クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

軽くて速い

昨日はキツネにシカで、今日はリス。

 

都市と自然が近いと、野生動物との遭遇も頻繁になる。頻繁であっても、珍しいものは珍しい。愛らしい一瞬を逃すまいと慌ててカメラを向けても、お尻や尻尾にフォーカスした写真になりがち、シャッターチャンスは逃しがち。

 

お尻や尻尾。後姿しか捉えられなかった写真は、頭は逃してシャッターチャンスを逃したという事実を表している。

 

一瞬、あるいは瞬間を切り取った事実から出来たものが、写真。

 

あら、かわいい。あら、きれい。あら、こわい。その一瞬を切り取った写真には、言葉はいらない。見ればわかるから。

 

言葉が必要となるのは、瞬間を切り取るカメラのような文明の利器を取り上げられた時。

 

あら、きれい。これは一体どこで?と思う、例えば花いっぱいの景色の素晴らしさを写真無しで言葉だけで伝えようとすると、四苦八苦。メモ代わりにカメラを使うようになると、きっと文章力は落ちる。

 

思わずシャッターを押したくなるような、事実がまずあった。事実を伝えようにも拙い言葉では、読む人の心に刺さらない。

 

ちょっとその後どうなるのー???という、サスペンスフルな景色を言葉に置き換えて伝えようとした時。文章が短いほど事実により近く、長くなるほど虚構に近くなる。波高しだと波の高さがわからないから、高波10メートルのところを50メートルにしとこ。みたいに。

 

だから、俳句や短歌のように文字制限がある短いものは、事実ベースでベストショットに近く、フィクションでもノンフィクションでも長尺なものは虚構ベースで、映像作品により近くなる。

 

瞬間を切り取る作業に慣れてさえいれば、瞬間を切り取るツールがカメラから別のものに置き換わっても、まずはシャッターを切りたくなるような感情駆動という点ではきっと一緒。

 

思わずシャッターを切りたくなるような感情さえあれば、シャッターを切りたくなった事実を写真ではなく言葉に置き換える作業も、訓練次第ではできるようになるのかも。

 

ベストショットである必要はない。ただ数さえ揃えばいいような場合に、5文字では足りないなら7文字に。7文字では多過ぎるなら5文字に変換する術に長けていて、コミカルあるいはサスペンスフル、またはほっこりする癒し系といった場面に応じた語彙や表現のデータベースでもあれば、誰でもお手軽短文生成ジェネレーターにだって、なれるのかも。

 

なれても嬉しいかどうかは別問題として。

 

誰でもお手軽短文生成ジェネレーター量産型に、単騎で挑むと消耗するだけで、誰もがなれるわけではなくお手軽でもなく短文でもない側も量産体制で臨むと軽量級が吹っ飛んで、重量級が残ることになるのかも。かもかも。

 

”メタボ栗鼠 何をするにも どっこいしょ”で、軽力級はきっと逃げ足も速い。

平均と中央

カモメ広げる翼うえ鳩が二羽 乙女下敷き何思う

f:id:waltham70:20210403172342j:plain

5文字7文字の組合せで文章を組み立てると、それだけでもう短歌か俳句っぽくなる。季語やその他、ちゃんとしたルールに則っていなくても。“ちゃんとしたルール“は、っぽいものとそれ以外を分けるポイントでツール。

 

受益者は利益を受ける人のことで、利益の落ち着く先。利益にはわかりやすく金銭に交換可能なものと、何がどうなって一体誰の儲けになっているのか。一見しただけではわかりにくい利益がある。

 

政治もエンターテイメントも、受益者で利益の受け手は普通の人。政治は、政治的決着という単語があるくらい複雑なものだから、利益と金銭が直線で結びついたものは政治じゃない。

 

普通の人の願いを反映して政治もエンターテイメントも形となるから、受け手である普通の人が何を望むかで未来の形が決まる。数に勝る大多数の受け手ではなく、少数の発信者によって未来の形が定まるのなら、発信者由来。

 

普通を平凡と読み替えると、普通じゃないは非凡になる。

 

じゃあ平凡って何?非凡って何さ???と考えた時には平均値や中央値のデータがあるとわかりやすい。だから平均や真ん中を知るために一度数字に直し、数字をもとに具現化させて立体映像にでもすれば、平凡や非凡は誰が見てもわかりやすくなる。

 

平凡や非凡がわかりやすくなるから、データが注目されるんだと思ってる。

 

エンタメも政治も受益者は普通の人だから、政治とエンタメがコラボあるいはタッグを組むと、本来被らないはずの各々の支持者層が重なって、単独では出せなかった普通の人の支持が集まって大きな数字、データになるのかも。

 

普通の人がもっともとっつきやすいジャンルは、ブルーオーシャンレッドオーシャン。独占できるとおいしいけれど、独占に至る道のりは遠くて長い。独占できずに次々と脱落していくから、最終的に独占できるものは少数になって、仕組みやシステムそのものは専制に見える。

 

ヒト・モノ・カネ(別名、人材に物資に予算)すべてを握っていれば、バイプレーヤーの活躍する場所くらいすぐ作れそう。

 

だから主役を張れる=多数のバイプレーヤーが真ん中に置いておきたくなるということで、主役はバイプレーヤーの活躍できる場を作ってくれると同じ意味になる。

 

バイプレーヤーの活躍できる場を作るにはヒトもモノもカネも事欠くと、バイプレーヤーは今いる場所がベストポジションになる。

 

バイプレーヤーが活躍できる場を成長余力と考えると、ヒトモノカネを握っていれば、成長の余地となる余白だって作ろうと思えば作れる。お金を使って人と物を動かして空白地帯を作り、移し替えればいいだけだから。

 

4月1日は新年度の始まりで、成長余力のあるフレッシュマンが集うシーズン。次年度やそれ以降のフレッシュマンを意識してか、企業や組織のトップ自らが集団を売り込んでいる姿をあちこちで見た。

 

あれは、ヒトもモノもカネも握っているトップだったら、フレッシュマンを活躍させる余地も余白もすぐに作れるんだよとアピールしてるようにも見えて、どんなリクルート広告よりも効果のあるリクルート広告だと思った。

 

成長余地があるというメッセージは、成長意欲旺盛な人を引き寄せる。

 

普通の人の望みにもっとも興味を持つのは普通じゃない人で、普通じゃない人のメシの種は普通の人が日常使いするものだから。企業の時価総額ランキング的なものを眺めると、上位には普通の人が日常使いするモノやサービスを提供する企業がズラリと並んでいる。

 

ところが普通じゃない人は、セキュリティがネックとなって普通の人との接点が持てない。

 

だから普通の人と接点が持てる、普通の人の声やデータあるいは望みに容易にアクセスできるどこかや何かを押さえていると“普通の人が望む普通じゃない人”になりやすい。だって、平均値や中央値を知っているんだから。

 

そして普通の人が望まない普通じゃない人は、普通じゃない人の側にいる普通の人から生まれてくることになり、普通じゃない人が普通の人という壁を取り除けるうちは、直接普通の人にアクセスしにくるようになるのかも。

男の顔が必要とされるもの、なーんだ?

ブログというオールドスタイルなサービスに、今はいったいどれほどの需要があってユーザーがどれくらいいるのか。サッパリ見当もつかないけれど。

 

今のタイトルでブログを書き始めたのが2013年だから、月日が経つのはあっという間。最近は自分が書いたもののなかに、昔よく読んでいた何かの影がうっすら浮かび上がるようで、自分でもアララと思っている。

 

食べたものから自分の身体が出来上がるように、見聞きするものから思考の型も決まっていく。そんな感じ。

 

いろいろ書いてきた中でも、今でも気に入っているのは『戦争は女の顔をしていない』について書いたエントリー。『戦争は女の顔をしていない』というタイトルは、つくづく秀逸で意味深。

 

マーサ・スチュワート的なものを好むのは女性で、だから戦争は女の顔をしていない。女性的なもの向きではないと考えることもできるから。

 

じゃあ女性的なものって一体何さと考えると、無用な流血も残酷なものも嫌うし厭う。不衛生な環境も、道なき道を行くような過酷さもイヤ。身を飾り立てる、身綺麗でいる、美食に代表される余裕の産物を好んで、軽やか。

 

あたりに落ち着くんだけど、そんなの今となっては性差を問わず、先進国に生まれ育ったものすべてにあてはまる。

 

とはいえ流血沙汰にも残酷なことにも、不衛生で過酷な環境にも耐性があって強いと戦争に向いているということになり、その種の資質が備わっているものが性差を問わずに集うのが、かつての戦場。

 

戦地に向いている人材を性差問わずに集めた時、もっとも出世するのは流血にも残酷さにも、不衛生で過酷な環境にも強い人材かというと、現代ではきっと違う。鉄砲玉や汚れ役といった、損な役回りが回って来るばかりで、どっちかっていうと出世とは縁遠そう。

 

適材適所で人員を配置して活用できて、地の利や時の運を読むこともできて人員の補充にも苦労せず、人望あるプロデューサー型だとより出世しやすそう。と、勝手に思っているけれど。営利企業で出世しそうな人物像とも重なって、マネジメントという点ではどんな組織であっても大差はないのかも。

 

性差を問わず、一緒に働けたら生き延びる確率も上がって、得をする。そういう評価を確立した人物に率いられると、戦意も高くなって成果も上がりそう。

 

ジュブナイル育ちとしては、脊髄反射軍産複合体には悪のイメージを抱きがち。だけど見方を変えると、産業と結びついていれば戦場に立てなくなったとしても第二第三の人生が用意されていると読み替えることもできて、マイナスイメージが払拭される。玉砕とは真逆。軍産複合体を、褒めてるわけでは全然ないんだけど。

 

特殊な技能を持っているから、再就職にも困らない。あるいは有利なことが誰の目にも明らかになった時、ねたみそねみが盛り上がって実像、あるいは産業としての姿が正しく評価されず、人材の獲得にも苦労する羽目に逆説的に陥るのかも。

 

実際のところ、苦労なんて全然まったくしてなかった。パートナーにも困らず経済的余裕にいつも恵まれているのなら、その職業は余裕で食っていけてどっちかっていうと高嶺の花の類。

 

再就職先に困らない業界に、優秀な人材が集まってくる。そこに性差はない。

 

もしも、特定の職業や産業に片方の性、女性ばっかり男性ばっかりという性差の偏りが著しく目立つ時は、例えば再就職先に困らないといったおいしい職場だから、既得権益化して偏ってくる。別の性を排除しようとする阿吽の呼吸でも働いて、そうなるんだと個人的には考える。

 

組織内がどの方向を向いていようと、勝手といえば勝手。

 

とはいえ、右を向いても左を向いても、結局営利やあるいはどんなカタチをしていようと報酬(あるいは給料や支払い)からは逃れられず、逃れられないからどんな組織も結局は営利に習うか反面教師としつつ存在していて、早くから自覚的だと有利で自覚が遅いと不利。ただそれだけ。

ランドマーク

昼間はそれほど目立たない京都タワーは、夜になるとライトアップされて白く輝く。

 

京都タワーが見える距離まで戻ってくると、あぁ京都に来たなという実感も湧いてきたものだった。

 

昼よりも夜の方がその気持ちは強く、誰もいない真っ暗な部屋に戻ってきた時よりも、明かりが灯り、人の気配がする部屋に戻ってきた時の方が、ただいまという気持ちがより強くなるのと似てる。

 

昼間はさほど目立たない。夜になるとライトアップされるランドマークといえば、今は各地にあるけれど。

 

例えば札幌ならテレビ塔で、すすきののニッカの看板で、人によっては大倉山のジャンプ台でノルベサの観覧車。人は入れ替わっても、ランドマークとなる建物は、早々入れ替わったりしない。

 

今となってはエッフェル塔なしのパリなんて考えもつかないけど、パリにエッフェル塔が出来た時は、悪評も相当なものだったとか。

 

新しいものは、古いものから大体嫌われる。“ホームタウンのランドマーク”の新旧交代ともなればなおさらで、定番が変わる時は古くからの贔屓筋ほど喧しく、定番が入れ替わった後は、新しい贔屓筋が古いものを嫌う。

 

次々と人がやって来て、去っていく。都市はそういうもの。

 

都市が大きくなるほどに流動性も高くなり、流動性の高い都市では都市の顔となる人物も次々と入れ替わる。

 

誰が、いつ、どうしてそんなものを建てようと思ったのか。理由さえわからなくなっても、それはそこにある。人の一生よりも長生きな建物がそこにあると、都市の顔も人ではなく建物となって、ただいまと言いたくなる人がいなくなった後でも、帰ってきたという気持ちも長持ちする。

