読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

2015年に見た映画の振り返り

映画

今年もあともうちょっと。今のうちに、今年映画館で見た映画の振り返りを。こういう時に、書き溜めたエントリーがあると重宝する。記録するって楽しい。

 

2015年映画館で見た映画、計24本。映画館に足を運ぶのはライブに足を運ぶようなもの。DVD化もされずに、「これっきり」になりそうな作品を優先的に見てる。大作や話題作は必ずDVD化されて、動画配信サービスでも見れるから後回し。

 

見たなかから強いてランキングすれば

  1. 『パレードへようこそ』
  2. 『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』
  3. 『女神は二度微笑む』

次点、『インサイド・ヘッド』か。『インサイド・ヘッド』は、上映中に20回以上はよくできてるなーと感心した。ストーリー性では他に譲るけど、完成度の高さではピカイチだった。

 

1本目『トラッシュ!-この街が輝く日までー』

イギリス・ブラジル合作、スティーブン・ダルドリー監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 

2本目『ミンヨン 倍音の法則』

日本、佐々木昭一郎監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 

3本目『イロイロ ぬくもりの記憶』

シンガポール、アンソニー・チェン監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 4本目『ビッグ・アイズ』

アメリカ、ティム・バートン監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 5本目『みんなのアムステルダム国立美術館へ』

オランダ、ウケ・ホーヘンダイク監督、ドキュメンタリー

waltham7002.hatenadiary.jp

6本目 『パリよ、永遠に』

フランス・ドイツ合作、フォルカー・シュレンドルフ監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 7本目『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

アメリカ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 8本目『セッション』

アメリカ、デミアン・チャゼル監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 9本目『女神は二度微笑む』

インド、スジョイ・ゴーシュ監督

waltham7002.hatenadiary.jp

10本目 『パレードへようこそ』

イギリス、マシューワーカス監督

waltham7002.hatenadiary.jp

11本目『アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生』

アメリカ、リナ・プライオプライト監督、ドキュメンタリー

waltham7002.hatenadiary.jp

 12本目『私の少女』

韓国、チョン・ジュリ監督

waltham7002.hatenadiary.jp

13本目『千年の一滴 だし しょうゆ』

日本、柴田昌平監督、ドキュメンタリー

waltham7002.hatenadiary.jp

 14本目『人生スイッチ』

アルゼンチン・スペイン合作、ダミアン・ジフロン監督

waltham7002.hatenadiary.jp

15本目 『インサイド・ヘッド』

アメリカ、ピート・ドクター監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 16本目『しあわせへのまわり道』

アメリカ、イザベル・コイシェ監督

waltham7002.hatenadiary.jp

17本目『ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏』

イギリス、ニック・リード監督、ドキュメンタリー

waltham7002.hatenadiary.jp

 18本目『コングレス未来学会議』

イスラエル・フランス合作、アリ・フォルマン監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 19本目『エール!』

フランス、エリック・ラルティゴ監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 20本目『FOUJITA』

日本・フランス合作、小栗康平監督

waltham7002.hatenadiary.jp

21本目 『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

アメリカ、ジョン・マルーフ&チャーリー・シスケル監督、ドキュメンタリー

waltham7002.hatenadiary.jp

22本目『ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』

カナダ、ロン・マン監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 24本目『アメリカンドリーマー 理想の代償』

アメリカ、J・C・チャンダー監督

waltham7002.hatenadiary.jp

 

それと、レビューは書いてないけど『SAINT LAURENT/サンローラン』(フランス、ジャリル・レスペール監督)が23本目で合計24本。

 

途中大風邪引いて、外出が厳しい時に公開された映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』なんかは見逃してる。スクリーンで見た方がインパクト強くなるから、話題作とはいえやっぱりスクリーンで見たかった。

 

今年を締めるのは、

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

年末年始のどちらかで見に行くつもり。

 

1月までやってそうだけど、このうち1本くらいはまだ見たいかも

・黄金のアデーレ 名画の帰還

・アクトレス 女たちの舞台

・ハッピーエンドの選び方

・独裁者と小さな孫

・完全なるチェックメイト

・ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)

 

 お休みなさーい。