クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

油断ならねぇ

一年でもっとも日の長い季節。日の出は午前4時頃で日没は19時20分頃。日が長いようで、実は無駄に朝の時間が長い。騒音になるから、あんまり早朝から張り切って動き回るわけにもいかず。

 

思えばサマータイムは、無為に過ごすしかない朝の時間を有効活用する、冴えたアイデアだった。1時間ずらせば、日の出は午前5時で日没は20時半頃になる。午前5時から20時半頃まで明るく活動的に過ごせるとなると、得した気分のついでに財布の紐もゆるみそう。

 

買い物に飲食にスポーツに。朝からハードに動き回ると疲れるし、買い物や飲食は早朝からというわけにはいかない。いわゆるアフターファイブ、ひと仕事終えた後もまだたっぷり時間があるかと思うと、気持ちのもちようも変わってくる。

 

どうせ冬は雪のせいで外出さえままならないこともあるんだから、メリハリ利かせて夏の間の活動時間をめいっぱい増やしたい。気候はとことん違うのに、リトルトーキョー化が進むばっかりだと地域の事情は考慮されず、反映もされなくなる。

 

東京から北の国へ。集団左遷でもされた集団がもしあれば、リトルトーキョー化が進んで地域の事情を無視できるようになるのは、むしろ福音かもしれないけどさ。

 

思えば遠くへ来たもんだと実感する、環境的要因あるいは障壁が少なくなるほどに、待っているのは郊外化。東京を筆頭に都市ではよく見掛けるお店ばかりになって、東京の郊外に住むのと大差なくなれば、東京の郊外と郊外化の進むリトルトーキョーな地方都市と。どちらの方がブランド力は上か、ブランド好きな人なら考え始める。

 

東京ではよく見掛けるお店ばかりになると、企業の論理が地域にも波及する。はるばる観光地まで出掛けたのに、大都市でよく見掛けるお店が目立つ場所にあるとガッカリする。だけどその反面、地域社会のエゴに対する防波堤でもあるから、防波堤があるから安心して観光客がのんきに観光できる。

 

大企業であればカモフラージュあるいはステルス化して、名前は出さずに観光地で何らかの商売をすることも可能なのに、あえて名前を出しているならその地域には不文律が根強く存在しているのかもと勝手に邪推する観光地育ち。

 

観光客を筆頭に、居心地の悪い思いをしているあるいはさせられる可能性がある場所では、大企業の威光をチラつかせてどなたかさんかを牽制するのは、ある意味では理に適ってる。

 

札束でぶん殴られでもしない限り反省も懲りもせず、場所を変えつつ同じ悪さをしでかすような人種が住みやすいのは、人の出入りが激しい観光地。だったりする。今度は悪さできないだろうと島流しにした場所であっても、懲りもせずに観光地化して同じことを繰り返そうとするから、油断ならねぇ。

 

地域のエゴがほどほどに中和される程度には、企業の論理が幅を利かせている方がいいと思ってる。

ギルティフリー

大地の怒りかな?と思うくらい、ピカピカゴロゴロする雷で目が覚めた朝。雨も激しく降っていた。まとまった雨、最近降ってなかったから、植物にとってはむしろ恵みの雨かも。

 

ここ数日のまとまった雨のおかげで、乾き気味の大地も少しは潤ったに違いない。スコールのようなにわか雨にも襲われたけど、穏やかではない気候は都市化の代償。局所的に都市化が進むと、局所的に気候も乱れて乱高下が激しくなる。

 

大雪やブリザードに見舞われる一方で、台風や猛暑にも襲われてと暑さと寒さの二極化が進むと、まずは身体が辛くなりそう。暖房のことだけ考えていればよかったのに、夏場はエアコン必須となるとQOLはダダ下がり。

 

そもそも窓を開けず、風を通さない生活が前提ならどってことないんだけどさ。冷房が必要なほどの暑さは一週間か十日ほど。という北国ならではの暮らしは、変わらない方がいい。

f:id:waltham70:20190622154605j:plain

原種に近いバラは、荒野育ち。

夏なのに涼しいあるいは夏であっても時に肌寒く、湿気が少ないという特長は、はるばる北の国にやって来たことを実感させてくれる。涼しい湿気が少ないといった快適さと結びついてなくても、身体的不調やあるいは失調を伴うと、旅に出たあるいは遠くへ来たことを実感しやすくなる。

 

例えば白夜。

 

いちどは体験したいと思っていた白夜は、いちど経験したら懲り懲りするほど身体に堪えた。真夜中であっても薄ら明るく、いつまでも待っても闇が訪れないと、体内時計が狂いまくる。狂いまくった結果、横になっても寝た実感に乏しく、真夜中近くまで明るいからいつまでたってもリラックスした気持ちにはなれず、無駄に元気で消耗した。

 

そもそも白夜、明けない夜が何日も続くことが前提の暮らしだと、身体もいつの間にか慣れ親しんで特に辛くもなんともないんだろうけど、一時的に体験するだけだと慣れる暇もない。慣れる暇もないから辛かったけど、今ではいい思い出。

 

身体的に不調や失調を覚えるほど、日常とはかけ離れた場所に行ったんだと思えばどっちかっていうとお得な気分だから。高山病になるような高峰に登る、あるいは激しい船酔いに幾日も襲われるという経験と、似たようなものかも。

 

山や海では行動が制限されるけど、大地を踏みしめてどこでも歩き放題出掛け放題(実際は言葉の壁や治安の問題があるから、どこでもではないけど)だったら、身体的不調や失調はむしろ遠くまで来たご褒美のようなもの。

 

なんでそんなところまで。。という荒野を旅するのが好きな人は、身体的不調や失調という経験を求めにむしろ荒野を旅するのかも。日常が快適過ぎて出来ることも多過ぎると、感覚はむしろ鈍くなっていきそう。だから切れなくなった包丁を研ぎにいくように、感覚を研ぎ澄ますためにわざわざ荒野に分け入り感覚を鍛え直すのかも。

 

厳しい訓練は、だれた感覚を研ぎ澄ますためのもの。

 

という思惑込みで例えば高峰をめざしている人の頭上をヘリや小型飛行機が行き、頂上まであと何百メートルという場所に降下して登頂成功!と、どこまでも快適な日常を捨てずに何らかの制覇をめざす人と、身体的不調や失調を伴った経験込みでの制覇をめざす人では、見てる世界も制覇したあとに見える世界も違うから、どこまでいっても食い違いそう。

 

手つかずの大自然は魅力的なんだけど、快適な日常の延長で手つかずの自然に乗り込みたい派と、身体的不調や失調込みで手つかずの自然に赴きたい派と、どこまでいっても食い違いそうだから、ルートを分けて無駄な諍いは起こらないようにするのが現実解。

待たずに済む

ポッポーとなかよく並んで鳴いていた、二羽の鳩。仲いいじゃんと思ったのも一瞬で、一羽がおもむろにもう一羽の上に鳩だけど馬乗りになって踏みつぶし、鏡餅のようになっていた。それもコミュニケーションの一環か、それとも「うちの方が上や」という示威行為か。

 

芋洗いの伝播のように、気づけばあっちでもこっちでも“鏡餅状になった鳩のペア”が目撃されるようになると面白いけど、そうなった暁には動物学者の意見も聞いてみたいところ。

 

どうするアイフルというテレビコマーシャルがふた昔前ぐらい、バブルはとっくに弾けてた頃にありまして。

 

“みんな”で遊びに行ったところにひとりだけカッコ悪い恰好で登場し「どうするアイフル」でそんな時はキャッシングでお金借りれば、“みんな”と同じステキな格好になれるよ!と、消費を奨励してた。同調圧力が強く、消費意欲も高い若年層を想定したもので、アコギやな。。と思ってみてた。

 

今ある各種のサブスクリプションサービス、例えば服やバッグを定額かつ低額で借り放題というサービスやフリマアプリは、上手に使えば同調圧力から過剰消費に走りがちな層を守る一面もある。

 

みんながカッコいい服を着ているなか、ひとりだけ場違いで浮いていてもヘーキな強心臓だったらいいんだけどさ。カッコいい服を着た“みんな“に合わせたいがために、無理して背伸びして身を持ち崩すようだったらしょうもない。

 

消費性向が強くて同調圧力に弱くて見栄っ張りだと身を持ち崩しやすく、身を持ち崩さなくても済むサービス主に若年層向けが増えたのは、それだけ若年層に身を持ち崩されては困るからとも言える。

 

生産年齢人口は減るばっかりなのに、若くて体力もある若年層が、身を持ち崩した人を主に食い物にしてきた業界や業種に取り込まれたら損失。だから、損を出さないような環境を考えたら生まれてきたサービス。とも言えるかも。

 

消費性向が強くて同調圧力に弱くて見栄っ張りでも、身を持ち崩さなくても済むサービスはできたけど、節約できた可処分所得、余ったお金がどこに消えているのかが知りたいところ。

 

サブスクリプションと言い換えると今どきで、定期購入サービスは昔からある。

 

今までの定期購入といえば、お米や飲料あるいはサプリメントと、使う人にとっての必需品が主だった。

 

一定数揃えば満足するはずの服やバッグにアクセサリーを、必需品として買い続ける人が余った可処分所得を使って一体何をして何を好むのか。というサンプルが多数揃ったところに、今度はお金増やしましょうと金融商品を薦めてみたらどれくらい食いつきがいいのか。大がかりな実験を始める人は、最初からその答えを知ってるような気がしてならない。

 

消費性向が強くて同調圧力に弱くて見栄っ張りな人は、節約して余ったお金は投資に回してお金を増やそうとするのが多数の姿。だったら、消費性向が強くて同調圧力に弱くて見栄っ張りな人たちから集めた多数のお金を、その種の人たちが決してお金出さない分野に再分配すると凸凹もより簡単にフラットにできそう。

 

それに、消費性向は弱く同調圧力には決して与せず見栄っ張りでもない変人かつ超人の誕生を待つよりよっぽど話が早そう。

喧嘩は安上がり

世界でもっとも高価なものは、世界平和。

 

小競り合いも含めれば紛争のない日を見つける方が難しく、“みんななかよく”を実践かつ実装するのに必要なコストに比べれば、喧嘩する方がはるかに安上がり。喧嘩する方がはるかに安上がりだから、“金持ち喧嘩せず”なのがよくわかる。

 

希少なものの方が価値は高く、付加価値の高いものの方が、お金持ち好みだから。

f:id:waltham70:20190618154049j:plain
f:id:waltham70:20190618154045j:plain
大通公園のバラは、すでに満開。

お金持ちの人が“みんななかよく”、意見の違いはあってもそれはそれとして、喧嘩しても後腐れのない場を用意できるのは、お金持ちだからできること。お金持ちじゃない人にはそんな場は用意できないから、いつまでたっても小競り合いを繰り返す。喧嘩は安上がりで、コストをかけずに楽しめる娯楽だから。

 

娯楽に実利が絡むと、より前のめり。競馬を筆頭に闘犬や闘鶏と“競う姿を見て楽しむ”ことで観客をヒートアップさせ、ちゃりんちゃりんと誰のフトコロが潤うのかといえば、結局は胴元。ギャンブルでもっともフトコロが潤うのは胴元で、胴元を儲けさせるために観客をヒートアップへと誘うのは、胴元の忠実な手下でしもべ。

 

見た目は胴元とはかけ離れた人種であっても、競争を加速させる人は胴元に連なる人。

 

お金持ちはつき合う相手を厳選しがちだから、自分達とはかけ離れた人種が自分たちに連なるとは思われたくないから、喧嘩をけしかけるような人よりも“みんななかよく“を実践しているような人を選ぶと思う。

 

コストも安く娯楽も兼ねていると、娯楽としての小競り合いを普及、プロデュースするとプチ胴元になれてメシの種となる。メシの種、それはつまり小競り合いの種をより多く抱えていることと一緒で、その種のトラブルメーカーがトラブルを繰り返しつつ胴元として肥え太っていくさまは、決してお子様には真似して欲しくない姿。

 

真似して欲しくない姿よりも、真似して欲しい姿の普及につとめるのが、大人。

 

トラブルメーカーがトラブルを繰り返しつつ胴元として肥え太ってお金持ちになっても、今度はその来歴ゆえに、お金では買えないものや手に入らないものが増えていく。普通にお金出しても買えず取引もできないとなると、例えば目を付けた会社を丸ごと買収して手に入れるように、最終的には高コスト体質になっていく。

 

高コスト体質あるいは高コスト生活は、誰もが真似できて続けられるものじゃないから難易度が高く、やっぱりお子様を筆頭に真似する人は増えない方がいい姿。

 

高コスト体質や高コスト生活をいっちゃん簡単にハックする方法は、誰かを身代わりに立てて手下のように使うことで、安くあるいは適正価格で手に入れること。それもやっぱり、真似する人は増えない方がいい姿。

 

何を言ったかより誰が言ったかで、“誰が”に比重が傾きつつあるのに、身代わりを立てたらそもそも誰が言ってるのかも、わからなくなる。そんな状態になったら、誰が何を言っても信用できなくなる。

 

誰が何を言っても信用できない状態は、万人の万人に対する闘争状態により近づいて、“みんななかよく”を実装して実践したいお金持ちがどれほど大金注ぎ込んでも、ただ吸い込まれていくだけ。

 

逆に言えば、大金を毟り取りたかったら万人の万人に対する闘争状態にすればいいわけで、ブラックホールに大金毟られたくなかったら、売られた喧嘩でも買わずにスルーが正義。ついでに、高コスト体質にもならずに済む。

 

売られた喧嘩であっても買わずにスルーでお金持ちになって、身を持ち崩さなかった人はくどくどしく言葉をつらねるよりも、態度で示してそう。

 

夏至が近いだけあって、19時を過ぎてもまだ外は明るくて時間の感覚が狂う。一年でもっとも昼の時間が長い季節。天気がいいと、有難みもマシマシなんだけどさ。

人のココロ喰い

かなたに一ヶ月超の長期コースがあり、こなたに一日で通過できる最短コースがあり、オールインクルーシブでかかるコストすべてを比較したらトントン。だったら、一見高額に見えても一日で済む最短コースを選ぶ方が合理的で、合理的な“出口“を独占できたら丸儲け。

 

本当は安価だった長期コースのコストを引き上げ費用面での優位性を潰せば、長期コースは存在意義を失くす。

 

多様性を否定し、ひとつになりたがるのは利益や利権を独占したいからで、独占は儲かることを肌感覚で知った人は、手にした美味しい果実を決して手放さない。破滅するまで。

 

独占する側に身を置いて、利益や利権を手中にしてる間は余裕があるからその言動も穏やか。言動、特に発信することばが暴力性を帯びるようになってきたら、余裕が削られ魂まで食われ始めた兆し。

 

とはいえ余裕はないから、ことばの暴力の矛先は決して強者には向かわず、目に付いた弱者、多少ことばの暴力でもてあそんだところで反撃しようもない相手を狙う。誰でもよかったと言いつつ通り魔が、ムキムキで筋肉隆々の見るからに強そうな人を狙うことは決してないのと一緒。

 

多少ことばの暴力でもてあそんだところで、反撃のしようもない相手筆頭といえばその辺のフツーの人で私人。何らかの権力を持った相手をことばの暴力でもてあそんだら、ペナルティが課せられる危険があるけれど、私人なら無問題。

 

鬼が大暴れするように暴力性のあることばが大暴れしたら、瞬間風速的な注目はとりあえず期待できるけれど、瞬間風速だから持続はしない。持続しないのに、注目を集めることがタスクでお仕事だったら、そのことばはより過激になっていく。

 

より過激に陰湿に。たまたま目に付いたその辺のフツーの人に無意味にことばの暴力を浴びせるよりも、誰もが知る有名人に語ってもらった穏やかなことばの方が、聞き入る人は多いと思うんだけど。

 

より過激に陰湿に、その辺のフツーの人にことばの暴力を浴びせ続け、浴びせ続けた相手がキレて応戦してきたら、鬼一匹が大暴れするより注目度は上がり、プロレスになったら喧嘩両成敗で、売られた喧嘩を買った方がバカを見る。

そもそも大物とのパイプもコネもないから、いつまでたっても“いじっても反撃できなさそうな相手“を選び、延々とことばの暴力を浴びせて注目を集める手法に頼ることになる。飽きられていても。

 

大物と何らかのコネクションがあれば、その辺の私人のココロを食ったりしない。

 

ことばの暴力をふるえる立場にある人が、誰もが知る有名校出身で有名企業在籍者なら、ツテのツテで大物につながることもあるけれど、その種の知己がひとりもいなかったら、相手にするのも餌食にするのもその辺の人。

 

持ち上げて落とす。きれいねステキねと褒めそやした、その同じ口で今度は口汚く罵ってネガティブキャンペーンを行うのは、一粒で二度美味しくいただく手抜きの手口。手抜きする対象が、誰もが知る相手から限られた人しか知らんがなな人に変わったなら、誰もが知る人たちからは、もう相手にされなくなった証拠。

 

その辺のフツーの私人に、気まぐれに牙を向けて憂さ晴らしを兼ねてお金儲けしている集団がいれば嫌われても当然で、共食いだから頭悪そうにしか見えない。産めよ増やせとがんばって旗を降ったところで、対消滅狙いの誘いに乗る人が増えるばっかりだと、いつまでたっても増えやしない。

 

よさこいの衣装は文化祭や体育祭っぽくて、札幌まつりの神輿渡御の衣装はより時代がかって本格的。どうせお仕着せで着るならより本格的なものをと望む人が増えると、新興が薄っぺらに見えて、伝統への回帰も進む。

無駄に頑丈

動画配信サービスが充実というより乱立し、映画なんて見放題という現状で、“わざわざ”街中にあるシネコンに足を運ぶのは、デートだから。というケースはきっとある。

 

デート、つまりカップルで見に来るケースが多いからか、見ようとしている映画のジャンルに関わりなく、本編が始まる前にはこれでもかと恋愛映画の予告をシャワーのように浴びる羽目になる。コメディやアクション、あるいはドキュメンタリータッチの歴史ものを見に来てる人に、恋愛ものを見せてどうすんのさ逆効果も甚だしい。

f:id:waltham70:20190614163112j:plain
f:id:waltham70:20190614163109j:plain

と、動画配信サービスのレコメンドにすっかり慣れ親しんでいると、居心地悪いったらありゃしないんだけど、よく考えなくてもあれは少子化対策。子供の数が順調に増えていたら、産めよ増やせよと恋愛ものに極端に偏ることもなく、いろんなジャンルに均等に露出の機会が与えられたのにね。

 

恋愛ものを強引に推し過ぎると、知るかそんなもんと真逆に振れてアンチが増え、大恋愛か愛なき不毛の世界かの二極化に陥りがちで、競うように極端に走ると決して極端には走らないものが結局目立たなくなる。

 

目立たなくなったから、極端な人生を歩んでいる人しか、世の中には居なくなったかのように錯覚しがち。日常を描いて日常に寄り添ったもののジャンルはすっかり細り、もっとも多くいるはずのマスの人に対して届けるつもりがないと見切られたら、そりゃ見切られたマスの人はソッポ向く。

f:id:waltham70:20190614163116j:plain

見てもらいたい方は必死で、必死だからつい前のめりで一生懸命になり過ぎて、一生懸命が過ぎると過剰になり過ぎ、過剰さが鼻につくようになると見てもらえなくなる。

 

というジレンマを一切感じさせないものほど、素直に見れる。必死なんだけど必死さは表に出さないし出せないというのはなかなかにストレスが溜まりそうで、ストレス耐性のない“中の人”から先に潰れそう。

 

最後まで残るのは結局ストレス耐性のあるもので、ストレス耐性があるものはだいたいデリカシーからは遠くて無駄に頑丈で、逆に言えば繊細さからはほど遠くなる。そう考えると、どんなジャンルであっても最後までしぶとく残るのは“鬼”を描いたものになるとわかって“鬼”を究める姿勢は、最初から生き残りを真剣に考えている。

 

生き残りを真剣に考えたら鬼に行き着くけれど、大勢がいっせいに鬼めざして鬼が量産されたらせっかくの鬼も台無しで、台無しにしたかったら量産するに限る。数の勝負になったら結局は資本と資金がものを言い、ヒエラルキーが復活して秩序なき世界も遠くなる。

f:id:waltham70:20190614163104j:plain

どこよりもたくさんのポプラの綿毛が集まっていて、ここが風の吹き溜まり。

今日から札幌祭り。天気は上々で、おまつりだから土地神様がんばってる。

もうすぐ夏と言っても差し支えない

水道の蛇口をひねったら、茶色い水あるいは汚れた水が出てきたら困る。日々大勢の人が使い目にするものは、だいたい何でも水道の蛇口と一緒で茶色い水が出てくるなら、日用には向いてない。

 

彼方に不安の垂れ流しがあり、こなたに不安に効果があるという何かがワンセットになっていたら、不安の片割れは不安が大きいほどよく売れそう。無用とも思える過剰な不安の垂れ流しを目にすると、不安の片割れのプロモーションにずいぶん熱心ねぇと、なぜそんなにも不安の片割れが売りたいのかと邪推する。

 

在庫、積み上がって困ってるんだね。というのが率直な感想。

 

余人をもって代え難い地位を世襲で手に入れる人を意味なく嫌うのは、いつでも取り換え可能なポジションの人と考えるとしっくりくる。

 

いつでも取り換え可能で堕ちる恐怖と背中合わせだったら、何があっても取り換えられることもなく堕ちることもないポジションは、そりゃ羨ましかろ。羨ましいから時には口汚く攻撃し、攻撃に同調する人も大勢いるかのように装うけど、そんなの嘘。

 

嫌う人よりも、好ましく思ってる人の方が圧倒的多数で、余人をもって代え難い役目を代々世襲で受け継いできた家に新しいメンバーが加わった日には、圧倒的多数の人がめでたさに浮かれてた。寿いでいた。口汚く攻撃する人は、圧倒的多数が目撃した事実は無視したいから、ことさら口汚く負のイメージを植え付ける。

 

そのままでも立派な人たちに、立派、文句のつけようのないことをされると立つ瀬のない人たちが、その口を閉じに来る。

 

余人をもって代え難い役目を世襲で代々受け継いできた家は、捨てられないものを多数背負ってるもの。

 

下克上の地位争いで激しく争って手に入れた地位なら、前任者の影響を感じさせるものは邪魔。だから前任者の影響は極力排し、捨てられるものはポイポイ捨てて、まっさらな状態からのスタートを強調しがち。

 

捨てられないものを確実に受け継ぐには、世襲で。捨てたいものを確実に捨てるには、下克上の地位争いで臨むとだいたいうまくいく。世襲と下克上の組合せは、思い通りに断捨離を進めるにはちょうどいい。捨ててはいけないものは捨てないまま、刷新をアピールできる。

 

中島公園にお化け屋敷が出現すると、札幌まつり、北海道神宮祭ももうすぐそこ。

f:id:waltham70:20190612085714j:image

ついこの間までは、甘い香りを漂わせていたニセアカシアの花ももう散り際で、公園に目立つのは緑ばかりですっかり初夏。すっかり初夏なんだけど空気はヒンヤリで、遅れてやってきたリラ冷えっぽい。ライラックまつりの頃は、馬鹿げた暑さだったのに。