クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

ありふれてるようでレアな景色

数日前には雪虫っぽいものが飛びかっていた。いつ雪が降ってもおかしくないほど冷え込んできた、今日この頃。台風被害を伝えるレポーターの人は、10月半ばなのに半袖姿で、あらまぁホントに日本は南北に長いこと。

 

薄着でヘロヘロ出歩けた、ちょっと前が懐かしくなったので、ちょっと前を振り返る。

f:id:waltham70:20191013200342j:plain
f:id:waltham70:20191013200326j:plain
ちょっと前だから、紅葉にはまだ早い。

ちょっと運動するだけで汗だくになったちょっと前は、身体を動かすにもちょうどよかった。運動したあとのご褒美は、この眺望と吹き抜ける風。気持ちいい風が吹いていた。

f:id:waltham70:20191013200335j:plain
f:id:waltham70:20191013200310j:plain
f:id:waltham70:20191013200314j:plain
比較的足元がいい場所で。

標高225メートルぽっちで、山というより丘に近い高さ。

f:id:waltham70:20191013200321j:plain
f:id:waltham70:20191013200354j:plain
f:id:waltham70:20191013200317j:plain

この高さからの眺めなら、よく似た景色が臨める高層マンションやあるいは個人宅があってもおかしくない。そういう意味では、ありふれてる。とはいえ札幌の玄関口である札幌駅前からさほど遠くもなく、大した苦労なしでたどり着く景色とロケーションだと思えば、ちょっと貴重。(とはいえ杖代わりのストックでもあった方が、絶対にいい)

f:id:waltham70:20191013200402j:plain
f:id:waltham70:20191013200306j:plain
あっという間に、10℃くらい余裕で下がる。

都市と自然、近くてびっくりさ。都市と自然がこれだけ近いと、そりゃ野生動物との遭遇も頻繁になってもしょうがない。。と、実感する、都市と自然の近さかな。

 

標高たったの225メートルぽっちながら、足元は悪いのでそれなりにアドベンチャー気分も味わえる場所。身体を動かすにもちょうどいいちょっと前には、遠足かそれとも遠征か、ちびっこの集団もわちゃわちゃと大挙して山登りしてた。

 

今ではちびっこも出現する場所ながら、最初期の北海道開拓の歴史も同時に感じられ、いっちゃん最初にこの道を切り開いた先人たちは、草葉の陰からちびっこの歓声に涙流してそ。

 

最初期の北海道開拓といえば、まさに命がけ。

 

そりゃ神仏にすがりたくもなるでしょうという、素朴な信仰の形が濃厚かつ現在進行形で残ってもいるから、運動目的以外でも興味深くて面白い。

 

明治維新後の日本で、国教となった神道がもっとも権威を持った場所といえば、きっと北海道。カミサマファーストだったことを物語るようにカミサマの居る場所はとっても立派で、すぐそばにあるホトケサマの存在感は薄い。別の場所ではホトケサマ、立派なんだけどさ。

 

明治の新政府が開拓に乗り出した、新しい領土。開拓が始まった当初の札幌には、和人は二人しかいなかったと、これは北海道開拓の歴史に関する何かで仕入れた知識。真偽は知らね。

 

廃仏毀釈の嵐からも遠い場所。歴史も伝統もない場所だから、すべてイッツニューで新しいものが根付きやすかった。そう考えると北海道神宮の立派さや、お雇い外国人と一緒にやって来たと思われるキリスト教の教会が、立派なのも納得。

 

ハードはイッツニューで刷新されても、ソフトな人の気持ちや習慣はそうそう変わらない。物見遊山気分込みで慣れ親しんできた、最も素朴なホトケサマ系は、いっちゃん立派なカミサマのお膝元にちんまり佇んでいる。

 

