読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

クリスマスツリー集めは続くよ、クリスマス過ぎるまで

偽警官による現金奪取事件、3億円事件の記憶も遠くになりにけりな今だから、通用した手口かも。現金がデータとなったらもっと遠くになりそうで、特殊詐欺を封じ込めたと思ったら、出てきた雨後の筍ちっく。懲りないねぇ。

 

当たり前すぎて気付かなかった、JR札幌駅前のクリスマスツリー。

f:id:waltham70:20161214211446j:plain

今の季節、ローカルテレビ局ではすっかりお馴染みかもしれないけれど、基本ローカルテレビの番組もローカル新聞も見ない読まない人にとっては、お馴染みじゃない。

 

改めて見ると、玄関口にふさわしくキレイだね。

 

こちらは一般的なツリーとはちょっと違うけど、流れるような流線形がとにかく印象的な、日本生命札幌ビル内のツリー風なオブジェ。

 

f:id:waltham70:20161214211528j:plain

f:id:waltham70:20161214211514j:plain

f:id:waltham70:20161214211540j:plain

Sparkle Christmasのテーマにふさわしく、キラッキラ。キラッキラだけど落ち着いていて、ビルの雰囲気にもぴったり。札幌の中でもリトル・トーキョーな雰囲気がひと際濃厚で、札幌ロコな人が考える、どこか取り澄ましてクールな東京のイメージにもぴったりさ。

 

そして、大通公園に戻る。

雪が降る前の、平常時のイルミネーション。

f:id:waltham70:20161201230641j:plain

f:id:waltham70:20161207210018j:plain

大雪が降ったあとの、どないもこないもどーしようもない感じのイルミネーション。

f:id:waltham70:20161211210842j:plain

やや雪は溶けたものの、やっぱりにっちもさっちもいかない感じのイルミネーション。

f:id:waltham70:20161214211436j:plain

f:id:waltham70:20161214211442j:plain

乱暴に扱ったら壊れそうなくらい繊細なブツだから、きっと雪を払うのも簡単じゃないんだろう。自然に雪が溶けるのを、ただ待ってる感じだった。昨日はやや気温も上がり、雪の代わりに小雨がパラついていたから、今頃はもう少しましになってるかもね。

 

かまくらか、雪に浮かぶ浮き玉か。この手のイルミネーションがやっぱり一番好き。ほっこり。

f:id:waltham70:20161214211432j:plain

太平洋戦争勃発で、赤穂浪士の討ち入りで。師も走るという12月は、血生臭い出来事にも彩られてきた。10月はたそがれの国だったら、12月は冥途の国か。死と生がひと際濃厚に漂う時、なんと表現すればぴったりくるのか。クリスマスは苦しみますは、やけにぴったりくるんだけどさ。

 

東京裁判のドラマを途中から見ている。一般人が当時の意思決定者たちのドラマを見ても何だかな。と、思っていたけれど。大衆こそ王様な時代には、大衆が王様の考えを学んで、自分だったらこうは考えない・行動しないと、ゲームメイカーな気分に浸るのも大事という皮肉かな。

 

好き嫌いを突き詰めたら、倫理観の違いに行き着いて、倫理観の違いを突き詰めたら、美醜に対する感覚の違いに行き着く。何がきれいで何が汚いのか。美醜に対する感覚の違いとか言ったって、要はそういうこと。

f:id:waltham70:20161214213813j:plain

(かわいいから、何回でも使い回す)

お休みなさーい。