読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

海が見えるゆり園、小樽のオーンズ春香山ゆり園に行ってきた。

バラにラベンダーにひまわりに。北国の短い夏を彩る花もいっせいに咲くから、目移りしちゃって大変さ。

 

そこに新たに加わったのが、「ゆり」。小樽市春香山にある「オーンズ春香山ゆり園」に行ってきた。

f:id:waltham70:20160726221900j:plain

f:id:waltham70:20160726222102j:plain

 札幌から小樽、余市へと続く5号線は、海が見える気持ちのいいドライブルート。

f:id:waltham70:20160726222130j:plain

オーンズ春香山ゆり園、もとはスキー場なので、リフトあり。リフトからユリ畑を眺めるという趣向。休眠施設を上手に活用してる。

f:id:waltham70:20160726222038j:plain

f:id:waltham70:20160726221817j:plain

f:id:waltham70:20160726222048j:plain

冬季はゲレンデとなるだけあって、急斜面。全長1キロほどとはいえ、徒歩で登ったり降りたりするのはなかなか大変。大変だけど、いい運動。ゆり園山頂まで登れば、帰りはつい徒歩で麓まで戻りたくなるけれど、そこをグッとこらえて帰りこそ是非リフトを活用してほしい。

 

都市と自然が隣り合わせという、よそでは見られない景色が待ってるから。

f:id:waltham70:20160726221951j:plain

どれを見ても「ゆり」としか思わないけど、その実「すかしゆり系」と「ハイブリッドゆり系」合わせ、50種類はあるらしい。ゆりの世界もなかなかに奥深い。。

f:id:waltham70:20160727083358j:image

f:id:waltham70:20160726222110j:plain

リフトの足元にもゆり畑が広がる。

f:id:waltham70:20160726222023j:plain

足元がゆり畑の間は特に恐怖も感じないけど、ゆり畑が途切れるとちょっと緊張が走る。雪に覆われていればともかくわりと高さがあるので、むき出しの山肌がちと恐ろしい。

f:id:waltham70:20160726222001j:plain

山頂からの眺め。海と空とゆり。絶景。日頃の行いが良いせいか、この日は好天にめぐまれ、青い空と海が格別きれいに見えた。

f:id:waltham70:20160726221940j:plain

(海、クローズアップ)
沖にいるのはクルーズ船だろうか。近頃は、小樽へクルーズ船の寄港も増えてるとか。港がある、海に開かれた街はこういう時強いね。

 

ゆりの花がこれだけ集まると、芳香も半端ない。風にのったゆりの香りが、あたり一面に漂う。仙郷か、ここは。。

f:id:waltham70:20160726221813j:plain

思わず下って歩きたくなる人のために、ストックも用意されている。下りの方が、なにげに膝にダメージ食らうので、行き届いた心使いが嬉しい。しかし、足元は素足にサンダルという軽装だったので、今回は上り・下りともにリフトを使用。

f:id:waltham70:20160726235252j:plain

遊歩道はウッドチップ敷きで歩きやすいとはいえ、歩きやすい靴、フラットシューズ推奨。ヒールがある靴だと、グサグサ刺さってきっと歩きにくい。

f:id:waltham70:20160726221842j:plain

f:id:waltham70:20160726221910j:plain

ゆり園限定の、ゆりソフトクリームも食べてみた。思ったほど「ゆり根」の味はしなかったけど、さっぱりとしたあと口で、美味しゅうございました。

 

結構な急斜面。見下ろすだけでなく、山頂を仰ぎ見るアングルで撮ってみたけど、さして変わりばえせず。。カメラマンの腕が悪いのでしょうがない。

f:id:waltham70:20160726235525j:plain

f:id:waltham70:20160726221820j:plain

いったい幾つの蕾がついているのか。ひと株からずいぶんたくさんの花が咲くようになっている。品種改良の努力や成果は、きっとこういうところに表れているんだろう。

f:id:waltham70:20160726235704j:plain

海で空で一面のゆり畑という、大変にフォトジェニックな景色なので、アマチュアカメラマンのいい写真撮ったるぜ!魂も刺激しまくり。

f:id:waltham70:20160726235903j:plain

f:id:waltham70:20160726221932j:plain

f:id:waltham70:20160726221920j:plain

いい写真(いい被写体)が撮れると聞けば、お出掛け意欲もましましになる。カメラは、ポケモンGOとは縁遠い年代にとって、最高にいいおもちゃなんだ。(でも、ちゃんとモンスターも出るスポットだよ)

 

山頂付近にはテラスが2か所。いつまでもボケーッと景色に見入ってたい人向けの、よい休憩スポットにして絶好の写真撮影スポットになっている。

 

開園して、今年で4年目だとか。毎年ゆりの植え替えが行われていて、今後もますます拡張してゆきそう。

 

オーンズ春香山ゆり園は、8月28日(日)まで営業。通常は9時~17時までの営業だけど、7月30日・8月6日・8月13日は、22:00までナイター営業するとか。休眠施設の活用、素晴らしいな。札幌・小樽間にあるので、遊びに行った帰りに立ち寄るのにもよさげ。

www.onze-yuri.com

たくさんの人がニッコリ笑顔になる喜びあふれた日も、思いがけない悲劇で悲しみいっぱいの日も。花は黙って咲いている。どこかの誰かに向けて、黙って毎年、きれいな花を咲かせ続けてる。

f:id:waltham70:20160726222120j:plain

お休みなさーい。

 

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp