込めない。

f:id:waltham70:20181111180418j:plain
f:id:waltham70:20181111180348j:plain

駐車場代と入園料を払った先に広がる景色。多分今年はもう閉園し、ウィンターシーズンまでお休みのはず。今では感慨も薄くなったけど、ここに来るとやっぱり北海道はでっかいどうで、自然と隣り合わせなんだと実感できる。札幌駅からは、ルートにもよるけど20㎞ちょっと。

f:id:waltham70:20181111180342j:plain

190万都市であっても、小一時間かからずにそれなりの自然にたどりつけるのは、どこの人口200万級都市でも同じなのかも。違うのは大都市だけで、大都市の方がイレギュラー。

f:id:waltham70:20181111180402j:plain
f:id:waltham70:20181111180413j:plain

11月に入ったというのにいまだに雪も降らず、例年より暖かいせいか、街路樹の葉っぱはいまだにわっさわさで例年より遅い紅葉が楽しめる。昨年の写真と比べると違いは一目瞭然で、自分で撮った写真だから嘘かまことかも気にしなくていいからノーストレス。

f:id:waltham70:20181111180355j:plain
f:id:waltham70:20181111180334j:plain

大量に撮りためた写真。どうするか決めあぐねていたけれど、まずは自分を楽にするために使う。自分を楽にするためと一覧性。どうするのがいちばんいいかと考えたら、やっぱりアナログに落ち着く。

 

自分以外も一覧可能だと、自分以外の人をまずは楽にしそうで、それは本意じゃない。

 

はたを楽にするのが、はたらく。という語呂合わせをどこかで見たけれど、はたをらくにする必要がなければ、まずは自分を楽にするのが先。欲しいあるいは使いたいのは、まずは自分を楽にするツール。自分以外の誰か、例えばサービス提供者を先に楽にするようなツールは使いたくない。

 

サービスを提供したい人の頭数は揃っていて、あとは使ってくれる人を待つだけというのは、どこか変。サービス業には、大なり小なりそういう一面があることは承知していてもさ。

 

移り気で気まぐれな、ユーザーの首に縄をかけるのがお賃金。

 

お給料で結ばれた鎖を、引っ張ったり緩めたりするだけで需給調整ができたら何かと便利で、その手のことを考えて実行に移すのは大抵強権的な人。便利になるために使うサービスに、逆に便利に使われたらたまんないわな。

 

お地蔵様は子供の守り神で、子供がお地蔵さまよりも強力な守護を得たり、子供がもう子供ではなくなったら役目を終え、また新しく守護を必要とする子供が現れるのを待つ。待つこともお仕事のうちで、せっかちで待つのが苦手なお地蔵様は、お地蔵様にはミスマッチかもね。かもかも。

☆いっぱい

なぜ日本では賃金抑制傾向が強く、お給料をいっぱいあげましょう☆とはならないのか?答え:贅沢とは無縁に育った人が、我慢に我慢を重ねて経営者に成り上がったところで、同じ苦労を知らないそもそも最初から豊かな層には、大盤振る舞いしないから。

 

というのは冗談で、適正賃金水準が小さな世界のままで止まっていたら、上がるものも上がらない。国際競争にさらされてはじめて適正水準に目覚め、安かろう悪かろうからの脱却をはかるもの。だから国際競争にさらされない界隈は、いつまでたっても賃金水準が上がらないままという私見

 

あるいは、お金を持ち過ぎた人は不幸という風説をはびこらせ、お金持ちからお金を毟り取るシステムが誰も得しないまま機能し過ぎて、止める者もなく回り続けてるせいじゃないすかね。と、渋茶すする。

 

字面通りの“人でなし“、人でないものをこっそりかつ複数抱え込んでると、遊び金なんていくらあっても足りなくて、喉から手が出るほどお金が欲しい人ほど、遊び金のためなら何でもしそう。というこれも私見。持ってる奴から毟り取れという構図だけ見たら、オレオレ詐欺と一緒で反社の香りが香ばしい。

 

穢れとはよく言ったもので、昔から穢れと近しいあるいは甘アマな界隈ほど、線引きもなっちゃいないんじゃないかしら。

 

憧れの人が、大事な判断は俺・私に従って☆と言い出したら目が覚めるのが大人で、盲目的に従ってしまうのが子供。と、考えたら世代別投票率ともリンクして、あぁなるほどねという結果。子供は釣れても大人は釣れないのは正しく老成した姿でもあって、雲の上のような憧れの人であっても生活がかかったら、掌返すしかないと大人なら知っている。

 

女性の投票率とリンクせずに女性議員が増えたのなら、女性を政治に関わらせた方が「お得」と判断した人が多かったからとも言える。政治は徹頭徹尾「政治資金集め」の世界だから、女性それもマイノリティーの方が、マイノリティーの男性よりも “頑張って☆”でお金が集めやすいことの表れなのかも。かもかも。