遠慮がちにちんまりと。その風情が、国教となった神道ともお雇い外国人系のキリスト教とも、金銀ザックザクのホトケサマ系とも距離があったのかもしれない、往時の素朴な民間信仰の姿を今に伝えてるよう。と、勝手に想像が広がっていく。

f:id:waltham70:20191013200407j:plain
f:id:waltham70:20191013200414j:plain
季節感あふれるものと季節感皆無なものが同時に存在。

そんなことはなーんにも考えず。

 

遠足や遠征気分でただわちゃわちゃワラワラと人がやって来て、楽しいとか登るのイヤだとか疲れるとか。素朴かつシンプルな感情を大量にまき散らしてくれると、凝り固まった何かもあっという間に形を失くし、一緒になって楽しいとか登るのイヤだとか疲れるとか言ってそう。

 

あぁ疲れたと思った時。寄り掛かるのにちょうどいい位置にあるもんだから、素朴な民間信仰をカタチにしたものは、もとが素朴なだけに扱いが雑。カミサマと違って畏まり過ぎなくて、そこがまたいいんだ。

f:id:waltham70:20191013200338j:plain

山頂に吹く風は、気持ちよくて心地よくて爽快。

最後のお仕事

現に損してるし、損させられている。にもかかわらず前に出たがり、リーダーになりたがるなら度し難くて、度し難いから何度でも同じことを繰り返す。

 

何度でも同じことを繰り返す。前に出たがりでお山の大将になりたがりを据えるのにちょうどいいのは、誰もやりたがらないポジション。損をしてる、あるいは不当に損をさせられていると思っている人は得をしている人よりはるかに多く、はるかに多いから短期間でかき集めやすい。

 

次こそは損しないという思惑で一致した集団は、ある種の意欲が旺盛で、旺盛だからハードワークも厭わないけれど損得勘定には敏感で、敏感だから無理をしない。無理をしないから過剰に抱え込むこともせず、抱え込みたくないことは率先して都合のいい相手に割り振って負担を軽くする。

 

あら、古くて停滞して重たい荷物をたくさん背負った集団や何かを解体するのにピッタリじゃん。

 

何かの固有名詞をポイッと検索すると、引っ掛かってくるのは似ても似つかずむしろ無用のものばかり。むしろ、ある固有名詞の印象そのものを悪くする。という現象に出会った時には、その固有名詞はチャリンチャリンと不労所得が転がり込んでくるお財布のようなものなんだと勝手に思ってる。

 

チャリンチャリンと不労所得が転がり込んでくるお財布のようなものだから狙われて、不労所得の源泉をひとつひとつ潰していけばお財布がお財布ではなくなってしまう。生計を不労所得に頼っていたのに不労所得がなくなれば労働市場に戻るしかなく、労働市場に人が戻ってくれば、労働力不足の解消にも役立つ。

 

イヤがっている、嫌っている、疎ましく思っている。その種のものを、敢えてわざわざイヤがって嫌って疎ましく思っている人の目に留まるようにするのはヒトのお仕事で、好ましいものが目に留まるよう設計されたマシンにはできないこと。

 

喜怒哀楽といった感情を扱うお仕事は、扱う感情が繊細になればなるほど人に有利。箸が転がってもおかしいような人を喜ばせて笑わせるのは簡単だけど、箸が転んだ程度ではもうクスリともせず無反応な相手を笑顔にして喜んでもらうのはより難しい。

 

その代わり、怒らせたり不快にさせたりするのは簡単で、人の心の痛みを無視すればいいだけ。無視すればいいだけとはいっても人の心の痛みを無視するのは、繊細な感情を理解する人にとっては難しく、繊細な感情を理解できるような人にやってもらうことでもないから、マシンにやらせた方がいいことになる。

 

心の痛みといった繊細な感情を理解する人はより人らしいから、人にしかできないお仕事の近くへ。心の痛みがわからないのは人よりマシンに近いから、マシンにしかできないお仕事の近くへ。

 

人を怒らせ不快にすることで報酬を得るのは、最後のお仕事。

 

最後のお仕事だから、次に待っているのはもうお仕事じゃない。必要なのは労働力だけという、機械的に手を動かし反射的に反応して対応する、感情を無視して感情を排した何か。本来感情を持たないマシンが得意とするものでありながら、マシンにやらせるのにはまだ少し早くて複雑さが要求されるようなこと。

 

人にしかできない最後のお仕事か、マシンのすぐ近くでマシンの手足となって労働力を提供するか。悪魔と取引きでもしない限り、フツーはそんな究極の選択を迫られることもない。悪魔と取引きした時点ですでに、負けは決まってる。

 

相手は悪魔なんだから、神様にでもならない限り負けるに決まってるさ。

先月食べたもののふりかえり

自分のためだけに用意する。手抜きでいい時の食事は、カレーかそれともミートソースか。使い回しを考えると、だいたいこの二択。自家製の福神漬けが食べたかったので、カレーを選ぶ。

 

自家製なら食べられるけど市販品は口に合わなくて食べられないものは、売っていても買わない。買わないのは嫌いだからというよりもむしろその逆で、こだわりが強過ぎる。

 

新米が美味しい季節になったので、ご飯を美味しく食べられるようなメニューが並んだ先月9月。 

 

9月長月、10月神無月と以前ならスラスラと諳んじていたことも、使わなくなり目にする機会も減ると、忘れるのも早くなる。こういうのは、登場頻度が低いものから思い出せなくなるようになっている。


f:id:waltham70:20191009141545j:image

f:id:waltham70:20191009141535j:image

f:id:waltham70:20191009141553j:image

f:id:waltham70:20191009141602j:image

f:id:waltham70:20191009141606j:image

f:id:waltham70:20191009141615j:image

f:id:waltham70:20191009141831j:image

f:id:waltham70:20191009141835j:image

f:id:waltham70:20191009141820j:image

f:id:waltham70:20191009141927j:image

f:id:waltham70:20191009141923j:image

f:id:waltham70:20191009141919j:image

f:id:waltham70:20191009142020j:image

f:id:waltham70:20191009142028j:image

f:id:waltham70:20191009142014j:image

f:id:waltham70:20191009142126j:image

f:id:waltham70:20191009142117j:image

f:id:waltham70:20191009142134j:image

f:id:waltham70:20191009142230j:image

f:id:waltham70:20191009142222j:image

f:id:waltham70:20191009142215j:image

f:id:waltham70:20191009142314j:image

f:id:waltham70:20191009142322j:image

f:id:waltham70:20191009142332j:image

f:id:waltham70:20191009142424j:image

f:id:waltham70:20191009142429j:image

f:id:waltham70:20191009142436j:image




f:id:waltham70:20191009142616j:image

f:id:waltham70:20191009142625j:image

f:id:waltham70:20191009142622j:image

f:id:waltham70:20191009142606j:image

f:id:waltham70:20191009142705j:image

f:id:waltham70:20191009142721j:image

f:id:waltham70:20191009142655j:image

f:id:waltham70:20191009142714j:image

f:id:waltham70:20191009142818j:image

f:id:waltham70:20191009142841j:image

f:id:waltham70:20191009142831j:image

f:id:waltham70:20191009142837j:image

f:id:waltham70:20191009143006j:image

f:id:waltham70:20191009143000j:image

f:id:waltham70:20191009142951j:image

f:id:waltham70:20191009142956j:image

f:id:waltham70:20191009143057j:image

f:id:waltham70:20191009143106j:image

f:id:waltham70:20191009143110j:image

f:id:waltham70:20191009143101j:image

f:id:waltham70:20191009143210j:image

f:id:waltham70:20191009143216j:image

f:id:waltham70:20191009143220j:image

f:id:waltham70:20191009143231j:image

f:id:waltham70:20191009143337j:image

f:id:waltham70:20191009143343j:image

f:id:waltham70:20191009143351j:image

f:id:waltham70:20191009143329j:image

f:id:waltham70:20191009143449j:image

f:id:waltham70:20191009143443j:image

f:id:waltham70:20191009143500j:image

f:id:waltham70:20191009143435j:image

 


f:id:waltham70:20191009143611j:image

f:id:waltham70:20191009143619j:image

f:id:waltham70:20191009143600j:image

f:id:waltham70:20191009143607j:image

f:id:waltham70:20191009143736j:image

f:id:waltham70:20191009143728j:image

f:id:waltham70:20191009143743j:image

f:id:waltham70:20191009143740j:image

f:id:waltham70:20191009143934j:image

f:id:waltham70:20191009143922j:image

f:id:waltham70:20191009143928j:image

f:id:waltham70:20191009143916j:image
f:id:waltham70:20191009145410j:plain
f:id:waltham70:20191009145404j:plain
  • シーフードトマトパスタ、クレソンと油揚げのサラダ 
  • 牛肉のもやしニラ炒め、お味噌汁 
  • 蒸し鶏とアボカドの冷麺 
  • 肉野菜炒め、にんじんシリシリ、きのこのマリネ 
  • 焼き鯖、油揚げと野菜のいり煮、こんにゃく炒め、もずく酢、きのこのマリネ、煮卵 
  • 鶏肉(多分)と金時豆のトマト煮込み、トースト 
  • きのこのピラフ、トマトマリネ、鶏肉と金時豆のトマト煮込み、ソーセージ 
  • 焼き魚(多分カレイの一種)、高野豆腐としし唐の煮物、こんにゃく炒め、きゅうりの酢の物、味噌汁 
  • ピーマンそぼろ、いわしのつみれ汁 かぼちゃとピーマンのひき肉炒め、もずく酢、寄せ豆腐、味噌汁 
  • シーフードクリームパスタ、和風サラダ 
  • 鶏肉とごぼうの柳川風、かぼちゃの煮付け、きゅうりの和えもの 
  • なすのピリ辛つけ麺、きゅうりの和えもの 
  • ビーフカレー 
  • ビーフカレー 
  • ベーコンとなすの揚げ出し、山菜と糸こんにゃくの煮物、揚げ玉たぬきご飯 
  • 握り寿司 
  • ポークチャップの温泉卵添え、さつまいのソテー、大根入り和風サラダ、味噌汁 
  • ひっぱり、かぶの中華風和えもの、山菜と糸こんにゃくの煮物 
  • じゃこと水菜の和風パスタ、かぶの中華風和えもの 
  • ビーフカレーモッツァレラチーズトッピング、福神漬け 
  • 焼きチーズカレー 
  • 鮭の南蛮漬け、なすとピーマンの煮物 
  • チキンソテーのレンズ豆添え、れんこんのカレーピクルス、サラダ 
  • 豚バラと白菜煮、しめじと油揚げのピリ辛炒め 

 はっきりとレシピ名を覚えているわけではないから、毎回違うレシピ名で好き勝手に呼んでるような気がしてきた。炒め物とか和えものとか。芸のない名前に落ち着くのは、それだけ一般化して定番化してるせいかもね。

 

レシピサイトや料理の本や雑誌で見た時には、もっとちゃんとした、違う名前で出ていたような気がするもの多数。とはいうものの。そもそも「どこ」で見たのか思い出せず発掘できず、一度作ったはいいけど二度と作れないままで、ザンネーン。という経験も数知れず。

 

忘れたくないものは、手書きでノートか何かにメモするに限る。いつまでもあると思うな電子の世界のメモ帳で、ハードが使えなくなったり、サイトがお亡くなりになったりで、せっせと記録したものも失われてきた。

 

その役目に必須なものって、一体何なのさ。

 

と、突き詰めていけば最後はだいたいシンプルになる。だけど、シンプルなものではたいてい食えないから、シンプルじゃなくなっていく。食えないはずのシンプルなもので、食っているし食っていけてる。

 

その状態に持ち込むまでの苦労は決して語らず、涼しい顔をしてるとカッコよく見えて、カッコいいものを求めている人にとってのヒーローヒロインになれる。

エントランス

入り口に男女の別がなく、性差を気にしなくてもよいのは思えば偉大。

 

入り口が一緒だと、共有する情報の幅は広がり共通理解のベースもぶ厚くなる。男だけ、あるいは女だけが知っているような情報の偏差もなくなり、どちらか片方だけが知ってればよいことが減るほどに、みんなが知ってるとよいことが増える。はず。

 

例えば女性誌男性誌といった男女別の区別があると、男性ならみんな知ってるあるいは女性ならみんな知ってるような、性差に由来する情報の偏りも生まれる。

 

男性向けとなっていたら、女性には用のないものとスルーしがちで女性向けとなっていたら、男性には用のないものとしてスルーしがち。スルーしないのは、男性だけど女性心理や生態を観察する必要があるようなケースで、女性にモテるあるいはウケる必要のある接客業や商品開発にでも携わっていたら、重宝するのかも。

 

性差が明らかだから、男性向けあるいは女性向けと、入り口が別々の方がいいものは確かにある。その一方で、嗜好品としての性格が顕著で性差よりも好悪が先にくるようなものは、男性向けあるいは女性向けと、入り口を別にする意味は薄れそう。

 

なんで入り口が分かれてるのさ???と問われた時に、習慣や伝統以外の理由が見つからず、さしたる理由もないのに習慣や伝統に則って入り口を別にしてるせいで効率も悪くなりがち。というケースで効率を上げる必要があると、分かれていた入り口は一緒にされがち。

 

分かれていた入り口を、効率を上げる必要が出来たからようやく一緒にしたところで、最初から入り口が一緒で情報の偏差もなく、共通理解の幅がそもそも広い集団と比べると見劣りするのは否めない。

 

今となっては入り口を別にするほどの意味もないのにわざわざ二つに分けると、お山が二つ。お山の大将も二人必要となって、大将というお仕事の口もひとつ増える。

 

分ける必要もないのに、わざわざ分ける。そのココロはお仕事の口を増えたかのように錯覚させることにあって、パイそのものを増やすことよりもパイが増えたかのように錯覚させるテクニックが豊富で上手だと、それはそれで重宝されそう。

正史と偽史、不実と事実

物語、お話が事実に介入するとフェイクニュースになり、事実の積み重ねである歴史に物語が介入すると、偽史になる。

 

という気持ちでシェイクスピアの歴史モノを手に取ってみた。文学に目覚めたというわけでは全然なくて、この人こそ印象操作の本家にして元祖で大家で西の横綱だと思ったから。東の横綱と言えば三国志演義の作者だと思うんだけど、三国志演義の作者名は、世界史的には無名。三国志という正史がベースになっていることを思えば、面白おかしく読みやすく脚色した人の名前が後世まで伝わっていなくても、不思議でもないんだけどさ。

 

シェイクスピアは、妖精が登場するようなファンタジックなものも残しているけれど、実在する人物をテーマにしたものも多い。この人の筆加減、書きぶりによって人物像がひとり歩きし、後世の評価が不当に貶められた実在の人物もきっといる。

 

時に難解なことばも飛び出すけれど、基本的に口語体なのがシェイクスピア

 

演劇として上演されることも前提だから、場面転換も鮮やかで枝葉はばっさりカット。退屈させないよう、工夫を凝らしてる。口語体だから、学識のある人が自由に読みこなしていたラテン語などの古典からは遠く、古典から遠いから学識のない人にまで届く。学識のない人にまで届いたから、史実とは異なった人物像がひとり歩きしやすくなった。

 

という手法を踏襲すれば、現代においても印象操作は再現可能で、タチの悪いことに印象操作と作為的に編集された印象を拡散するのにもってこいのツールまで揃っている。おっかねぇ。

 

不都合な真実よりも、都合のいい紛い物を選んだ結果が、偽史の蔓延。

 

本物には手が出せないから、ウケがいいよう自在にいじくり回すと都合のいい紛い物が出来上がり、都合のいい紛い物の数が揃えば偽史の捏造もより容易になる。

 

とはいうものの。偽史も正史もそもそも語る人がいて、検証する人がいてこそのもの。物語でも事実でも、語る「人」そのものが居なくなっちゃったら、そんな素朴なことで騒いでもいられない。

 

物語も事実も、今となっては語るはAIばかりという事態にでもなっていたらどうしましょ。

 

「人」でないものが紡いだ物語を物語として受け入れるのか。あるいは事実として受け入れるのか、事実の積み重ねとしての歴史として受け入れるのかどうか。不実を記載した罪に問えるのは、どこまでか。

 

チャリンチャリンと日銭が入ってくる、貴重なお財布の価値に最初に気付くのもがめつく独占するのも、一年365日お金のことしか考えてない方。

 

お金が絡んでお金が動く局面では、事実が重視される。事実を重んじるから、例えば有価証券報告書のように、不実を記載すれば罰が待っている方を選ぶに決まってる。不実でも罪に問われない方を選ぶのは、事実よりも別の何かに重きを置いている態度かも。

 

明文化もされず、目にも見えない。

 

例えば信義のように定量化しにくいものに反した場合のペナルティは、明文化されたペナルティよりも場合によってはずっーと重い。その種の明文化もされず目にも見えないペナルティを恐ろしいと思う人は、明朗かつ合理的な方をめざす。

 

印象操作の大家にして元祖で本家みたいな、西の横綱。その名前が現在でも広く知られているのは、三国志演義に対する三国志のようにベースとした正史が同時には伝わってないからで、ベースとした正史が同時に伝わってなかったら、偽史なのに正史のような顔をして、正史のポジションにちんまりと収まっていられるのかもね。かもかも。

f:id:waltham70:20191003141410j:plain
f:id:waltham70:20191003141413j:plain
20℃もあると、紅葉はもうちょっと先。

 

自然豊かな不自然歩道

ここは歩道のはず。なのに、どうしてこんなに歩きにくいんだと文句つけてもしょうがないのは、そこが単なる歩道ではなく「自然」歩道だから。自然が勝っている場所、あるいは自然豊かな場所が、歩きやすいわけないじゃん。

 

単なる歩道ではなく、自然歩道を好んで歩く。歩きにくい道でも気にしない。わざわざ歩きにくい方を選ぶのはそもそもハンディが少ないからで、ハンディが少ないから気楽なもの。

 

気楽な気分で自然が勝っている場所を歩きながら、気楽な気分では歩いてない、歩きにくい方を行くしかない人を時にはピックアップすると、レンジャー気分も味わえる。ついでに、ハンディなき人では気付けない凸凹も、フラットにできる。

 

鍛錬やトレーニングを苦にもせず、ただレベルが上がっていくのを単純に楽しめるのはやっぱりハンディの少ない方。昨日より今日、今日より明日とただ記録にだけ向き合えるのは、煩わしいことは他にはなーんにもない状態だから。

 

煩わしいことは何にもない。ただ虚心に無心に対象と向き合うだけ。その状態に持ち込むために費やされる労力と費用が途方もないと、虚心でも無心でも対象に向き合えず、邪念が混じる。

 

単なる納涼イベントとしか思われない花火大会の中には競技大会も含まれていて、競技大会だから、最初に打ち上げられるのは採点基準で模範となる花火。模範でお手本で基準だから、控えめ。

 

控えめなお手本のあとに、競技者各々による凝りに凝った花火が次々と打ち上げられるのが、競技大会。凝りに凝った花火はひと目を惹くけれど、ひと目を惹く花火は打ち上げられてもお手本となる花火は打ち上げられなかったら、競技大会に参加し続けるのも難しくなるのかも。

