クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

日記

処世術

先に与えて与えて与えるのは、持ってる人のお話。 持ってる人は持ってるというだけで、意味もなく妬まれ嫌われる。妬まれず嫌われないために先に与えるのはいわば処世術で、企業の社会的貢献もその類。お金を出すべきところにはちゃんと出していても、こっち…

恩着せがましくてセコイ

セコイ人が持ってくる、お得な話はだいたいセコイ。 自分ちのリビングには置きたくないから、あなたの家のリビングに置かしてね。ついでに、使いたくなった時には借りに来るから、いつになるかわからないけどそれまでメンテナンスをお願いね。という態度はセ…

よりごのみ

尋常じゃない手段で、普通じゃない場所にたどり着いた。あるいは、普通じゃない地位を得た人の“このくらい普通でしょ“という感覚は、尋常じゃない。 ソメイヨシノはあらかた散ったあとだけど、八重桜はまだまだ咲いている。ぽってりと重そうな花は、ソメイヨ…

同じに見える

平成初頭にはじけたバブルでもっと呆れたエピソードは、証券会社をはじめとした金融関係者(おもに営業)が、料亭経営のオバサンのお告げに従って、株式市場を動かしていたというもの。 金融知識なんて皆無だったらしいオバサンによる、特定株が上がる下がる…

夢のような数字はデカデカと

晴れ渡っているわりに、空気は冷たい。今日も最高気温は15℃にも届かず、冷えっ冷え。 時々見掛ける投資用不動産の広告。売り出されているビルやマンションの写真とともに、想定利回りや、満室時の賃料収入=年収が例示されていて、高給取りだけど先の保証は…

好きなように使う

三日と言わず、最高気温が日々10℃単位で上げ下げする。変わり身の早い温度変化を表すぴったりなフレーズ、あったら便利。 キラキラネームや外国人にも発音しやすい名前が増えたおかげで、変わった名前は以前ほど目立たなくなった。親が子供に非凡な名前を与…

唯我独尊

とうてい許されないことをしでかしたあとで、許さない相手を不寛容と断じてなじるのは、結局はたったひとつのことしか言ってない。 俺・私の言うことを聞け。 それ以外に解釈しようのない、唯我独尊がおさまらない人は、たった一人しかいない王国にでも閉じ…

スクスクのびのび

暑過ぎず、寒過ぎず。人にとってちょうどいい天気は、植物にとってもちょうどいいはずと、天気がいいとイソイソと育てている植物にも日光浴させる。日当たりを好む植物も、冬季は寒さや風が気になるから外には出せない。 スクスク育てと思うから、スクスク育…

恥と権力

桜は満開で、ウグイスがホーホケキョと鳴く。あぁ調子っぱずれ。 より大きな反響を集めるのは、ネガティブなネタかポジティブなネタか。どちらがより好まれるかで、その場の性格もすっかりあからさま。 パンのみにて生きるにあらずが人間なら餌につられるの…

先月食べたものの振り返り

自分が信じてもいないことを、他人に信じてもらうのは難しい。UFO発見か?やビッグフット発見か?と、「か?」つきなものを発信することが常態化し、他人をたぶらかすことに無上の喜びを感じてるならともかく。 多分地味にそろそろ一年分は貯まったはず。あ…

札幌定点観測

平成最後の日。遷都に改元。気分を刷新するにはもってこいのイベントとはいえ、法整備が整った現代では、早々気分でできることじゃない。遷都よりも改元の方が、まだ手が付けやすかったと見るべきか。 梅と桜が一緒に咲く札幌では、梅よりも先に桜が盛りを迎…

黒山モコモコ

平成最後の土曜日で、10連休始まりの日。 札幌では気の早い桜も咲いたけどさ。基本的に春が遅い北国では、ようやく最近ツクシも見掛けたばかり。 お出掛けできない人にとって連休名物の渋滞は、いいエンタメになる。渋滞を報告する人たちは大体皆さんどこか…

平成最後の休前日

平成最後の金曜日で平成最後の休前日。前人未到のみんな一緒に10連休は、いったい何の予行演習なんだか。 江戸の敵を長崎で討つような、意外なところであるいは筋違いのことで恨みを晴らす人の狙いは当事者意識。そんなこと知らんがな。と、スルースキルを発…

二度手間を惜しまない

平成最後の木曜日で来週は令和最初の木曜日。さようならとこれからよろしくが交差し、予告されていたことでも慌ただしく感じるのは、10連休のせい。 金融機関のATMには長い列ができ、有事にはやっぱ現金を実感する。 都銀はメガバンクに集約され、システム統…

カタチのないものを根付かせる

平成最後の水曜日。ただそう言いたかっただけ。平成の終わりに向けて平成最後が連発される、ここ数日間かな。 ドイツでは“旅行のお土産”という概念は薄い、あるいはないらしい。と、テレビの旅番組で言ってただけなんで、真偽は知らね。知らないけれど、旅行…

札幌定点観測

現在の恥知らずは、5年後は流行の最先端なんだとか。 ホニャララの法則によると、そういうことらしい。だからといって、恥知らずが必ずしも流行の最先端になれるはずもなし。恥知らずが終わりの見えない行列をなしているようだと、最先端が回ってくるより先…

深窓は遠くなりけり

正義のヒーロー・ヒロインが生身の人間である限り、食べなきゃ生きていけない。正義のために働きます。ただし正義が為されたあとには、遅滞なく請求書通りの支払いもよろしく。 と、事前見積りなしで正義の執行をお願いしたらべらぼうな請求書が届き、払えな…

一方通行

お金持ちが一切登場しない、お金持ちワナビー向けコンテンツの需要が一体どのあたりにあるのか謎。 お金持ちワナビーが見たいのはお金持ちであって、お金持ちワナビーがみたいわけじゃない。アイドル好きな人はアイドルが見たいのであって、アイドルについて…

ドン引き

フォーマットもテーマも統一するのは、同工異曲なものばかりを並べるためで、違いをあぶり出すため。 そんな場所で、明らかに他の大勢とは大いに異なるものを並べる人は、インプットが他の大勢とは大いに異なり、偏向したインプットを続けてきたから、アウト…

シンボル

毎年パートナーは変わり、一緒に子育てすることもない。 仲良し夫婦を時にオシドリ夫婦と言ったりするけれど、オシドリの生態は、仲良し夫婦のイメージからはかけ離れている。一般的な仲良し夫婦のイメージとはまったく異なるかわりに、子孫繁栄のヒントが詰…

札幌定点観測

晴天に恵まれた週末は、気温も上昇。 ようやくやってきた春の日差しを求めてか、老いも若きもみなゾロゾロとお日様のもとに集ってた。 魚もゾロゾロ。 浴びれる時に、お日様の光浴びとかなきゃね。という、紫外線など気にもとめずに日光浴を優先する姿は、北…

フロンティア

虫の声に鳥のさえずりや小川のせせらぎ。世界で進行中の人口爆発後の近未来では、これらも贅沢品の一種になるかもね。 ところで自然豊かな場所は、一般的には過疎気味で人が少ない。人が少ないから、気晴らしに出掛けたくなるようなショッピングモールもステ…

胃袋

高級なものからB級なものまで。その時々で流行る食べ物に違いはあっても、グルメ番組にグルメイベントはすたれずいつでも人気。あるいは大人気。 胃袋を掴むという言い方があるけれど、日本人の胃袋掴まれ過ぎで、胃袋を掴まれると弱い国民性もあからさま。…

あれ、俺・私がやったと誇れないこと

イギリス東インド会社という私企業に支配され、有名無実化していたインドのムガール帝国が名実ともに滅んだのは、セポイの反乱がきっかけだった。 私企業が、本国イギリスの10倍以上という広大な外国を統治するには、現地人の協力が欠かせない。東インド会社…

踏み台

ほっておけばバラバラになるのが見えている、烏合の衆のリーダーは任期も長く、与えられる権力も強大。構成員が多様な集団をまとめ上げるには、強権が欠かせないから。 逆に、同質な集団をまとめ上げるには強権も強いリーダーもいらない。なんなら持ち回りで…

古代と近代

鳴くよウグイス平安京で、ホーホケキョ。 今でもそんな風に、年号を記憶するのかどうかは知らんけどさ。京都に都が開かれた、その前の飛鳥・奈良時代の都といえば奈良。途中で遷都したりもしたけれど。奈良に都があった頃やそれ以前は上代、昔々扱いで、鎌倉…

先月食べたものの振り返り

新年度の始まりがお天気だと、なんだか幸先がいい。 実は今日、新年度に撮ったものではないけどさ。 土の上をのぞいてほぼ雪は姿を消したけれど、緑萌えいずるあるいはしたたると言いたくなるような、緑でわっさわさな状態まではまだまだほど遠い。緑もなく…

大志のうつわ

税による再配分機能が衰えたら、かわりに起こるのは私的強奪でゆすりたかり。 これ買ってよ、買ってくれなかったらホニャララな。という押売りもどきもゆすりたかりの一種。ゆすりたかりにもはやりすたりがあって、特殊詐欺が今のトレンドでトレンドを仕掛け…

息抜き

とあるテーマに興味を持った時。テキストとして選ぶのは、難しいものがいいのかそれとも簡潔かつ読みやすいものの方がいいのか。 息抜きとして選ぶんだったら、簡潔かつ読みやすいものに限る。何しろ息抜きなんだから。息抜きではなかったら、より難しいもの…

それは事実ではなく気分でしょ

流されやすい人と、意思が強くて意思を貫く人と。どっちが魅力的かというと断然後者で、御しやすいのは流されやすくて意思の弱い人。 意思が弱くて流されやすい人たちをひとつの大きな集団にまとめ、はい皆さんご一緒にで「もうダメだ」とあちらこちらで同時…