クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

いつもの夏の過ごし方

嘘つきはどろぼうの始まりとはうまく言ったもので、上手な嘘には多くの人が心を動かされてたぶらかされ、大事な何かが盗まれる。大泥棒になりたかったらまずは上手に嘘がつけないと、気前のいい誰かさんの財布も締まりっぱなしで、心を盗むなんてとんでもない。

 

掲げた嘘、今はまだ現実になってないけどこれから本当にしたい、現実になって欲しい事柄が非常にささやかで現実を踏襲している場合は、嘘を真、現実にする力が自分にはないとわかっているから。

 

今はまだ誇大妄想としか思えない嘘でも大真面目に語れるのは、嘘を現実にする力を現に手にしてるかしつつあるからで、大ボラ吹きにだってヘーキでなれる。

 

ただでさえ魅力的で大衆をたぶらかす術に長けた人に大嘘を吹き込んで、たぶらかされた大衆の“民意”だからと多数を味方につけた嘘が本当になり、結局はたぶらかされた大衆かつその他大勢が泣きを見るなんてとんでもない。だからその口閉じに来る。

 

右から左へと大金がたやすく動く。

 

恐ろしいと実感するのは、本当に他愛もない何の実害があるのかわからないようなことで、大金が自在に動くのを目にした時。恐ろしいものはだいたい直視できないから、目を背けられる。

 

札幌から小樽に向かう札樽自動車道から、分岐する形で新しい高速道路ができた。終点は余市。おかげで古平・積丹といった海にも、仁木やニセコといった山方面にも出掛けやすくなった。

 

出掛けやすくなったから観光のトップシーズン入りした近頃は、週末ともなるとウニ渋滞やあるいはフルーツ狩り渋滞で、混み合っている。なかには季節柄、海水浴へと向かう車もいるのかも。早めの行動を心掛けてはいるものの、ラベンダー渋滞のようにごく早朝から渋滞ができるようになるまであともう少し。

f:id:waltham70:20190711140919j:plain

ウニも入ってる。

ラベンダー渋滞が起きるようなこと、国際観光地になって欲しいから、きっとこの道路はできた。

 

一度はラベンダーを見ないと、夏が来た気がしない。と、春の花見がわりに季節を確かめるように札幌から遠方へと出掛ける習慣が多様化すると、花の代わりにウニやお寿司またはフルーツ類。あるいはスキーやアウトドアスポーツへと好みも細分化していく。

 

目的は問わず、道路は使われるから使用料が発生する。ラベンダーのようなキラーコンテンツが、細分化した好みの中から新しく生まれれば、道路も安泰で作った甲斐もあるってもの。

 

ウニ食べるとお腹いっぱいになるから、腹ごなしに積丹岬あるいは神威岬を昇り降りするとちょうどいい運動になる。

f:id:waltham70:20190711140854j:plain
f:id:waltham70:20190711140909j:plain
巡礼者のように、神威岬へと向かう人の群れ。

その日は曇りがちの空模様だったけど海は青く、積丹ブルーがきれいだった。神威岬からの眺めは世界遺産の知床にもちょっと似て、似ているから自然がより近い。都市近郊の水辺のように、人間がぼーっと過ごせそうな場所はどこにもないのが残念なところ。

f:id:waltham70:20190711140904j:plain
f:id:waltham70:20190711140912j:plain

f:id:waltham70:20190711140901j:plain

水辺だけど海水浴場ではないから、ぼっーと波の音に耳を澄ますような無駄なスペースはどこにもない。大自然が近い場所で、無駄に大自然と触れ合うスペースがふんだんに用意されている場所は、大自然とは遠い人が発想あるいは設計するからできるものなのかも。

 

知床にちょっと似た景色のせいか、観光客が足を踏み入れるとは思えない神威岬の向こう、追分ソーランライン沿いの景色は、やっぱり知床のお隣の羅臼に似て、羅臼に似てるからちょっとさびれてた。

f:id:waltham70:20190711140851j:plain
f:id:waltham70:20190711140916j:plain

f:id:waltham70:20190711140840j:plain

さびれてるように見えるのは観光客目線だからで、現地に住む人の実感とはまた別の可能性はある。地元の人のための施設は立派で、観光に頼る必要がないから観光地化してないだけのような気もした。

f:id:waltham70:20190711140833j:plain

唯一ともいえる観光客向け施設は、駐車スペース。

余市から積丹岬、追分ソーランラインを経て山、羊蹄山をめざして倶知安あるいはニセコ経由で来た道とはまったく別のルートをたどって札幌に戻る。距離としては遠回りになるけど渋滞はないので、体感としてはより楽な自然満喫コース。

 

渋滞だらけの2時間ドライブと、渋滞知らずの2時間ドライブだったら、後者の方がいい。目にする景色も自然物ばかりで目に優しく、市街地をドライブするのとはまったく違う景色ばかりだからよりリラックスできる。

 

夏が来たと言っても夜になれば涼しく、湿気はなし。湿気がないと、不快感もあまり感じず不快指数もきっと低い。頭を使うお仕事の人は、生産性を阻害する不快なノイズは厭って嫌うはずだから、不快な場所はきっとめざさない。

f:id:waltham70:20190711140837j:plain

白いジャガイモの花が花盛りだった。