クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

処世術

先に与えて与えて与えるのは、持ってる人のお話。

 

持ってる人は持ってるというだけで、意味もなく妬まれ嫌われる。妬まれず嫌われないために先に与えるのはいわば処世術で、企業の社会的貢献もその類。お金を出すべきところにはちゃんと出していても、こっちにも回さんかいと言われがちなのが、持ってる人。

 

だから明朗会計で、うちはホニャララについてはお金を出すけれど、ホニャララについては知りませんと突っぱねるのも処世術のうち。あっちでもこっちでもスポンサーになってる人や組織は、あちこちからうちにもよろしくと言われて大変ねぇ。

 

暇を持て余すより暇をお金に換えてお金を増やした方がいいけれど、ただ漠然とお金を増やすよりも、これだけあれば安心という基準がはっきりしてたら、闇雲にお金を増やそうと熱心になる必要もない。

 

これだけあれば安心という基準が、年々引き上げられていくようだと、いつまでたってもこれだけあれば安心という境地にはたどりつけない。たどりつけないと、いろんなところを引き締め始める。

 

個人のお財布も組織のお財布も結局は一緒で、財布のひもを締める理由も一緒。

 

これだけあれば安心だろうと、それなりの時間や労力をかけて積み立てたもの。積み立てた時間も労力も無視して、あそこにはまとまったものがあるらしいと勝手にひとんちの財布にどかんとでっかいツケを回すような真似が横行すると、積み立てたものもたちまち失せる。

 

所与の条件が厳しく、今後の伸びしろに期待できないからと前渡しされたお金。

 

例えば民営化される際に、どこかの電車の会社がもらった経営安定基金やある種の人に下賜される持参金や手切れ金の類は、無駄使いしてはいけないお金。無駄使いしてはいけないお金にもかかわらず、お金に色はないとまとまった金額のお金としか見ず、どかんとでっかいツケを回して無駄使いさせると、何しろ今後の伸びしろには期待できないだけにたちまち窮する。

 

無駄使いしてはいけないお金を持ってる人が、もっとも警戒すべきは無駄使いさせようとする人や何か。無駄使いして全部きれいになくなっちゃったから、もう無い袖は振れないわ。という態度も、処世術のうち。

 

人にお金出してもらってなんぼ。という人を遠ざけるには、こうでもしなきゃ通じない。

恩着せがましくてセコイ

セコイ人が持ってくる、お得な話はだいたいセコイ。

 

自分ちのリビングには置きたくないから、あなたの家のリビングに置かしてね。ついでに、使いたくなった時には借りに来るから、いつになるかわからないけどそれまでメンテナンスをお願いね。という態度はセコさの極致で、取り合う必要まったくなし。

 

大事なものや失くしたら困るものは、そう簡単に人に貸したり預けたりしない。

 

気軽に貸してもいいのは、返ってこなくても一向に困らないもの。そもそも処分に困っていたもので、気軽に貸してくださいな態度でシェアを募ったら、むしろ処分に困るものがまずは寄せられる。

 

どこまでいっても住宅や建物がびっしりと建ち並び、大自然の驚異を感じることも極小で、まとまった緑や自然が見当たらない土地は勤勉で出来上がっている。

 

それなりにやって来る雨や風。あるいは雪といった大自然の驚異で、街あるいは土地の機能を停止させてなるものかという勤勉さの裏付けがないと、どこまでいっても住宅や建物がびっしりの景色にはならない。

 

どうせ雨にやられるなら、どうせ風にやられるなら、どうせ雪にやられるなら。そう思ってたらそもそも建てない。建てたあとにもメンテナンスは必要で、建てっぱなしにはできない。そこから劣化が進むから。

 

ま、いっかで劣化を見過ごす態度は勤勉とは逆で、大自然の驚異が常に控えているような場所や土地でま、いっかを発揮すると、街や土地は自然に呑み込まれていく。

 

いちど自然に呑み込まれてしまった土地や場所を、ふたたび人の手に取り戻すのは楽じゃない。楽じゃないからむしろそんな場所でこそ勤勉さが求められるはずなんだけど、残念ながら勤勉さは偏在してる。

 

人力で手当してきた場所で、勤勉な人たちがその場所に見切りをつけてごっそり他所に移ったあとは、機械の出番。言い換えれば、勤勉な人たちにまずは見切りをつけてもらわないと、機械化も進みゃしない。

 

高い技術力を備えた自分で何でもできる人は、人海戦術に頼らなくてもいいから、自然豊かな場所でも問題なく生きていける。大した技術力も持たず、何でもできるわけではない人は、人が集まる都市に住まざるを得ない。

 

対価を求めず“うち”で獲れた一番いいものを贈り物としてまずは持ってくる姿は、金銭には換算不可能な有形無形の恩を受けている場合。小さな街なのにすみずみまで統治が行き届いていたら、圧倒的な強者が金銭には換算不可能な恩恵を与えているケースで、明らかに恩恵なき街とはようすが違う。

 

まずは贈り物が先な人が強者として統治すると、恩着せがましくてセコくなるから、できあがるものもやっぱりセコイ。

よりごのみ

尋常じゃない手段で、普通じゃない場所にたどり着いた。あるいは、普通じゃない地位を得た人の“このくらい普通でしょ“という感覚は、尋常じゃない。

 

ソメイヨシノはあらかた散ったあとだけど、八重桜はまだまだ咲いている。ぽってりと重そうな花は、ソメイヨシノやあるいは蝦夷桜のような可憐と呼びたい花とはまた違ってデコラティブ。花びらがわっさわさで、遠目にみればバラのように見えなくもない華やかさ。

 

おまけに北国だから、虫がいない。

 

八重桜といえば毛虫とセットで記憶しているけれど、八重桜でもその他の桜でも寒冷地のせいか否か虫知らず。基本的に冷涼だから、花見中でも今のところ虫の心配は極小。

 

中心部になるほど桜の開花も早くなって、雪解けも早くなってきたのなら、中心部の気温も上がり気味なのも納得。集住のせいか、温暖化のせいかは知らんけどさ。今はただきれいね珍しいねと喜んでいる、道外からやってきたもの。

 

都市化がすすんで集住が進むほどに気温上昇にも拍車がかかり、毛虫も育ちやすくなって、そのうち桜といえばやっぱり毛虫よね。という景色も珍しいものではなくなる可能性も、なくはないかも。

 

最初は長所にだけ目が行きがちで、きれいね珍しいねと無邪気に喜んでいられるけれど、あらやだ虫がいっぱいつくのねと短所も目につくようになると、賛否あるいは好悪は分かれる。

 

最初からマイナス面も知ったうえで、受け入れてたのならともかく。プランターあるいは地面の花や植物なら移動も簡単だけど、木になるとそうもいかない。

 

冷涼な気候が幸いして虫知らずがこのまま続けば、いつまでものん気にきれいねとただ喜んでられるんだけどさ。

 

冬がとびきり長い代わりに春も初夏もごちゃまぜで、秋も駆け足。

 

バランスよく四季があるわけではないけれど、季節のコントラストはこれ以上ないほどはっきりしていてある意味わかりやすい。わかりやすいから、典型的な四季の景色が切り取りやすい。おまけに、季節の風物詩ももれなくついてくる。今だったらライラックまつりで、冬だったら雪まつり

 

モノよりコトでコト消費が先行してたから、容れ物が多少貧弱でも何とかなったあたりは、古都にして観光地の京都とある意味似てる。貧弱だった容れ物も、古都ではアップデートが激しいけどさ。

 

もともとその土地にはなかった珍しいものは、いいものも悪いものも両方運んでくる。いいものしかいりませんで突き返せるのは、やっぱり強者。

同じに見える

平成初頭にはじけたバブルでもっと呆れたエピソードは、証券会社をはじめとした金融関係者(おもに営業)が、料亭経営のオバサンのお告げに従って、株式市場を動かしていたというもの。

 

金融知識なんて皆無だったらしいオバサンによる、特定株が上がる下がるというご託宣に従って株価が動くなら、専門家なんていらない。なんて前近代的なんだと呆れ返ると同時に、その種の出来事からは遠そうな、欧米金融市場が眩しく見えた。

 

でもねぇ。たった一人の発言を、聞き漏らしてなるものかと大勢の専門家がSNSに張り付き、特定のたった一人の一言一句に左右されて市場が動いてるなら、現象としてはバブルの末期症状とあんまり変わらない。劇場が、日本の料亭から海外のSNSに移っただけ。

 

何か事件が起こって表面化したら、沈静化のために誰かの首を差し出し、「もう終わった」ことなんだという印象を与えないといけない。料亭のオバサンは収監され、巨額詐欺事件にも罪名はついたけど、システムそのものは生き残って現在も絶賛稼働中だったら、ひとりの首とってもあんまり意味ないよねと思う。

 

SNSとすっかりご無沙汰なのは、そこが劇場だから。

 

劇場だから、満員になるほど効果も上がる。観客という名の共犯者にはなりたくないから、平時にはSNSも必要ない。そもそも、劣化コピー模倣犯も見たくない。

 

舞台が立派、あるいは派手になるほどにリアルな現実の傷も深まっていく行為に没頭するのは、自壊や自滅というワードがピッタリくる。止めたくても止められない。壊したくても壊れない。著しい不一致が発生した時だけ、大損害を伴って休止する。そういう万人を不幸にしがちで司令塔を失ってもただ稼働し続けるシステムがもしあったとすれば、最初にシステムを起ち上げた人は、一体何を考えて何がしたかったんだと思うだけ。

夢のような数字はデカデカと

晴れ渡っているわりに、空気は冷たい。今日も最高気温は15℃にも届かず、冷えっ冷え。

 

時々見掛ける投資用不動産の広告。売り出されているビルやマンションの写真とともに、想定利回りや、満室時の賃料収入=年収が例示されていて、高給取りだけど先の保証は薄い人々の興味関心は、こうやって惹くものかと眺めてる。

 

年収一億レベル(あるいは年収うん千万レベル)の生活水準を落としたくなかったら、このエリアでこの程度の物件のオーナーになれば、とりあえずは現在の生活水準がキープされそうな雰囲気で広告してる。満室をキープするために必要となる、広告あるいは営業費用や固定資産税。または、改修時にはどの程度の費用がかかるのかといった、現実的な費用は当然秘されている。

 

夢のような数字はデカデカと。現実的な費用は秘されていたら、捕らぬ狸はなんとやらで、カモが葱しょって連絡して来るのを待つ用なんだと眺めてる。

 

今あるのはあぶく銭。という実感のある人ほどあぶく銭に対して見切りが早く、できるだけ速やかにあぶくを実需あるものに変えようとするもの。不動産とかに。

 

第一段階、わざとあぶく銭を掴ませる。

第二段階、あぶく銭が泡となって消える前に、ホラもっと実需あるものに変えなきゃ急いで急いでと、耳元で囁き続ける。あるいはもうすぐ大不況が来るよとオドロカシ続ける。

第三段階、目の前に実需がありそうな「お買い得物件」、あるいは「掘り出し物」をチラつかせる。

 

で、相手がその気になって重い腰を上げるまで、客観的なアドバイスをくれそうな周囲の友人知人あるいは業界との接触を断つよう仕向け、情報を遮断して囲い込んで、冷静な判断はできないように努めて狙った相手が「落ちる」まで待つ。

 

そのままでは売れない不良物件の引受先だからこそ、まずは気に食わない相手に不良物件を掴ませたい。満室になんかなるはずがなく、見込み賃料収入に届くわけもなく他に収入のあてもなかったら、待っているのは返済地獄。

 

必要な労働力が足りないときは、どうやってでも労働力を増やそうとする。最初にあぶく銭を掴ませてでも、数年間は黙ってよく働く労働力を確保に走る。人が足りないと、局所ではそういう状況が生まれるかもね、かもかも。

 

法で縛るのは、法で縛らないともうどうにもならないほど不法行為が蔓延しているとき。

 

労働力不足解消と気に食わない相手に労苦を負わせる仕組みがセットになっていたら、局所では人手不足は簡単に解消しそうだから、恐ろしい恐ろしい。

好きなように使う

三日と言わず、最高気温が日々10℃単位で上げ下げする。変わり身の早い温度変化を表すぴったりなフレーズ、あったら便利。

 

キラキラネームや外国人にも発音しやすい名前が増えたおかげで、変わった名前は以前ほど目立たなくなった。親が子供に非凡な名前を与える理由は、きっといろいろ。平凡な人生に倦んだ親が、非凡な人生を子供に望んで非凡な名前を与えることもありそうだけど、その逆もありそう。

 

俺・私のこどもに生まれてしまった君には、残念だけど平凡な人生は望むべくもないから、非凡な名前に負けずに非凡な人生を歩んでね。

 

という理由で非凡な人生を歩んだ親が、非凡な人生を子供に望んで非凡な名前を人生最初の贈り物として与えるケースもあるかもね。

 

世界中の誰もが知っている、アジア中の誰もが知っている、あるいは日本中の誰もが知っている。そういう親の子供に生まれてしまったら、よくも悪くも親の名前を背負って生きていくことになる。

 

勝手に期待されて失望されて、本人は何もしてなくても親を嫌う人や敵対する人からは嫌われ妬まれて、手が出せない親の代わりに危害さえ加えられる可能性さえある。平凡な親のもとに生まれた子供とは、スタート地点からしてすでに平凡からは遠い。平凡な人生を歩む方がハードモードだったら、非凡な人生を望む方がより現実路線。

 

知名度が高いばっかりに、平凡な人よりも百倍も千倍もイヤな目にあった人なら、知名度の高さがもたらす負の面にも敏感。親と同様に非凡な人生を歩むようなら、非凡な人生を歩んだ先人として親がよきアドバイザーにもなれるけれど、子供が平凡な人生を望んだら逆にお手上げ。

 

親とは別人格で、子供は親とはまったく異なる違う人生を歩んでいるんだと訴えてみたところで、勝手に親と紐付け非凡な親、あるいは平凡な人生を歩む子供の足を引っ張る人はきっと出てくる。

 

数が増えれば、それまでの秩序も崩れて目立たなくなる。

 

数を増やすのは、数が少ないばっかりに攻撃に晒されてきた人たちを新たなる攻撃から守るため。

 

江戸の敵を長崎で討つように、筋違いなことで仕返しをするような人は、蛙ではなかった子供を蛙にし、蛙の子は蛙と言いたいためだけに、事実さえ曲げてなーんの関係もない親子ともども蛙にしようとしたりする。

 

一面識もなければ、びたいち興味も関心もない。プロフィールを読んだだけで削除するような人間にフォローされたくなければ、登録してるSNSアカウントにログインして日々怪しいアカウントにフォローされていないか確認しろ。さもなくばアカウントを削除しろと言わんばかりのイヤガラセに明け暮れてるような人は、最初から常軌を逸している。

 

なーんでイヤガラセに明け暮れてるような人の、言う通りにしなくちゃなんないのさ。公序良俗に反しない範囲内で、好きなように使うさ。

唯我独尊

とうてい許されないことをしでかしたあとで、許さない相手を不寛容と断じてなじるのは、結局はたったひとつのことしか言ってない。

 

俺・私の言うことを聞け。

 

それ以外に解釈しようのない、唯我独尊がおさまらない人は、たった一人しかいない王国にでも閉じ込めるのが吉。俺・私の言うことを聞けと、かましたスピーチが永遠にこだまする場所にでもさ。

 

スプリング・エフェメラルと呼ばれる山野草系の可憐な草花類は、名が通り見慣れた園芸種に比べればもの珍しいだけに、見掛けると新鮮。春あるいは初夏を告げる季節の風物詩でもあるから、いくら可憐でもの珍しいとはいえ、“季節“を我が物にしようとは思わない。

 

ところがいるんだな、“季節”をわがものにする人が。わがものにするだけでなく、転売する人もいると知ったら、ただ驚く。

 

百名山ブームがどういうものだったのか知らない。知らないけれど、人気になってカジュアル層が押し寄せたあとに山野草がごっそり盗掘され、盗掘に嫌気が差してついには入山制限まで設けるようになったと聞けば、しょうがない。

 

珍しくて人の目を楽しませてくれるものは、できるだけ保護しましょと考える人と、珍しくてもの珍しいものを見掛けたら、わがものにして売り物にする人の間には深い溝がある。性善説では維持できずに性悪説に転じるのは、到底相容れない人種が同じ場所に集ったとき。

 

人が増える一方で、人の手による仕事が減っていくばかりのとき、減っていくばかりの人手に頼る仕事を増やすのは、善だと考える人はきっといる。凸凹をフラットにする行為は、概ねいいことで、人手に頼る仕事を増やす行為も言ってみればその一環。

 

でもさ、労働市場には決して入れてはいけない、ルールを破りまくる人も中にはいるわけで。ルールを破りまくるだけでなく、率先垂範して掟破り、例えて言えば強盗の方法を知らなくてもいい人に教えるようになり、教えたのに強盗しない奴こそ悪だと集団のルールさえ変えられたとき、改悪されたルールに従う人を増やす行為は善か悪か。

 

人を増やすときには、そのくらい考えてからにしないとさ。

 

性善説で成り立っていた場所に、率先垂範して強盗やゆすりたかりの方法を伝授することこそ善なんだと説く人が現れたら、性善説なんてあっという間に崩壊する。

 

相容れない人種を無理に同じ場所にとどめると、まずは容れ物から崩壊する。崩壊に懲りた人がこしらえる新しい容れ物には、相容れる人種しか居られないとなって残念がるくらいなら、最初から崩壊するような真似はそもそもしないわな。

 

もっとも得をした人が犯人、そもそもの元凶なんだと、たいていはそう考える。