 

周囲の景色にそぐわないランドマークが出現すると、たいていは悪評ばかりが強くなるけれど。誰もいないように見える、暗闇ばかりが目立つような場所では明かりが灯るランドマークは貴重で、明かりが灯ると人の気配もより濃厚。

 

24時間ピカピカじゃなくても都市は大体いつでも明るく、大都市ほど明るい。明るい場所めざして人が押し寄せてくるなら、明かりに飢えている人が多いということで、足りない場所に明かりをともせば人の波もやがて収まる。

 

簡単に壊れないランドマークはいつでも明るく、どうせ作るなら壊せないように作っておくと、ランドマークの周囲はいつまでも明るいまま。ランドマークのための習作から、徐々に明かりが消えていったとしても。

 

ランドマークが複数ある都市は、ランドマークの数だけ多様性を反映していて、一見複数に見えるけど実は出所は同じランドマークしかランドマークになれない都市は、結局のところ多様性なんて認めたくないところ。

 

だからランドマークに明かりを灯し続けるために、次々と新しいランドマークを作り続けることになる。

お金で買えるのは演技

感情はお金では買えないから、買えるのは演技。

 

喜んだ「ふり」、怒った「ふり」なら買えるし、金銭にだって交換可能で、その辺りでは売ってるものでもない、買いにくいものだから職業として成り立っている。

 

どこでも買えるようになると希少さは薄れて買い叩かれるだけになり、最後は価格が決め手となって価格競争に巻き込まれ、体力が奪われていく。その名に価値があれば、また別だけど。

 

ネームバリューを裏付けするのは何らかの権威で、権威が権威として敬意を払われるのは、権威が揺らがない場合に限る。

 

いいねやライクは、やりようによってはお金で買える。すでにそう知ってしまったあとでは、“みんなの意見は案外正しい”は真ではないから、お金では買えない権威の価値が上がる。

 

だけど権威だって同じようにお金で買えるとわかってしまうと、ハードルの低い認証機関という、便利なツールとして使われるだけ。その時売り買いされているのは単なる演技で、ふりの売り買いが行われているだけ。

 

権威の感情までは、お金では買えない。と、周知されていて、なおかつ権威が褒めたりけなしたりといった感情を露わにした時だけ鶴のひと声で大きなお金が動くと、権威が権威として機能し、ハードルの低い便利な認証機関ツールの対価として溜め込んだ資金の行き先が決まる。

 

感情はお金では買えず、売り物にはならない。売り物にするには、何といっても供給が不安定という欠点が大き過ぎるから、売り物にするなら演技。

 

売り物にならない感情は、当たるも八卦、当たらぬも八卦のバクチとなって、娯楽やエンターテイメントのネタとなる。狙った目を出すことのできない神様(別名何かの権威)は、サイコロを振るわけにはいかず、サイコロを振って遊ぶヨユーのない神様となって、鶴のひと声が出る確率を上げに行く。

 

褒めたりけなしたりといった、感情という本来売りづらくて扱いにくい商材に価値が付くのは、過剰な演技にみんながうーんざりしてる時。

 

上手な演技ができる人を探しにいくのと、演技なんてできない人を探しにいくのでは、意味がまったく違う。

 

うれしい・楽しい・だいすきの超短文でワンセンテンスだったら、演技なんて必要ない。その反対に、単にうれしい・楽しい・だいすきといった、本来超短文で済む感情の表出に万言(例えば、千文字とか一万文字)を費やされてことばが増えるほどに、演技か素なのかわからなくなる。

 

感情表出のとあるパターンが、NGの演技例としてルールブックに採用されて流布するようになると、自然な感情の発露とは見なされず、稚拙な演技としてNG判定されてしまう。

 

だから、ルールブックに慣れ親しんだ側の土俵に、ルールブックなんてそもそも存在しない側が無防備かつノーガードで寄っていくとNG判定が続出するだけで、演技もへったくれもない大根集団が出来上がる。

 

その場に、ルールブックは存在するのか否か。あるならどのバージョンと、その場にふさわしい振る舞いを瞬時に見抜いて変幻自在に振舞いを変える。そこまでできるほど場数を踏んでいると、無敵になれる。なれても嬉しいとは限らないけど。

 

同化は生産や製造につながり、演技は消費につながる。

 

生産や製造の一端を担わないかぎり完全な同化はありえず、最新のルールブックに親しむこともない。

 

生産に携わってこなかったものと生産を担ってきたもの。立場が逆転した時から、とある産業における生産と消費の立場も完全に入れ替わる。

 

感情に訴えても売れない時は、理屈で売ればいいだけ。

 

正直、ホニャララには劣るけれど、かくかくしかじかの理由があるので買ってください。それが結局、現状維持に役立ち、“あなた”の暮らしを劣化させないためにも必要で、場合によっては余力が生まれ、今よりもよい暮らしになる可能性もあります。

 

という判断を、いつでもどこでも誰もがしているわけではないけれど。

 

何とか贔屓と言われる現象が目につくようになるのは、そういうことかもしれない。鶴のひと声が出る確率を構造的に上げに行くのなら、サイコロ振って遊ぶヨユーのない神様しかいないってことだから。

ラフィットやムートン以前

出自は非主流どころか、はっきりいって傍流。

 

傍流で非主流だから名誉からは遠く、稼ぐしかなかったから財を築いた。今となっては名家で名門の仲間入りを果たした一族が、どのようにして築いた財を子孫に繋いでいったのか。

 

今となっては、「成り上がり」なんて到底思えない。祖業である金融業よりも、ワインの銘柄としてより著名かもしれない一族の歴史は、金融技術の進歩と進歩した金融技術の有効活用、そして築いた財の使い方指南でもあって、ケーススタディ歴史上のセレブ版。

 

著名だから、とおってもお高そうなラフィットにムートン。

 

グラスを傾ける人が、とおってもお高そうな赤ワインの作り手についても詳しくて、富豪へと駒を進めた時代背景とともに軽―く持てる知識をチラッとひけらかしていると、グラスを傾けるその人の株も上がりそう。

 

複雑な国際関係も複雑な人間関係も、一点突破で何者かにフォーカスするとよりわかりやすい。

 

ツケ払いは、ツケを受け取ってくれる人がいるからツケ払いにできる。先日付で振り出される小切手も手形も、いってみればツケ払いの亜種。ニコニコ現金払いだけで回る世界は小さくて、そもそも小さな世界でツケ払いが横行するとロシアンルーレットになって、ただでさえ小さな世界がもっと小さくなる。

 

金融技術の進歩は、シュリンクしがちな小さな世界を大きくする。

 

ロスチャイルド家の始祖マイヤー・アムシェルは、フランクフルトのユダヤ人街からそのキャリアをスタートさせる。イギリスで振り出された小切手の割引という、国際金融というにはあまりにも地味~なお仕事からのスタート。

 

地味~なお仕事ながら、なぜ振り出しがイギリスなのかにビジネスを飛躍させるヒントがあり、チャンスを逃さず金融業者として発展していく。

 

時代は、フランス革命が起こり(ということは、アメリカ独立戦争も影響する)ヴィクトリア女王やナポレオンが登場し、ビスマルクドイツ帝国まで登場する、どこを切り取っても絵になりそうな、役者の揃った動乱期。

 

動乱期だから秩序が崩れて新旧が入り乱れ、傍流から成り上がったロスチャイルド家が、国家の危急を救ったりする。

 

国を救うということは、国家の上に乗っかっている、有象無象の人を救うこと。

 

かつては金融の名門として国際的に活躍した名家が、今では高級ワインとなって有象無象の人の喉を潤している。その関係性は、救われた有象無象の人たちからかつての名門への恩返し。と、思えなくもない。

 

よきイメージは、よき関係性から生まれてくる。だから、ロスチャイルドで喚起されるかつての悪いイメージは、よき関係ではないところから生まれてきたのかも。

 

中世ヨーロッパでは、ローマ教皇位さえお金で買えたかのイメージを抱きがちで、前近代は総じてそう思われがち。

 

聖と俗がどれほどズブズブでなぁなぁになって、財力があれば高位高官の地位が買えたとしても、彼らが高位聖職者の地位に就くことはありえないことだった。

 

