クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

ただの日記

  • AlphaGoがさらに進化したAlphaGo Zero、強化学習でAlphaGoに100戦0敗
  • スペイン、法秩序回復のため、独立で揺れるカタルーニャ州自治権停止へ
  • 関東周辺で積雪、10月中旬としては60年ぶりの寒さ

対局相手さえ必要とせず、あとは勝手に強化学習で、AlphaGo Zero自身との対局を繰り返していたら、ごっつい強くなりましたとさって、それどんなギフテッド教育や。賢い子(AIだけど。。)のみ選別し、その後で隔離する方式は、知識欲がより強い人間にも応用したらいかんのか?

f:id:waltham70:20171019204429j:plain

あんまり大きなニュースではないけれど、今日もっとも脳内へぇボタンが乱打されたニュースは、ニュージーランドで9年ぶりに政権交代というもの。

 

ニュージーランドで総選挙があったのは、先月23日。

 

なのに今頃政権交代のニュースが流れるのは、与党が最大得票数を獲得して第1党となったものの、過半数には達しなかったから。得票数の順番は、与党・野党・最小勢力である第三党という順番。得票数の詳細は不明だけど、たぶん与党と野党の得票数は拮抗してる。

 

その結果どうなったかというと、最小勢力である第三党NZファースト党がキャスティング・ボートを握り、第三党が与野党どちらと連合を組むのか、選ぶのかで政権が決まることに。

 

その結果、第三党は野党との連合を選び、そういうわけで9年ぶりの政権交代が実現しましたとさ。

 

得票数の少ないもの同士が連合を組んで勝ち、もっとも得票数の多かった与党は敗れるとか。それ、どんな戦略ですか?と戦史研究家にでも聞いてみたい。

 

多数決で決めれば、禍根、不支持を表明した層の不満が残りそうな局面。一義的には数の多さ(最終的には数の多さがモノ言ってるんだけど。。)が勝利には結びつかなったところが、個人的には脳内へぇボタンが連打されたポイント。数は多くても勝てなかった、民主主義の不思議かな。

f:id:waltham70:20171019204437j:plain

割り切れない数だから起こったことで、二大政党制だったらこうはいかない。

 

二大政党制あるいは二極の最大のデメリットは、AとBが対立していたら、AとBの足の引っ張り合いが、永遠に続くところだと思ってる。

 

Aに負けたあとでBが次に勝つ、より多数の支持を得ようと思ったら、B自身の魅力をアップさせることももちろんだけど、Aの足を引っ張り続け、相手の戦力を損なうのも戦術のうち。だから、醜い争いを永遠に見せられることになる。アメリカとか、まさにそうじゃん。

 

強くなるためだったら、そうならざるを得ない面もあるけれど、ことが政治だったら強くなるより、“良く”なることの方がずっーと大事なんじゃないですかね。

 

得票数の多さを競うだけだったら、オセロの石を白から黒に変えるような、強引かつ横暴なことも行われてしまうしできてしまう。数の多さを競うために無理が横行するのなら、無理にかき集めた票が無効になる可能性もあるようにすればいい。という考えは、社会の複雑さを表しているようで好き。

 

AlphaGo Zeroは、ルールが決まった対局では無双。

 

でも現実には、対戦相手がひとりに決まっている局面は、競技以外ではあんまりない。複数かつルールも共有せず、時の運や地の利にも左右されることがほとんど。最強のポーカーAIが出たら、いよいよ人間の座もあぶねぇと危惧するところ。

 

ルールが決まった局面では無双だったら、ルールを変えられたらどうなんすかね。ルールメイカーこそ最強じゃないっすか。

f:id:waltham70:20171019204431j:plain

抹茶プリン。サクサクの最中の皮がうまうま。

ルールが変わった時に、人間が新しいルールに馴染むよりもはるかに高速で自己学習して新しいルールに馴染んで、誰よりもその分野に精通するのなら、使えそうなのはやっぱり先生役。

 

最高の教育は、たいていの場合高価。高価だから、誰にでもという訳にはいかない。

 

最強かつ最高の先生から学べるのは、きっと選ばれた人で、最強最高のAIに教えを請おうと殺到する人間の姿をデフォルメすると、宗教画ちっく。

 

最強かつ最高の教育を、多数に無償提供した時に起こる光景は、いまだかつて誰も見たことがない宗教画になれそうで、そっちの方が見てみたいやね。

 

お休みなさーい。

ただの日記

  • 5年に一度の中国共産党大会始まる
  • ラッカ陥落。シリア民主軍がISの”首都”を制圧、”イスラム国”崩壊へ
  • マルタ島で、女性ジャーナリスト殺害される。権力者の不正追及の最中

64歳にして、起立したままで3時間半ぶっ続けで演説する気力・体力がないと、権力者にもなれんということで。大学の講義でいえば、2コマぶっ続け。トイレ休憩くらい欲しいところだけど、どうなんすかね。居眠りどころかあくびさえ無理っぽい権力空間だったら、話す方も聞く方も、そりゃ真剣勝負にもなりますわ。

f:id:waltham70:20171018210342j:plain

不正追及中のジャーナリスト殺害に、月の地下に巨大な空洞発見に。

 

どちらも、映画とかドラマとか小説とかコミックとかフィクションの世界ではお馴染み。それム―で百万回見た奴や(そんなわけねぇ)、あるいはゴルゴ13で出てきたらワンパターンとシラケる奴やと思うと、驚きもせず。

 

フィクションの世界ではお馴染みのこと、ほんとにやっちゃう、あるいは発見されちゃうなんて、どうゆうこと???と、戸惑いしか感じない。

 

重大な発見も重大犯罪も、すべてが軽くなってゆく。

 

たぶんフィクションとの接点がさほどでもない国や世代と、ありまくる国と世代では、受け止め方にも違いがあって、事態の深刻さや重大性に、より敏感になれるのはフィクションよりノンフィクションに比重が傾いている方。

f:id:waltham70:20171018210336j:plain

虚実の区別がつかない、あるいはわざとボーダーを踏み越えてくる“あっち側の人”にとって、事実、ノンフィクションはより軽い。

 

事実をより軽く扱う人に、重厚なフィクションなんて、扱えるわけがない。事実の重さ、深刻さを骨身に染みるまで思い知らされない限り、わかるはずがない。

 

Me Tooの#つけてのセクハラ狩りがはやりだけど、「パーティー」に招かれたあと”いい思い”をした人、例えばいい役柄をもらうようになった人に対して、掌を返すなら今だよとけしかけてるようにも見えて、なんだかなぁという感想。

 

掌返したのを見届けたあとでまた、あいつは掌返す奴で信用ならねぇと、何らかの選別に使いそうだから、ショービジネスの世界はどこまでいってもおっかねぇ。

 

ハリウッドでレッドパージの嵐が吹き荒れた時は、密告せよ、さもなくば有罪に問うという方式だったはず。#つけての告白は、ある意味密告をそそのかしてるようで、そこは素直に感じ悪い。

 

目的が何であれ、見知らぬ人と一緒に拳振り上げたり、振り上げさせようとするのは、とにかく好きじゃない。

f:id:waltham70:20171018210328j:plain

運動、アクティビストとして活動、活躍したかったんでしょ。という感想。

 

旧弊な慣行が支配する業界にも、自浄作用がきかない業界にも、人生賭けてもしょうがないから、優秀な人から逃げていく。

 

広い目で見れば、リクルーティング活動の一環みたいなもの。

 

中世の魔女狩りは、合法的(かどうかはともかく)な財産没収手段でもあって、だから冤罪であっても魔女が盛んに狩られたとか。

 

現代の魔女狩りで狩られるのはセクハラ男で、没収されるのは影響力とかその他既得権。持てる人ほど、おちおちしてらんないね。

 

お休みなさーい。

ただの日記

豊富な天然資源に恵まれると、支配者がコロコロ変わって、そのたびに血まみれの抗争になって、たまったもんじゃない。そこに資源があるからと諍いになるのなら、資源の価値をなくせばいい。とも考えられる、EVの普及でガソリン車の禁止かな。

f:id:waltham70:20171017214718j:plain

自分の国や領地が焦土になって、焦土から立ち上がるのに「ごっつい大変だった」経験でもないと、争いは元から絶とうという発想にもなれないもの。

 

近未来には無価値になることがわかっていれば、利益確定にもことさら熱心になるから、短期的には紛争地帯での抗争が激化するのかも。かもかも。もとから「もったいない」と思えるほどの資本を投下していなければ、あっさり手離すのがいっちゃん賢いやね。

 

中性子星合体あるいは衝突のニュースはBBC(の映像を放送してる某局のテレビニュース)で見たんだけど、衝突の瞬間の「ポンッ!」という間抜けな音に感動するのが非理系脳。

 

理系脳の人は、宇宙なのになぜ音がする???と考えるもの。重力「波」だから、得られた波を音に変換可能だとは思うものの、「誰が」それをやったのかは、よくわからず。演出?宇宙には空気がないから、音なんてしないよーという基礎知識が抜け落ちたままだと、いろいろ歪な知識を抱えただけのマニアの出来上がり。

f:id:waltham70:20171017214722j:plain

恐竜が地球を闊歩していた時代の、はるか遠き宇宙の出来事まで詳細にわかるようになったサイエンスの世界と、実現したらいいなという空想科学で「やりたいこと」のギャップ。埋めるのは楽じゃないから、そこでハイパーループですよ。と、思うとニヤニヤできる。

 

オーストリアにフランスにイタリアに。

 

古いヨーロッパ諸国で若き政治家の台頭が目立つのは、能力と行動力のある人にとって政治は十分お金になる職業とみなされてるってことなのかも。かもかも。政治のプロとしてのキャリアプランが、年取ってもそれなりに描けるから、リスクを取る価値ありとみなされてるのかと。

 

例えば他の国際機関、あるいはロビイスト。失職後の転職先もそれなりに用意されていれば、チャレンジのしがいもあるってことで。

 

世界的企業、例えば誰もがその名を知るIT企業への就職も可能なくらい優秀な人だったら、敢えてITに背を向けて、思いっきり真逆の世界を選んだってやっていけそう。

 

どこまでいっても非合理的な判断をする人は、とっても人間らしくって、合理的思考が支配しがちな世界に最後まで抵抗できる。非合理的な判断を貫く人は、最後まで人間サイドに立つ人と、言えなくもない。それがいいか悪いかは、また別の話。

 

機械、マシンに最後まで仕事を奪われないのは、結局は人間の判断を必要とする仕事。だったら、政治なんてその最たるもの。AIの介入をどこまで許すかの判断は、最終的に一体誰がするんですかね?といえば、多分に政治が介入する。

 

機械に仕事を奪われそうとなったら、人体改造、例えば聴力や視力や筋力その他を、みずから進んで人工的に強化する、サイボーグ人間が実際に現れたとしたら、その人をどう扱うのかとか。

 

人ではないとみなすのなら、その人が犯す不法行為は、今ある法律では裁けない。人だとみなすのなら、人として基本的人権は認めないといけない。どちらでもない超存在とみなすのなら、超存在に対するルールを整備しないといけない。

 

と、判断する作業はどこまでもなくならない。

 

そんなこと考える時点で、すでに空想科学にじゅうぶん毒されてるんだけどさ。

 

お休みなさーい。

ただの日記

「古いヨーロッパに新しいアメリカ」と言われたこともあったけど、ヨーロッパ諸国の新陳代謝は続々と進み、オーストリアには31歳の首相が登場だってさ。極右政党と連立組むかも知れない人だけど。”ネトウヨ”がそのままで世界に通用するようなことに、ならなきゃいいけどね、と渋茶すする。

f:id:waltham70:20171016212051j:plain

古いヨーロッパと呼ばれたのは、フランスとドイツ。それに対してアメリカは新しい国だけど、世界最古の民主主義国家だと切り返したのが、当時のパウエル国務長官

 

2003年の国連安全保障理事会でのウェットの利いた緊張感あるやりとりは、どこの映画のワンシーンですか?と言いたいくらいの迫力だった。少し前まではyoutubeでも当時のニュース映像が見れたけど、今は無理かも。

 

緊張感あるやり取りを全世界にオープンにしても、どってことないさという目には見えない一体感みたいなもの。どこかに行ってしまったら、非公開でやるしかない。

 

国連安全保障理事会ともなると、濃厚な政治ドラマが日々繰り広げられているわけで、お宝映像のストックも相当貯めこんでそう。映像だとインパクトが強すぎるから、市中に出回らないようにしてるだけで。

f:id:waltham70:20171016212048j:plain

半世紀くらい経過した事案については、順次映像解禁とかでいいんじゃないすかね。

 

ところで中国では、18日から始まる党大会を前に別の会議(7中全会)が終了したばかり。現国家主席である習近平総書記の、「政治思想・指導理念」を盛り込んだ党規約改正案を承認、党大会で正式に改正されるとか。

 

自らの思想や理念を、党規約という「公式記録」に残せたことが、国外にまで配信されるってとこがすごい。史書に名が刻まれたことを、寿ぐようなものか?

 

名を残すことイコール権威ある公式記録に記録されることなんだという、太古から脈々と続く歴史の片鱗を垣間見たようで、個人的にはすごく面白かった。

 

その日をめざして権力への階段を登って行ったのかな?とか。党規約改正案が無事通過した時のお気持ちは?とか。ついでに座右の銘や愛読書とか知りたくなるやね。

 

古代中国の英雄・傑物を、大真面目に取り上げた古典を好むのか。それとも活劇、エンタメに大きく振った何かを好むのか。単なる好奇心なんだけど、人物像を知るには、いい手掛かりになって、ブランディングも垣間見れる。

 

ヨーロッパ諸国が続々と若返るなか、アメリカ、そして中国の指導者は歳取ってくばっかり。

 

若返ると右傾化に拍車がかかるから、そこは年寄りが踏みとどまってるのか。単に、政治というお金にならないものより魅力的な産業があふれているから、人材が見つからないだけなのか。

 

親世代より豊かになろうとした時に、何を選択するのか。そこにもいろんな事情が垣間見えて、見てるだけでも面白い。

 

不正や蓄財の誘惑に惑わされなかった人が最後にたどり着くのが、名を残すという名誉。という建前に、表も裏もなかったら、その名誉には重みがいっぱい。裏がありまくりだと、そうはいかんわな。

 

お休みなさーい。

ただの日記

  • ハリウッドの著名プロデューサーワインスタイン氏、映画界から追放。映画芸術科学アカデミーより会員資格剥奪される
  • Google、アメリカで職業訓練とIT教育支援に10億ドル出資
  • ナベヅル、越冬地出水に今シーズン初の飛来

10月11日の国際ガールズデーに合わせてか、いろーんな業界でのセクハラ話がニュースとして飛び交っていた。今年は30年におよぶセクハラ行為が、業界からの追放という形で結実したけれど、来年は誰が生贄になるんすかね。それとも今年だけの現象だったのか。

f:id:waltham70:20171015202526j:plain

紅葉が見頃。

那覇が30℃越えの真夏日となっている頃、マイナス1℃の北海道某所に居た。寒いったらありゃしない。日本南北に長すぎ、気候にバラツキありすぎ。

 

気候も来歴もまったく異なる二つの土地の住民が、何かの話題で意気投合できたら、むしろその方が奇跡っぽい。

 

Googleが教育・職業訓練に10億ドル出すと言えば、Appleの創業者はオンラインでできる教育プログラムサービスの立ち上げをアナウンスする。

 

自社ブランドあるいは自社製品の熱心な信者になってもらおうと思ったら、一に教育二に教育ってことですね。教育こそが、階級移動の最も重要な要素だって点では、競合他社であっても一致してる。

 

そこには学歴社会のぶ厚―い壁が、逆にしっかり垣間見れるんだけど、基本的にはいい話。

 

ところで日本の自動車メーカー、トヨタやホンダも、自社スタッフを要請する学校持ってたよね。自動車メーカーの学校は、教育内容や優秀なスタッフの選抜方式として特に“至れり尽くせり“の印象が強いけど、多分メーカーであれば多かれ少なかれこの手のシステムを採用してるところが多かったはず。

 

いい会社の条件にはいろいろあるけれど、“教育システムが整っている”というのは、間違いなくいい会社。人を育てるには余裕が必要で、余裕がないと、人も使い捨て。あるいは、嫌がってる人を無理やり戦力化しようとして、失敗する。

 

無理やり戦力化しようとする時の武器は、暴言と暴力。

 

キリキリ働けと、鞭ふるうとか。一体何時代の話やねん。ってことがわかってると、マニュアル化して学校作るに限るよな。

 

今の自分には縁がなくても、豪邸や豪華な食事は、見てるだけでも楽しめる。

 

どこかの“知の巨人“の頭の中も、本来は豪華なものとして楽しめるはずだけど、知性を楽しもうとするにはベースとなる知識や知力が必要で、その時点でもう誰にでも楽しめるものではなくなってしまう。

f:id:waltham70:20171014213122j:plain

これは質素な普段の食事

豪邸も豪華な食事も、お金さえ出せば買うことはできるけど、“仰ぎ見るような圧倒的な知性“みたいなものは、お金では買えない。知性を持ってる人をお金で雇うことはできたとしても、頭の中そのまんまは買えない。

 

厳密には豪邸も豪華な食事も、あんたには売らんと言われてしまうことがあるんだけどさ。

 

どうやっても自分のものになりそうにないものに、どうやって興味関心を持てばいいんですかね?というのが、積もり積もっての「本が売れない」だと思ってる。

 

階級移動の最も重要な要素は教育であるはずなのに、知性が現世利益に結び付かなかったら、知識の習得に励んじゃうよね。というのが、積もり積もっての「実学志向」でもあるかなと。

 

誰にでもわかりやすくをコミックでやり尽くしたあとで、興味関心との最初の出会いは、一体どこになるんすかね。流行りすたりに関係なく、自分の好みで好きに読んでる身としては、あんまり関係ないんだけど。

 

お休みなさーい。

ただの日記

  • 日本学生機構、返済不要の給付型奨学金対象者、17年度は2502人にのぼると発表
  • トランプ大統領、オバマ政権時に結ばれたイランとの核合意は認めずと発言
  • 中国の宇宙ステーション試験機「天宮1号」、制御不能に陥り、今後地球に落下の可能性

テストケースとして導入された今年度は2500人。来年度からはひと桁多く、2万人が対象になるんだってさ、返済不要の給付型奨学金。学生本人にしか使えない形、キャッシュではなくクーポンにするとか。目的外使用、例えば親の生活費に流用されないよう、なんらかの工夫がされてるんすかね。

f:id:waltham70:20171014213103j:plain

困ってる人、あるいは必要としてる本人の手に確実に渡る形といえば、使用用途を限定した、本人名義のクーポン方式しか思いつかないっす。現金は自由度が高過ぎて、何にでも使えてしまうから。

 

お金で買えないものがある方が、不透明かつ不親切というのは、何らかの差別的経験、「お前には売るもんか」を経験してないと、実感も伴わない。

 

お前には売るもんかと言われたら、お前からなんか買うもんかとなりがち。たいていの場合は代替材があるので、売ってもらえなくても、どってことないんだけどさ。代替材がないものを売らないと言われたら、困るわな。

 

スーパーが客を選ぶことはないけれど、今では普通のスーパーっぽい顔をしてる生協は、建前としては組合員だけしか購入できないものだったね、昔は。

 

実のところルールは形骸化していて、組合員でもなんでもない人でも購入できたけど。

 

労働力が減り、「お店」の中の人の声が大きくなると、気に入らん客とは取引しない、サービスは売らないと言い出すところも、そのうち出てくるかも。かもかも。

 

