読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

ラベンダーの向こうに見えるあれは、頭大仏。真駒内滝野霊園に行ってきた。

ローカル 日帰りで行ける

真駒内滝野霊園といえば、モアイ像のある面白スポットとして一部では有名。このたび、モアイ像やストーンヘンジに加え、新たに「大仏」も追加されたということで、見に行ってきた。

waltham7002.hatenadiary.jp

 真駒内滝野霊園があるのは、札幌市南区。がっかり名所の札幌時計台から距離にして20km、時間にして車で約40分ほどの行程なので、気軽に出かけられる。

f:id:waltham70:20160723213734j:plain

芸術の森美術館を通りすぎることしばし。真駒内滝野霊園の周囲はゴルフ場ばっか。鬱蒼とした緑の中を進んでいくと、唐突にモアイ像が現れる。

 

そしてモアイ像の向こうに、何かが見える。

f:id:waltham70:20160723214114j:plain

f:id:waltham70:20160723214126j:plain

にょにょん。

 

ラベンダーの向こうにのぞくのは、「頭大仏」。一応礼拝施設ではあるんだ。頭大仏拝観用の駐車場に車を停めて、さらに近付いてみる。

f:id:waltham70:20160723214148j:plain

ラベンダー以外のお花畑も造成中。これからきっと、極楽浄土な景色へと変わっていくものと思われる。

f:id:waltham70:20160723214140j:plain

お花畑の向こうには、安定のモアイ像。もう驚かなくなったけど、初めて見る人ならきっとお腹抱えて笑える。

f:id:waltham70:20160723214014j:plain

f:id:waltham70:20160723214047j:plain

もう一枚、ラベンダーの向こうのモアイ像。天国への階段を一段登ったかのような、ピースフルな景色。

f:id:waltham70:20160723214100j:plain

礼拝施設らしく、神獣がお出迎え。神獣の向こうには、ストーンヘンジが見えている。やたらと石像が多いけど、もともと南区は札幌軟石の産地。石像や墓石とは相性よしな土地柄と思えば納得する。

 

実はこの「頭大仏」を安置した「頭大仏殿」は、建築家の安藤忠雄氏によってプランニングされたもの(注:設計とはどこにも書いてないんだよね)そのせいか、近寄ってみると大変スタイリッシュな空間なんだ。

f:id:waltham70:20160723213935j:plain

f:id:waltham70:20160723214005j:plain

正面からは大仏様のお顔が見えないように、絶妙に計算された配置。アプローチという名の参道を進んでいくと、水庭に出る。

 

f:id:waltham70:20160723213956j:plain

公共建築×安藤忠雄で探したら、どこか他にもありそうで、デジャブ感あり。とはいえ、穏やかな水の流れを見ていると、天国への階段をまた一段登ったよう。

f:id:waltham70:20160723213847j:plain

落ち着く。

f:id:waltham70:20160723213913j:plain

f:id:waltham70:20160723214034j:plain

このトンネルの上がラベンダー。建築に興味がある人が見に来ても面白いんじゃないかな。

f:id:waltham70:20160723213858j:plain

ようやく大仏様とご対面。後光が差して見える、ありがたや。

f:id:waltham70:20160723213904j:plain

参拝料という名の何かは徴収してなかったけれど、“お志“として300円ほど払ってくれたら嬉しいとのことだった。経営主体は公益社団法人なので、色々と奥ゆかしい。

 

アタシ、ラベンダーの香りに包まれて眠りたいわーとか。

安藤忠雄氏プランニングの大仏殿に見守られるのも悪くないとか。

 

死んだ後も何らかの差別化を求める人には、何かとよろしんじゃないでしょうか。戒名による差別化より現代的。

f:id:waltham70:20160723213749j:plain

鹿とモアイ。

f:id:waltham70:20160723213741j:plain

ストーンヘンジ。嬉し気に写真撮ってみたけど、永代供養墓が併設されていた。

f:id:waltham70:20160723213737j:plain

好評発売中。

f:id:waltham70:20160723213837j:plain

敷地にはまだまだ余裕あり。次はピラミッドでも作るのだろうか。

f:id:waltham70:20160723213818j:plain

ラベンダーは咲き誇り、空はどこまでも青く広く続いてる。

f:id:waltham70:20160723213800j:plain

ばかげて広い霊園で、曲がるところを間違えたら行けども行けども墓。近頃の墓についてのトレンドを、ひと通り学習できた。知られざる市場ものぞき見たって感じ。

 

お彼岸ともなれば、大渋滞となるエリア。何気なく通りすぎてた国道453号線沿いで、ジェラート屋を発見。食べログでも見たことのあるお店の名前。狭いけど、イートイン・コーナーもあり。

f:id:waltham70:20160723214201j:plain

地酒屋さんによるジェラート屋さんゆえに、ラム酒を使ったラムレーズンが食べて見たかったけど、しっかりアルコールが入っているので断念。

f:id:waltham70:20160723214211j:plain

f:id:waltham70:20160723214238j:plain

f:id:waltham70:20160723214223j:plain

ブルーベリーミルフィーユとヘーゼルナッツ(多分そのはず)。どちらも、乾いたのどに嬉しい美味しさ。うまうま。

www.karinju.com

店内は薄暗く、お酒に配慮したちゃんとした地酒屋さんって感じだった。珍しいお酒もあり。あぁラムレーズンが食べてみたかった。。

 

お休みなさーい。

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp