クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

バルク

現在価値しか認めないリアリストが、過去や来歴を深掘りするのは、何かを安く買い叩きたいからに決まってるじゃん。 安く買って高く売れたら楽に儲けが出るんだけど、何でも値上がりし過ぎちゃうと、もう安く買えるものなんてどこにもない。だから安く買い叩…

あなたのお名前は?

よいイメージを持つ名前は、よいイメージにあやかろうとする人たちに勝手に使われる。 その一方で、よいイメージもあるけど悪いイメージもたんまりある、毀誉褒貶ある名前は使われにくく真似されにくい。 ナポレオンといえば、今でも19世紀に生きた人物のイ…

透明

テクニックや小技、あるいは小細工なんかまったく必要もなく美しいという意味が込められてるから、天人の衣には縫い目なんかないんだな。 どれほど好きでももう、ホールケーキを一度に平らげることは無理で、どれほど上等で美味しいお肉でも、200g以上のス…

真偽は、知らね

王様の首だって、ちょん切られちゃった時代。処刑されてもおかしくなかったのに、島流しでお茶を濁したのは、首を切るのが恐ろしかったからかも。 古い権威の象徴であるルイ16世が断頭台の露に消えることになったのは、恐怖政治のさなかでロベスペール派によ…

根が伸びる

根が伸びるって大事。 スクスクと育って蕾をつけ、花が咲くのを楽しみに待ってる観葉植物を見ると実感する。スクスク育った株は、根ものーびのびで伸び放題。一方で蕾は固く閉じたまま、一向に花を咲く気配さえ見せない方の株は、そもそも根が伸び悩んでる。…

弓が二つ並ぶと、湯気

弓が二つ並ぶと湯気を表して、湯気がお米をサンドイッチにすると、粥になる。変な字と思いながら辞書を引くと、そうなっていた。わかったようでわからない、会意文字。 日本で最も日本古来の伝統からは遠い土地であっても、七草粥は取り入れやすいし真似しや…

奥歯に衣着せる

いまだかつて誰も見たことがなかった新しいメディアで、大衆とともに育つという特異で特殊な経験をすると、普通なら見過ごしてしまうことや気付かないことにも気付いてしまうのかも。 奥歯にものの挟まったような言い方、しなくてもいいじゃない。 歯に衣着…

しわ寄せ

たまりにたまった鬱憤を晴らすかのように、突然ドカッと降った雪も一瞬で落ち着いた。 安定していると予定もサクサクと進みやすく、不安定だと予定も狂いまくり。平年より余裕があるとはいえ、今は民族大移動の真っ最中。サクサク進むにこしたことはなく、サ…

変わり身

クリスマス仕様からお正月仕様へと。変わり身が早いのも、思えば日本の伝統芸でお家芸のひとつ。 古い衣はさっさと脱ぎ棄て、新しい衣で登場する。新旧が一体化していてひとつながりだから、できる技。新しいモノがない。あるいは古いモノがないと、変わろう…

ホワイトじゃないクリスマス

ホワイトじゃないクリスマスは、北海道に来て以来初めてかも。珍しー。 地面の上は雪解けが遅いので白いけど、地面以外の道にはほぼほぼ雪がない。そういや今年は除雪車が稼働する音もあんまり聞こえてこないから、除雪車が活躍するまでもないんだろう。毎年…

クリスマスといちご

偽者が多いということは、それだけ本物になりたがる人が多いということの裏返しなのかも。 サンタさんだよーとサンタコスプレでノーリノリの大人に対して、コスプレサンタを迎える側の子供のリアクションは時に薄く、期待したほどのリアクションでは迎えてく…

暖冬

12月、それももういくつ寝るとクリスマスにお正月という時に、ヒールのある靴を履いてぽてぽて歩くとは思わなかった。 転んだらイヤ。さらに言えば転んで怪我した挙句、日常生活に不自由を感じるようになるのがイヤで、例年雪が降り始めるとヒールのある靴は…

エサのことだけ考えてられません

13日の金曜日。ジェイソンが斧持って現れそうと、咄嗟に思うか否かで年齢がバレる。 ジェイソンが現れてもおかしくないような場所で、目の前を横切って行ったのは一匹の黒猫だった。 一心不乱にお食事中のリスが、見て見て!この角度からみた私、とってもキ…

あら、その設定見たことある

24時間いつでもどこでもニコニコ愛想を振りまける人は、愛想が要求されるサービス業に一見向いてるように見える。でも実際は、愛想を振りまく時と場所をわきまえて、オンとオフをキッチリ分けられる人の方が向いていて、長続きもするんじゃないかと思う。 何…

ブラックジョークの用い方

子供のために犠牲となって伸びた行列と、子供を犠牲にして伸びた行列と。 どちらの行列が長いのかは、そのコミュニティや集団の性格を如実に表すものだけど、だからといって行列の長さだけで、どちらが利己的で利他的かはわかるものでもなし。 自身の得意分…

お先に失礼します

子供が大人びた子供になっている。という意味の文章を見掛けたのは、余裕でひと昔前。 ひと昔前と、今と。大きく違っているのは、いわゆる子供、どこからどう見ても子供であっても、年金を筆頭に社会で大きく取り上げられがちな話題を否応なしに目にする機会…

個人的にほっこり

粒度にはもうちょっとバラつきがあった方がよくて、ついでに卵の味がもっと濃厚だとより美味しく感じられて好み。スポンジケーキの話なんだけど。 気泡もなく断面がきれいに揃ったスポンジケーキが焼けると、よく出来たとそりゃ嬉しくなるもんだけどさ。それ…

在庫の山

雪が降ってる方が案外暖かくて、雪が降らないままだとただ冷え込んでいくだけのような気がしてならない今朝は、とっても寒かった。寒いんだけど、例年より雪は少ないまま。少ないから、本当なら今頃は雪の下で埋もれているはずの銀杏の実が、未だに臭い。 す…

物は考えよう

レコードがCDになってCDがストリーミングになるように、何かを楽しむ時の主要なメディアが切り替わるたびに抜け落ちるのは、ビギナー向けの情報。 ビギナー向けの情報は、相手がビギナーゆえに嘘やニセ情報を吹き込むのも簡単で、簡単だから嘘やニセ情報…

面影

単に一から十、あるいは一から百や千まで徹頭徹尾お金の話でしかないんだけど、金くさい話になったらいつでもどこでも首突っ込みにくる勢がいるから、あからさまに金くさいお話ができないようになってるもんなんだけど。 何を言ったかより誰が言ったかで、そ…

勝手に注がれる

今だってパパのことが大好きなのに!!!と、言われた瞬間にデレッとどこまでもだらしなく伸びる鼻の下に、全身に漲る謎のパワーとか。 あるいは、やっぱりオフクロの作るホニャララが一番うめぇや。。と、ボソッとつぶやかれた瞬間にシャキーン!と10歳くら…

先月食べたもののふりかえり

お金持ちのはずなのに、セコイやん。というセコさが目立つ時は、入ってくるお金以上に出ていくお金が多いからだと思ってる。 その辺で安価に出回っている、大量生産かつ大量消費向けの既製品には手が出せない理由があったら、出ていくお金は高どまり。 最先…

負担も1/4

冬は白。秋は黄色に赤で、夏は緑。そして春には色とりどりの花が咲く。 くっきりはっきり。季節の移り変わりがより顕著に感じられるのは、冬には白一色が必ず体感できる、雪が降る地域の方。雪が降って凍り付くから、被写体にだって選ばれる。 絵になる景色…

後始末も込みですか?

拘束時間は度外視して。1回あたりで1億やもっと。あるいはどう考えてもしばらく、少なくとも1年は遊んで暮らせるお金が得られるお仕事と。 1回あたりは千円ほど。あるいはもっと少額で、どう考えてもそれだけでは生計が立たないけど、拘束時間が少ないから本…

急転直下

昨日の小春日和、どこ行っちゃったの??? 急転直下で気温は急降下。雨は雪に変わり、一面の銀世界。始まったばかりのホワイトイルミネーションも、これなら映えそう。観光客もきっと大喜び。正直昨日までは、雪なんて欠片もなくて風情もなかった。ホワイト…

私的空間

重箱の隅をつつかれないように、あらかじめつつかれそうな箇所は回避して迂回してるってことは、重箱の隅をつつかれ慣れてる。突っつく側は、突っつくポイントをよくわきまえているからそこんとこは上手にボカし、フライングは別の誰かにおまかせ☆ 克服出来…

そこが底

苦労して、それもサラッと苦労というひと言にまとめられないほどの思いをしてまで作り上げたビジネスモデル。シレっと形だけ真似だけされて、形を真似ただけだから魂入れずで何やってんだか理解もされないまま、ズタボロにされて放り出されたら大抵は怒る。 …

どちらを選ぶかに個性が出る

どう考えても買った方が早くて便利で、ついでにリーズナブルでコスパよし。 その種のものをわざわざ時間を掛けて、敢えてコスパを無視してでも自分で作ってみるのは、確認作業の一環。商売としてメシの種になって量産にも成功していたら、とても個人では叶わ…

のんびり

スコーンのお供、クロテッドクリーム。単体で食べても美味しくとも何ともない、バターの出来損ないみたいな食感。なのに、スコーンに塗ってジャムと一緒に食べると、バターでもクリームでも出せない味わいがあって美味。 クイックブレッド全般に、もしかした…

ドカッときた

360度どこからみても、全方位からツッコミ入れられても文句の付けようがない型通りを習得済みだから、お手本にもなれる。 お手本となる、ほれぼれするほど美しい模範演技を披露できるような人がやる型破りだからサマにもなって、そもそも型さえ身に着いてな…