 

と、個々の候補者のことなんて知らなくても、単に聞きかじりのデータからでも好き勝手な解釈はできる。

 

“頑張って☆”でお金が集まる人が当選したのなら、“自分のことは自分で面倒見てね☆”の小さな政府志向の共和党の理念にもかなっていて、やっぱり狙い通り。あとは、頑張って☆と頑張るわ☆で結ばれた人たちの間で互助組織でも出来上がれば願ったり叶ったりで、趣味嗜好を同じくするもの同士で、社会実験でもなんでもすればいいんじゃないかしら。

 

趣味嗜好を同じくするもの同士というところが、ポイント。違う嗜好の人は、混ぜないでね☆

秋晴れ

ホレホレはよ写真撮らんかいとばかりに、次々とポーズを変えるキタキツネ。観光客ズレし過ぎで、ふてぶてしい。テッテケテーと俊敏に走り去るリスは、颯爽として可愛かったんだけど動きが早過ぎて、カメラには捉えられなかった。

f:id:waltham70:20181104224945j:plain
f:id:waltham70:20181104224929j:plain

近郊にはいくらでも大自然が広がっているけれど、安心して車が止められて、気軽にお散歩しながら自然を満喫できるのは、やっぱり管理された場所。自然豊かな場所では、なぜここにと思うようなヒトと遭遇した時の方が、野生動物と出くわすよりもおっかない。

 

植物園に観光庭園は、オフシーズンのために次々と閉園してゆく今日この頃。11月最初の週末はお出掛け日和の好天で暖かく、雪虫の姿さえまだ見掛けない。突然ドカッと来てもいいように、準備はそれなり。

f:id:waltham70:20181104224924j:plain
f:id:waltham70:20181104224919j:plain
これは、ちょっと前のもの。

エキゾチックな服装に、単なる飾りかもしれないけれど腰には剣もどき。切腹や敵討ち、あるいは改易に匹敵するようなエキゾチックな風習持ちだと、常識が異なる人たちから色眼鏡で見られてもしょうがない。

 

明治維新を経て開国した当時の日本も、欧米先進国からはエキゾチックな観察対象として、色眼鏡で見られつつ虚実入り混じった姿が喧伝されてたのかも。かもかも。先進化のために招かれた、お雇い外国人の目から見た日本を伝える記録がいくつも残されているけれど、お雇い外国人とひと口に言ってもその立場は様々。新政府あるいは雇用主との関係が、良好だったのかどうか。

 

新政府からは感謝と敬意をもって迎えられ、感謝と敬意に応えるように功績を残した言わば“両想い”の人が残した記録は愛に勝り、どちらかの気持ちが一方通行な言わば“片思い”の人が残した記録だと、手厳しく公平性には欠けるかも。

 

という視点は、欠かせない。

 

異なる常識の人たちからは色眼鏡で見られがちな場合は、当人あるいは当事者の言葉がもっとも説得力ありで、偏見まじりに受け取られるなら、自分たちで語る方がいい。

 

本、あるいは何かを読むという行為は、誰かの脳ミソを借りる行為でもあるから、誰の脳ミソを借りているのかが大事。別に本に限らず、映像作品でもそうなんだけどさ。公正さよりも、偏見の流布を目的とした人の脳ミソを借りてたら、知らずに偏見に染まりかねない。

 

この人は、いったいどの層から感謝と敬意をもって迎えられている人なのか。両想いの相手は誰なのか。ということまで考え出したらキリがなく、キリがないから迂闊なものには手が出せなくなる。

 

かといって、偏見のそしりを免れるために誰とでも握手するようになると、今度は金で転ぶとかあるいはもっと侮蔑的な言葉を投げつけられかねない。

 

どこからも等分に距離を置き、どこにも属さずどこにも与しないを実践するにはとかく骨が折れる。イヤねー。

f:id:waltham70:20181104224940j:plain

面白かった。きれいだった。楽しかった。役に立った。諸事複雑になり過ぎたら、疑いようもないほどシンプルな言葉ほどお役立ちで、きれいをきれいという言葉を使わずに表現しようとするのは言葉あそびで、言葉あそびに閉じてる人たちのあそび。

 

お休みなさーい。

先月食べたもの・朝食(含むブランチ)おやつ編

栄養その他。偏らないようにとあれこれ考えて作ったところで、結局いちばん喜ばれるのはシンプルに肉を焼いたもの。あららと拍子抜けするけれど、それならと毎日肉焼くだけいいのかというと、多分それならそれで文句が出る予感。

f:id:waltham70:20181102174852j:plain
f:id:waltham70:20181102174900j:plain
f:id:waltham70:20181102174905j:plain
f:id:waltham70:20181102174912j:plain
f:id:waltham70:20181102174916j:plain
f:id:waltham70:20181102174923j:plain
f:id:waltham70:20181102174932j:plain
f:id:waltham70:20181102174939j:plain
f:id:waltham70:20181102174945j:plain
f:id:waltham70:20181102174955j:plain
f:id:waltham70:20181102175000j:plain
f:id:waltham70:20181102175012j:plain
f:id:waltham70:20181102175022j:plain
f:id:waltham70:20181102175026j:plain
f:id:waltham70:20181102175030j:plain
f:id:waltham70:20181102175034j:plain
f:id:waltham70:20181102175042j:plain
f:id:waltham70:20181102175047j:plain
f:id:waltham70:20181102175050j:plain
f:id:waltham70:20181102175057j:plain
f:id:waltham70:20181102175103j:plain
f:id:waltham70:20181102175110j:plain
f:id:waltham70:20181102175115j:plain
f:id:waltham70:20181102175119j:plain
f:id:waltham70:20181102175126j:plain
f:id:waltham70:20181102175130j:plain
f:id:waltham70:20181102175138j:plain
f:id:waltham70:20181102175142j:plain
f:id:waltham70:20181102175146j:plain

f:id:waltham70:20181102174823j:plain

赤い実をつけたイチイは、クリスマスツリーっぽい。

夕食ほど多彩ではなく、振り返ったところで気付きも学びも少なく得るものは大してないけど、振り返る。

f:id:waltham70:20181102174835j:plain
f:id:waltham70:20181102174839j:plain
f:id:waltham70:20181102174844j:plain
f:id:waltham70:20181102174848j:plain
f:id:waltham70:20181102174801j:plain
f:id:waltham70:20181102174805j:plain
f:id:waltham70:20181102174810j:plain
f:id:waltham70:20181102174819j:plain

大してものは食べてないけど、しっかり朝食をとるとお腹が空きにくく、一日二食におやつっぽいもの。という、運動量に応じたカロリーあるいはエネルギーで十分になる。

 

先月から重宝しているのが、りんごのコンポートの作り置き。

 

りんごが出回る季節。生で食べるのもいいけれど、生っぽい食感を残して砂糖控えめのコンポートにしておくと、小腹が空いた時や朝のデザートにお役立ち。りんご一種よりも、二種三種とくだものの種類を増やすのもよし。りんご並みにコンポートにしても美味しいくだもの。意外と思いつかず、フレッシュフルーツよりもドライフルーツの方が相性がいいという、誰得な気付きを得たね。

 

りんごに栗・柿と栗を使ったお菓子の登場が多いのは、やっぱり今の季節はその手のものに手が伸びやすいということ。毎年季節限定品を買っているけれど、それはもう定番やんと自分で自分にツッコミを入れる。

 

一日一個のりんごは医者いらずかごますりか。知恵の実は自分の血肉とするためで、誰かのための貢物であるわけがなし。

 

諸事猛スピードで進んで行くようにみえても、子供の成長、あるいはヒトの成長だけは猛スピードというわけにはいかず。3歳の子供が3日後に10歳になるわけがなく、10歳の子供が10日経ったら二十歳になるわけがなし。

 

ヒトの成長よりも、ライフサイクルの短い動物の成長の方が早いとはいえ、だから子供の代わりに動物をペットとして育てましょになるわけもなし。ライフサイクルの短さだけに目を付けてる人がいたら、人でなし一歩手前にもなりがちで、飽きたらポイポイ捨てるわけにもいかないのは、ヒトも動物も一緒さ。

 

実験動物の一匹や二匹。犠牲になったところで胸が痛むわけでもない人も、それで傷つく体面があったら話は別さ。体面取り繕うためだったら、何だってするんじゃない?体面が大事な人ほど。

 

傷がつくと困る体面があるなら、最初から体面を傷つけるようなことには手を出さないのが賢明さ。

先月食べたもの夕食編

時が経つのは早くて、気付けばもう11月で今年も残り2ヶ月。早いな。

 

他人を利用することに味をしめた人は、生涯寄生虫となって生き血を吸いつくす。こいつは寄生虫と思った時点で、叩き出すにかぎるやね。GET OUT!ツラの皮が厚くなり過ぎて、今さら何言われたって気にしない人にはもう届かないけど。人の好きを奪える人は、奪われてきた人という確信は強まるばかり。

 

適当に済ませた時もあるけれど、一ヶ月となるとちょっとした量だった。作ったものの名前を思い出すのもひと苦労。適当にありもので何とかしてると、名前のないものの方が多くなる。

f:id:waltham70:20181101173840j:plain

ビーツとサワークリームを見つけたので久しぶりに作ったボルシチ。美味しさの80%はビーツとサワークリームでできていて、残りは野菜を煮込んだ旨味。土地柄で生のビーツも手に入るけれど、加工されたものの方が圧倒的に使いやすい。

f:id:waltham70:20181101174044j:plain
f:id:waltham70:20181101174032j:plain
f:id:waltham70:20181101174012j:plain
f:id:waltham70:20181101174140j:plain
f:id:waltham70:20181101174110j:plain
f:id:waltham70:20181101174059j:plain
f:id:waltham70:20181101174001j:plain
f:id:waltham70:20181101173952j:plain
f:id:waltham70:20181101173945j:plain
f:id:waltham70:20181101173940j:plain
f:id:waltham70:20181101173928j:plain
f:id:waltham70:20181101173911j:plain
f:id:waltham70:20181101173900j:plain
f:id:waltham70:20181101173855j:plain
f:id:waltham70:20181101173849j:plain
f:id:waltham70:20181101173825j:plain
f:id:waltham70:20181101173800j:plain
f:id:waltham70:20181101173756j:plain
f:id:waltham70:20181101173751j:plain
f:id:waltham70:20181101173747j:plain
f:id:waltham70:20181101173733j:plain
f:id:waltham70:20181101173723j:plain
f:id:waltham70:20181101173727j:plain
  • 厚揚げとツナ、長芋のすりおろし煮込み、ピリ辛なめたけ
  • おろしステーキ、サラダ、れんこんのカレーピクルス
  • 大根と鶏肉の煮込み、れんこんのカレーピクルス、ブロッコリーおかか和え
  • ピーマンとエリンギの肉みそ和え、切り干し大根の煮物、しめじとホウレン草のおろし和え
  • エビとレタスのイタリアン風、炒飯、焼きカブ、ポテトサラダ
  • チーズフォンデュ、牡蠣のソテー、白身魚カルパッチョ、ラムステーキ、焼き野菜
  • 豆腐と揚げ玉丼、サラダ、オクラのごま和え
  • チーズフォンデュ、エリンギ炒め、ジャガイモと肉みそのグラタン
  • 豚の生姜焼き、おから、にんじんとホウレン草のごま和え
  • 野菜入りペペロンチーニ風パスタ、スープ
  • お弁当
  • 鶏肉としめじのすっぱ煮、ごま豆腐、かぶの和え物
  • 栗のポタージュ、水菜のペペロンチーニパスタ、ホッケ(多分)のソテー
  • かぶのそぼろ煮、じゃがいもと枝豆のカレーきんぴら
  • 三色どんぶり、サラダ
  • ぶりと揚げ野菜のウスターソースあんかけ、長芋たたき
  • 鶏肉とピーマンのトマト煮込み、大根の和風サラダ
  • 半身揚げ
  • 鶏肉とナスピーマンのカレーソテー、焼きさつまいも、サラダ
  • ごぼうとちくわの卵とじ丼、ピクルス
  • 五目野菜の油揚げ煮、枝豆入りポテトサラダ
  • ボルシチ、大豆とささみのペースト付きトースト
  • 五目焼きそば、小松菜のナムル、ポテトサラダ
  • ソースかつ丼
  • 豆腐入り和風ハンバーグとろろソース、ごぼうとツナのホッとサラダ、切り昆布の煮物
  • キャベツと豚肉のみそ煮込み、切り昆布の煮物

連休中は主にイエ飲みで。たんぱく質多めになるのが悩みだけど、酒の肴野菜系レシピのレパートリーはどうにも広がらず。ピクルスでもあれば充分っちゃ充分なんだけど。

 

f:id:waltham70:20181101174104j:plain
f:id:waltham70:20181101174148j:plain

f:id:waltham70:20181101175954j:plain

f:id:waltham70:20181101174027j:plain

チーズ、とろーん。

時間と予算と在庫の縛り。どれかに蓋をするとしたらやっぱり予算になって、予算縛りの節約レシピは意外とレパートリーが広くて困らない。失われた10年20年で失われたものもいっぱいあるけれど、得たものも相応に多い。

 

外食はコストがかかるから、内食、家で食べる機会が増えると、趣味的に料理をする人が増えるはずで、そうなるとキッチン周りのものも今よりもっと選択肢が増えるはず。ステキねと思う食器に調理ツールは主に海外サイトのもので、チップに税と外食が結構な贅沢に属する国ほどキッチン周りも豊か。

f:id:waltham70:20181101174053j:plain

栗の実をほぐすには、カニの身をほじるスプーンが便利だった。

その逆に、外食が安上がりで済む国特にアジア圏だと、多分キッチン周り文化特に装飾系はあんまり発達してない雰囲気。東京に伍するような、都市居住者の場合はどうだか知らんけど。

 

都市居住者の生活はどこも似たものになって、中核都市居住者の生活も似たものになるはずで、人口で考えると何でもわかりやすい。