読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

夕張市にある千鳥ヶ滝を見に、「滝の上公園」に行ってきた

好天にめぐまれたお盆休みのとある一日、夕張市の「滝の上公園」に行ってきた。

f:id:waltham70:20160817091332j:plain

夕張といえばメロンの産地、そして財政再建団体としてもすっかり有名になったところ。

f:id:waltham70:20160817091343j:plain

北海道はでっかいどうとはいえ、観光もピークも迎えるこの時期は、有名観光地はどこに行っても混み合いそう。

 

渋滞キラーイ、人混みキラーイ、滝はスキーなので、それなら空いてそうなところで滝のあるところをめざしましょ、で行ってきた。

 

行きはスイスイ。

f:id:waltham70:20160817091322j:plain

雲海で有名なアルファトマムのある占冠近辺は、渋滞情報が出ていたけれど、渋滞知らずでスイスイ進む。途中高速に架かった陸橋の上を戦車が行くというオモシロな光景も目にしたけれど、残念ながら写真には撮れず。惜しいことをした。。

 

インターを出て、一般道へ。滝の上公園は、夕張市中心部とは逆方向にある。

 

千鳥が滝のある滝の上公園は、JR滝の上駅のすぐそばでもある。雪除け???雰囲気満点な建物を越えると、公園到着。

f:id:waltham70:20160817091856j:plain

f:id:waltham70:20160817091905j:plain

f:id:waltham70:20160817091914j:plain

f:id:waltham70:20160817091922j:plain

お盆で里帰り中でもあるのか、同じように人混みギライでもあるのか、予想以上に人が居た。

 

レンガ造りの現役水力発電など、フォトジェニックかつインスタジェニックなブツがそこかしこにあり。が、微妙に人が多くて、ここでもシャッターチャンスを逃す。紅葉の時期には一般公開もしてるそうなので、また来ればイイサーという安易な気持ちで見逃した。お目当ては千鳥が滝なので、それ以外には関心が薄いのさ。

f:id:waltham70:20160817091351j:plain

この緑いっぱいの遊歩道の先に、滝がある。橋の上から滝を眺める趣向になっている。現地案内図を見ると、夕張川にかかる橋は二か所あり、二か所の橋をめぐるように遊歩道が整備されている。

f:id:waltham70:20160817091410j:plain

やたらとトンボが飛んでいた。

f:id:waltham70:20160817091417j:plain

いい感じにさびれた橋を渡ると、やや遠くに見えるのが滝。遊歩道を歩いている時から、水のせせらぎの音が半端なく聞こえてくる。水辺スキーなので、「あー私今水辺を歩いてるわー」と多幸感でいっぱいになる。

f:id:waltham70:20160817091820j:plain

f:id:waltham70:20160817091424j:plain

f:id:waltham70:20160817091439j:plain

数日前に雨が降った後のせいか、水は濁りがち。

f:id:waltham70:20160817091432j:plain

千鳥が滝にズームイン。もうちょっと近くに寄れれば、多幸感もマシマシになるけれど、かなり急峻で危険そう。そのため水辺に近づくことは叶わず。

 

木製の遊歩道がス・テ・キ。周囲は緑いっぱい。人少なし、天気よし。お盆休みなのに、人口密度の低さにホッとする。

f:id:waltham70:20160817091506j:plain

f:id:waltham70:20160817091519j:plain

f:id:waltham70:20160817091456j:plain

f:id:waltham70:20160817091536j:plain

(ズームインしてわかる、祠のようにも見える謎の穴)

f:id:waltham70:20160817091551j:plain

橋の下を通り過ぎ、遊歩道を進んでいく。周囲は、緑しかない景色。ええわぁ。

f:id:waltham70:20160817091604j:plain

f:id:waltham70:20160817091611j:plain

f:id:waltham70:20160817091638j:plain

蟻の巣穴???女王蟻が、この中に鎮座しているのだろうか。

f:id:waltham70:20160817091621j:plain

f:id:waltham70:20160817091630j:plain

北海道のいいところは、これだけ緑いっぱいでも蚊がほとんどいないこと。虫除けスプレーなしで、ぶらぶらしてた。

f:id:waltham70:20160817091644j:plain

もうひとつの橋は、最初の橋より小さく足元もコンクリじゃないから頼りない。より“吊り橋”っぽい。高所恐怖症にとっては、わりと恐怖になる橋だった。怖さを押し隠しながら、撮った景色。揺れるからさ、怖いんだよ。

f:id:waltham70:20160817091652j:plain

こっちの橋の方が、橋としてはよりフォトジェニックかつインスタジェニックではあっても、正直景色を楽しむ余裕はなかった。。

f:id:waltham70:20160817091700j:plain

カブトムシやクワガタムシが取れそうな、樹液の塊。

f:id:waltham70:20160817091713j:plain

f:id:waltham70:20160817091720j:plain

どでかいキノコ。キノコの大きさを強調するために、葉っぱを載せてみた。載せてみた葉っぱも、そもそもデカいのよ。

f:id:waltham70:20160817091729j:plain

色鮮やかなバッタ。

f:id:waltham70:20160817091738j:plain

f:id:waltham70:20160817091748j:plain

蝉の抜け殻(そのわりには蝉の声は聞こえない)と、蚊はいない代わりにナントカモンシロチョウなど図鑑に載ってそうな昆虫がいっぱいだった。お子様連れにとって、教育上たいへんよろしげ。

f:id:waltham70:20160817091706j:plain

本当は、円空仏を奉納した岩」というものも鑑賞ポイントになっていたけれど、案内図のやる気ない様子からも明らかなように、なかったことにされている。

 

もしも本当に円空仏だったら、売っぱらって財政再建の足しにでもしたのだろうか。好事家かいい値段つけそうだし。鬱蒼とした緑に阻まれ、特に岩も何も見えない。

f:id:waltham70:20160817091805j:plain

f:id:waltham70:20160817091758j:plain

帰りは線路沿いの遊歩道を選び、行きとは違うコースを歩く。自撮り棒をのばせば手が届きそうなくらい、線路が近い。よくわからんけど列車も通っていたので、鉄道好きにとってもポイントの高い公園ではなかろうか。

f:id:waltham70:20160817091842j:plain

駐車場のそばにはちょっとした広場があり、お弁当を食べたりするのに最適。木陰でのーんびりお弁当を食べてるご家族連れの姿が、お盆休みを実感させる。ええ景色や。

f:id:waltham70:20160817091316j:plain

立派過ぎる石碑があったり、謎のキノコ型水飲み場があったり。トイレも完備されていて、そのあたりは行き届いてる。

f:id:waltham70:20160817091812j:plain

f:id:waltham70:20160817091401j:plain

(ちびっこが遊ぶ小川とは、橋を挟んで反対側の小川)

広場のそばには小川が流れていて、網もったちびっこたちが、キャッキャと大喜び。線路すぐそばの小川なので、小さなトンネルがかかっており、ちびっこにとってはきっと探検心がそそられるスポット。大人でもとりあえず、トンネルの中をのぞきたくなった。

f:id:waltham70:20160817091854j:plain

公園そばの売店はすべてクローズ。お盆休み中なのでそれなりに人の姿があったけど、あとは紅葉の時期でもなければ閑散としてそうな場所。

 

周辺にもコンビニを含めて飲食店が皆無(車で相当市内中心部に移動しないと見つからない)なので、お弁当持ってくるのが正解。この後、食べ物難民となって苦しむことになった。。

 

夕張市内中心部は、また別のエントリーに続く。

 

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp