クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

プリミティブ

ストーンヘンジの周囲に集まり、ともに夏至を祝う群衆の姿は、初めて見る景色なのに既視感あり。あぁそうか、あれだ。大文字の送り火を待つ人たちの姿によく似てるんだ。どちらも、宗教的儀式というよりはもちっとプリミティブ。 日本でも夏至の日にはキャン…

不快音

フォートナム・メイソンのブレックファストティーは、125g入りで1400円だった1997年。今同じものを手に入れようとすると、価格は約1.5倍。 日本茶の新茶だと、100gで1000円前後。日常使いするには、高級ブランドだけあってやっぱりいいお値段。例えば来店…

先週食べたものの振り返り

それ、天変地異の最中にも言えんの?ということもある反面、天変地異という非常時だからこそ急浮上するものもあり。日頃から「気に食わない」と思っているものへのヘイトが一気に噴き出すのも、天変地異の特徴のひとつ。 水はある。家中の備蓄食料を食い尽く…

神様の御なり

捨てる神あれば拾う神ありは、竈でもどこでも神様を見出す、いかにも日本っぽい言い回し。ついでに、理屈ではなく感情に訴えて他者を動かすのはリーダーというより教祖っぽい。教祖様に対する信仰が深いほど、信者を動かすのもより簡単さ。 公論には、感情の…

手間を惜しむ

アメリカで大豆の消費を増やしたいなら、難易度の高い納豆よりも、テンペの普及めざした方が簡単そう。スティック状に切ってフライにして、チリソースで食べればヘルシーフライドポテトの親戚っぽい。 テンペは一部アジア系の人にとっては、そもそもお馴染み…

完治が難しい病

病膏肓に入るとか言うけれど、「正義で飯食いたい病」も完治が相当難しい病。 これは梅シロップ用の梅。 今日もどこかで誰かが、それぞれの正義を語ってる。一方的に語るツールにはこと欠かないけれど、正義を語ってメシ食うハードルは高くなるばっかり。フ…

先週食べたものの振り返り

愛の反対は無関心だから、権力に対して熱心に文句つけてる人は、結局権力好き。好きなのに振り向いてもらえないから、文句つける。みたいな。小学生みたいね。 趣味に走った一週間。出汁がジュワっと染み出る煮物が食べたい欲求を追求したかったけれど、家人…

大きな背中

今年は“伝統“が強かったYOSAKOI。 強豪チームの芸風も、伝統と革新に分かれるけれど、見ていて楽しいのはやっぱり革新に振った方。だけどYOSAKOIって何でどういうものさ?と問われた時に、説明しやすいのは伝統に振った方。 メジャーになり模倣犯も増えてア…

人形使い

女子学生が内定を辞退しても禍根を残さないのは、キャビンアテンダントだけ。という時代がかつてありまして。その頃はまだスチュワーデスと言ってたんだけどさ。 学校推薦だろうが何だろうが、キャビンアテンダントなら仕方がないと諦めてもらえたのは、多く…

アウトローキャラとアウトロー

顔がいい奴のすることはエグイと耳打ちされた時、「顔がいい奴って誰さ???」でまずフリーズ。容姿の美醜をどう判断するかには個人差があり、ハリウッドスターやスーパーモデル級でもないかぎり、みんなそこそこ。という大雑把さで生きている。 そういや36…

素材と製法

濡れた髪を乾かす時に、ドライヤーが不要になったら季節はもう夏。冷風モードを使うか、扇風機か。扇風機の出番もそうはないので、涼むというより乾かすために使ってることの方が多い。 今年は花粉症がひどかったせいで、あんまり楽しめなかったさっぽろライ…

先週食べたものの振り返り

アイスやソフトクリームといった冷菓がよく売れたに違いない、最高気温30℃越えの夏日。いきなりすぎやしませんかと、まぶし過ぎる日差しに文句もつけたくなって、紫外線が怖い。 週の始めには、これでいこうとそこはかとなく決めたはずのテーマ。振り返ると…

奇妙なままで

藤の花が満開。タイサンボクの花も同時期に満開で、季節感が狂うったらありゃしない。 愛さないものは、愛されない。愛を表明しないと、愛してないとみなされる。共感の時代ってそういうことなんでしょ。要するに、愛されてると信じるに足る、確証が欲しいん…

アレルゲン

6月に入ると花粉予報も終了し、呼吸も楽になった。さようなら、アレルゲン。 心身ともにストレスを与え続けられた人は、ストレスの原因因子に対する共感を捨て、自己保身に走る。マスクや眼鏡で花粉を防ぎ、抗アレルギー剤を服用する。原因はもとから断とう…

初心

無邪気で素朴。 何より初々しい姿に、心がなごんだコーカサス出身の人。初々しさは、さまざまに凝り固まった何かを洗い流すもので、初心に還りたいから居場所を変え続けるというのは充分にあり得る。 初心に還れなくなったら、腐りはじめ。 格付けされる方の…

先週食べたものの振り返り

二週間ほどで終わると思っていた花粉症。グズグズと鼻詰まることすでに一か月におよび、そろそろ5月も終わる。5月の方が先に終わるなんて、ほんと夢にも思わなかったわ。 起き抜けはモーニングアタックで症状が特にひどくなるから、朝食を見ると体調のよし…

シーニックバイウェイ

北海道限定の謎ワード、シーニックバイウェイ。景色のいいドライブウェイ、くらいの意味で理解してる。広義ではシーニックバイウェイのひとつに入るのかな?というルートを使って、ニセコに行って来た。 札幌からニセコに行くルートには二通りある。国道230…

ストッパー

投資移民の申請書に、「その資産は不正な手段で手に入れたものではないですね?」の一文を追加しただけで、投資移民の希望者が激減したとか。 遵法精神をかなぐり捨てたら、お金儲けはよりイージー。どうせこの国なんて捨ててやると、恩よりも恨みが大きかっ…

先週食べたものの振り返り

すでにあるものをネットに移すのは簡単で、あぁ今はネットあるいはアプリに移行したのねと変化もすんなり受け止められる。いつの間にか増えるポイントカードはアプリに移行しつつあるので、そのうち長財布は不要になりそう。 「手を洗って」「宿題はさっさと…

シンボル

戴冠宝器と書けば仰々しく意味不明な一方で、Crown Jewelsと書けば、あぁそういうことねと大体推測できる。イギリス王室で戴冠式に使われる王冠は、キンキラキンかつおもちゃみたいに大きな極彩色の宝石で彩られてた。 これは天気がよかった別の日のもの。 …

アンチええじゃないか

札幌の明日、(というよりすでに今日)の天気は雨、予想最高気温は10℃最低気温は6℃でまるで冬。 クローゼットの中を整理してわかる、冬服7割夏服3割で、圧倒的に冬服が多いのもこの気候じゃしょうがない。リネンやコットンの夏物の服、見るのは楽しいけれど…

ライラック八分咲き

午前中の気温は18℃だったはずなのに。用心のために上着を羽織ってみたけれど、外に出て三歩で脱いだ。暑くて着てられない。リラ冷えはどこに行った??? 満開に見える大通公園のライラックは、これでもまだ八分咲きなんだとか。濃い紫色のいかにもなライラ…

先週食べたものの振り返り

毎週祈ってる。 どうか、今週こそは花粉症が終わりますようにと。気温急降下でひと息つけたけど、明日はまた気温急上昇で、せっかく咲き始めたライラックの芳香もわかりゃしない。 あの二者、どうしてこんなに仲が悪いんだか。という関係性の場合、もつれに…

十和田湖から盛美園、そして青森へ

洞爺湖サミットの時は、ザ・ウィンザーホテル洞爺という超高級ホテルがあったけれど、国賓級のゲストをおもてなしするに足るホテル、札幌にあるのか???格式があるホテルはあるけどね。国賓級や超VIPしか使えないフロアとかが、あるのかもね。かもかも…

先週たべたものの振り返り

気温10℃から15℃の間が、もっともアウターに困る季節。気持ちよく晴れていても期待したほど気温は高くなく、リラ冷えと言うくらいだからライラックの花咲く頃になってもまだ寒い。今年のライラックまつりは5月16日から。 先週一週間の食生活をひとことで表…

100年の計と桜とお城、弘前に行って来た

こどもの日なのに、母の日>>>>>>>>>>こどもの日という母の日推しの布陣を見るにつけ、シルバー民主主義のかほりがホラ、そこにもあそこにも。 自然豊かな土地に暮らしていると、風情ある建物が時々無性に見たくなる。というわけで、北海道新幹線に…

桜爛漫

わっさわさと茂る桜などの木々のもとに、大勢の人が集まって飲めや歌えやと浮かれ騒ぐ日本のお花見スタイルは、世界的に見れば珍しいんだってさ。 公園や広場など、パブリックな場所での飲食(アルコール含む)を禁止してないってところがまず珍しいやね。花…

先週たべたものの振り返り

桜咲く季節は、どのルートを通ればもっともたくさんの桜が見られるか。楽しい悩みで頭をいっぱいにしながら、歩く。桜といえばソメイヨシノ派なので、今年もきれいに咲いたソメイヨシノを見届けて、満足。 これは梅。梅と桜が一緒に咲くのが、北の国の春。 …

主人公にするなら、もっと他に魅力的な人物が居そうなものを。。

4人分が標準だったレシピの分量が、2人前になったのはさていつだったか。当たり前は、いつの間にかこっそり当たり前じゃなくなってる。これが標準と大きな声で言い触らされている頃がピークで、あとは下り坂。 桜咲く。 クィスリングといえば売国奴のこと…

免疫

スギ花粉メインな花粉症の薬は、シラカバやハンノキ花粉にも効くのか?と思いつつ鼻炎の薬を飲む。眠気を伴うところが、いまいち。 ここんところばかげて暖かい日が続いたので、日当たりのいい場所では桜もチラホラ咲き始めてる。GWがきっと見頃。冬季は閉…