 

小細工や、あるいはもっと大掛かりな細工は得意でも基礎がなかったらお手本は作れない。作れないから、技術のある人に作らせたものを自作したお手本と偽るようなことにでもなったら、そこにはもうすでに邪念が混じってる。

 

虚心や無心になって何かの対象に没頭する。その状態そのものが希少だから、希少な虚心や無心になって何かの対象に没頭した行為の希少性も増すってもの。

 

きれいね、すてきねと褒め言葉の大盤振る舞いが出るのは、無心や虚心といった希少な状態から生まれた世にも稀なものに出会った時で、ありふれたものを見た時には、言葉も続かない。

 

自然歩道は自然が豊かなだけに、その道を行く人の反応も自然。歩き慣れた人は文句も言わずにスイスイと。歩き慣れないけれど、そもそも慣れない道を選ぶ行為そのものを楽しんでる人は、さして苦でもなさげ。時には楽しげ。歩きたくないのに歩かされている人は、あからさまにイヤそう。

 

それもこれも「自然」だからで、自然歩道のはずなのに反応は一律だったら、そこはもう自然でも何でもないやね。不自然歩道とでも看板を付け替える時さ。

フェイクとオリジナル

フェイクかそれともオリジナルか。ニセモノを作る技術は日々向上しているらしく、おっかないったらありゃしない。

 

それがヒトだったら、オリジナルとコピー(あるいはクローン)を分けるのは、一緒に過去を振り返れるかどうか。細かなこともあらゆることも、もう覚えていられないような状態だったら、一緒に振り返れないのもしょうがない。

 

逆に、あらゆることを覚えているには幼な過ぎても、やっぱり一緒に振り返れなくてもしょうがない。そのどちらでもないのに、忘れようもないことを思い出せないようだったら、ちょっとアレ。

 

オリジナルは知っている。コピー(あるいはクローン)は知らない。

 

ふとした時に感じる違和感は意外と侮れず、意外と侮れないから、違和感が積もり積もると正真正銘のオリジナルであっても、オリジナルを証明することが難しくなる。

 

過去の交友関係を振り返った時、どうしようもないほど内気ではにかみ屋。というタイプは、どう考えても思いつかない。類は友を呼ぶ側面もあるけれど、それよりも圧倒的に数の問題の方が大きい。「我を張る」ことにためらないも後ろめたさも感じないタイプが、もしかしたら日本の有史上もっとも多く生息してる。そういう年代だから。

 

だから一見すると御しやすそうで、事実些末なことに対してはこだわらないけれど、どうしても譲れない点に関してだけは、がんとして譲らない。そういうタイプが、どの年代を通じても最も多く生息してるような気がしてしょうがない。

 

個人に対するプレッシャーがさして強くもなく、セーフティネットが盤石であったらきっと、がんとして譲れないものに対しては我を張り通すような気質は生まれないし育たない。

 

共通点といえば「我を張る」、どうしても譲れない点に関してだけは、がんとして譲らないという一点しかなく、バックグラウンドはさまざま。住んでいるところや職業、性格その他はバラバラであっても、基本的に「我を張る」ことにかけては突出している。

 

そんな各地に散らばった特異点が、申し合わせた気配もまったくなく個人の自由意思としか思えないのに、示し合わせたように絶対に何があっても譲らないと各々が我を張り通す。そんな事態がもしあったとすれば、譲れないと彼ら特異点が我を張り通す先には一体何があるのかと、謎にも思うってもの。

 

ものすごく気持ち悪いことはサラッとしかアナウンスされず、どうでもいいじゃんと思われがちなことばかり盛大にアナウンスされる。そんな時は、どう考えてもものすごく気持ち悪いことに対する目くらましなのかも。

 

ものすごく気持ち悪いんだけど、どう考えても既視感がある。局地や局所でのことじゃないということは、全体を俯瞰してる人の方がきっと、先に気付いてる。