読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

葉っぱに雪

日記

紅葉も終わり切らぬうちに、盛大に降った雪。f:id:waltham70:20161107232630j:plain

緑と白のコントラストが、痛々しくて寒々しい。ってか寒いんだ、まじで。

 

寒いだけでなく、融け切らない雪が歩道にも残されている。にもかかわらず、ヒールのある靴で歩いたから、つま先から凍えそう。ついでに滑って転びそう。まだ11月に入ったばっかりなんだから、モコモコの冬用ブーツは意地でも履きたくなかっただけさ。

f:id:waltham70:20161107232517j:plain

(葉っぱはまだこんなに青々としてるのさ。日当たりの悪い場所では)

 誰に張ってる意地かもわからないけれど、イヤなものはイヤ。ままならないことがどっさりある世の中で渡る世間なんだから、好き嫌いだけは、最後まで手放さない。

 

流行り廃りとは極力無縁の生活を送っているけれど、街を歩けば、お店をのぞけば、なんとなく流行りは伝わってくる。

 

女性のファッションで言えば、オーバーサイズ。ゆったりとしたトップスに、ゆったりとしたアウター。メリハリとかどこにも感じられないコクーンスタイルで、目につくのはアースカラーガウチョパンツは引き続き人気で、スカート丈は長くなった。

f:id:waltham70:20161107232510j:plain

布をたっぷり使った方が、リッチでラグジュアリーなのかと思うくらい、布に覆われてる、あるいはくるまれてる部分が多くて重そう。

 

プラダを着た悪魔なら、流行りに込められた隠しメッセージも、あるいはすっかりお見通しか。かといって手品の種あかしには、ナルホド以外の感想もないんだけどね。

 

ハロウィンでクリスマスでお正月で。なんでそんなに慌ただしいんだと、まだカボチャも片付けてない。シーズンごとのイベントでさえ、追いかけるのにお疲れ。いわんやそれ以上の流行りはイラネ、ノーサンキュー。

f:id:waltham70:20160929231430j:plain

犬の時間を生きる人の慌ただしさに、なんでそうじゃない人間まで合わせなきゃいけないのか。知ったこっちゃない。

 

のんびり、ゆっくり。年末に向けて、粛々と断捨離を進めていくだけさ。

 

お休みなさーい。