という現実からスタートした彼ら(の一族のうちのひとり)がやがて男爵に叙勲され、ついには皇帝の宮廷にも出入りするようになるほど、時代は変わる。階段でも山でも、上るばっかりではなくやがて下る時が来るのは間違いないんだけど。

 

動乱期は、見通しがきかない。明日にでも終わりそうにみえるから、つい利益確定を急ぎたくなって、慌てがち。慌てて利益確定に走らなくても、現実は途切れることなく続く。

 

そういう一族が、そういえば居たよね?ではなくて。今でも続いていて、壮健。始まりはどうであれ今となっては大樹で、見通しがきかない時はみな大樹に寄っていく。ブランドの価値がますます上がるのは、そういうことなんだと素直に実感できた。

 

下戸でもその名を知っている、ジャンル外にもその名が届いているから、ブランドになれる。情報量が多いと、お高くても高さが気にならない。惜しみなく情報を大盤振る舞いできるのは、すでにブランドだから。

 

学ぶことが多いと、脳内へぇボタンも活性化。チラッとひけらかされた知識のお値段、kindle版だとたったの770円で、気前がいいからきっと景気もいいに違いない。

横か縦か。

アメリカでは大統領の次に人選が難しいのは、NY市長だと何かで見たことがある。

 

NYといえばアメリカを代表する大都市で、大都市だから繫栄してる。リッチマンがいっぱい。その一方で、繫栄の対価として持たざる人も多いから、平均が見えにくい。あるいは、平均像が想像しにくい。

 

“平均が掴みにくい都市の姿”を東京に置き換えると、よりわかりやすくなる。ついでに、東京の姿が日本の典型とは言い難いように、NYの姿もアメリカの典型とは言い難いんだろう。

 

平均が掴みにくいと中間層の存在が希薄になって、極端に持てる人と持たざる人のどちらかに比重が傾いて、極端あるいは過激な主張が持て囃されやすくなる。だから、ちっとも過激ではなく極端でもない、マイルドで穏当な意見や主張が通りにくくなる。

 

マイルドで穏当な意見や主張が通りにくい都市のリーダーに、だからといって過激で極端な意見や主張を持つリーダーを選べばいいかといえばそうでもなく、だから人選で揉める。それが、繁栄する大都市のリーダーなんだと思えば納得する。

 

繁栄は、ニューカマーとその地で代を重ねたロコとの相乗効果で転がりこんでくるもの。

 

繁栄を選べばどちらかを切り捨てることはできず、ニューカマーとロコの双方の主張を過不足なく取り入れようとすると、たすき掛け人事的な采配が最適解。

 

最適解をめざさずどちらかが利益総取りをめざすと、意見や主張が先鋭化して過激になって、現実離れしていく。

 

全国の天気予報のニュースなどで東京の広域図が映し出されるたびに、高層ビルの少なさに目が留まる。

 

引いて見た時に高層ビルより目につくのは、びっしりと地面を覆いつくす高層ではない建物の方。ついでに緑も少ない。限られた面積の高度利用や効率を求めた時に、上方向にしか伸びることができなかった都市は、どう考えても非効率の塊にしか見えない。

 

限られた面積の高度利用や効率を考えた時、上方向ではなく横方向に伸びることができたエリアや物件の事業主体を考えた時、広範囲での効率を求めているのはどちらの方なのかも、なんとなく見当がつく。

 

効率を重視すると非効率の塊からは自然と離れていき、新陳代謝が進む。

 

代謝スピードを加速させたかったら、作為的に効率を落としたり上げたりして調整弁とする。その種の調整弁の扱いが上手いと、はた目には魔術でも操ってるように見えるんだろう。

 

少数の高層建築物に、効率や高度利用をおまかせしていればよかった時は、大多数が効率無視で生きられたのどかな時代。その反対に、どんなものでも多数の人がまず効率ありきで臨むような時は、全然のどかじゃない。

 

効率や高度利用を担ってきたごく少数派がリタイアして、非効率が楽しみになる前に非効率の塊を効率の塊に変えてしまうと、どこからどう見てもイヤミっぽくて盛大な嫌がらせになる。

 

盛大なイヤミや嫌がらせをしたくなるほど非効率が嫌いなんだと、盛大にアピールできる機会を最大限利用できる利用主体がわかれば、どこから由来でイヤミや嫌がらせが発生しているのかも、なんとなーくわかる。