隠れ家としてやっていけるだけの太い客、熱心かつ確実にお金落としてくれる客をつかんでたら、やっていけなくもなさそう。競合が近隣にでもできて、太い客をかっさらわれたりしたら、たちまち困りそうだけど。

f:id:waltham70:20171014213105j:plain

ヒト型に見えた雲。

昔からシェアの奪い合いのような、パイが広がらないことには興味がなくて、残り少ないパイの争奪戦にはうんざりしてた。争いこそわが人生で、パイを奪い合うことが目的化してる人のそばには近寄りたくない。生産的じゃないから。

 

図書館にアクセスできるということは、すでに一定の文化へのアクセスを確保してるということで、アクセスできないエリアへの想像力に欠けていて、それだけでもううんざりする。

 

うんざりするけれど、権利者の代理人になるということはつまり、言いたくても言えない、うんざりされるようなことを率先して代弁するところに意義があるわけだから。と、冷めた目で見てる。

 

借りてはいけない人からのお金は、取り立てに泣かされるもの。押し貸しというものもあって、あなたに親切にされた時には、毎回何かしらの“裏“があるよねという人からの親切は、そもそも受け取れない設計が、本当の親切ってもんで。

f:id:waltham70:20171014213112j:plain

裏、背後関係があると思われると、お金も親切も、もう素直には受け取ってもらえない。裏があると思われるのがイヤで、お金も親切も売らないという、利己的な態度にもなってしまう。下心つきのお金が蒔いた不信のタネが、世の中を相互不信に陥れるのさ。

 

お休みなさーい。

 

 

 

 

昔のレシピ本で作ってみる、“なすの利休煮”

今ではすっかり情熱も薄れたけれど、一日30品目とか真面目に料理に取り組んでた時期がありまして。その頃にもっともよく参考にしたのが某テレビの人気お料理番組をまとめたレシピ本。その名も『テレビの人気おかず 365日の献立』で、刊行は2000年。昔だな。

 

そろそろふた昔前にはなろうかというシロモノで、載ってるレシピもふた昔前っぽいものが並ぶ。

 

その中のとある日、10月13日の献立を作ってみた。メニューは“なすの利休煮(りきゅうに)”“お刺身”

 

ごまを用いた料理を、“利休煮”と呼ぶらしい。小料理屋あるいは料亭でありそうな名前。

 

ふた昔前のレシピだけあって、家庭料理のくせに手が込んでいる。時短という概念も共働きという概念も、このレシピ本の範疇外。家庭料理のハードル、ふた昔前に比べれば、ずいぶん低くなったと実感できる。

f:id:waltham70:20171013201615j:plain

なすはガクを取って皮を剥く。

×竹串で全体に穴を開ける → やらなーい。

×薄い塩水につけてアクを抜きをする → 水にはさらしたけど、塩入れるの忘れてた。

f:id:waltham70:20171013201611j:plain

水気を拭いてから、中温の油で3分ほど揚げる。

f:id:waltham70:20171013201607j:plain

”油抜き”した後。

ボールに入れて熱湯をかけ、油抜きをする → 油揚げ以外で「油抜き」したのは、初めて

f:id:waltham70:20171013201603j:plain

だしで煮る。

鍋にだし汁・砂糖・淡口しょうゆ・塩を合わせ、なすを入れて中火で煮る。油抜きしたとはいえ、油は浮いてくる。

 

砂糖だと甘すぎるので、みりんでもよかったかも。かもかも。

f:id:waltham70:20171013201602j:plain

ごまペースト投入。

×ごまを炒って油が出るまですり鉢でよくすりつぶす → サクッと市販の練りごまペーストで代用。

 なすが煮えたら、すりごま(市販のごまペーストで代用)を煮汁でのばして加え、軽く煮てから器に盛りつける。

f:id:waltham70:20171013201557j:plain

完成。

市販の練りごまペーストで代用したせいか、出来上がりが、料理本とは大きく違う。。料理本だと、もっとごまペーストねっとりで、煮たりせずにそのままごまペーストぶっかければよかったかと反省。でもあとの祭り。

 

味見した時から思ってたけど、実食すると甘い。

 

なすの料理といえば、なすの揚げ出しに舌が最適化されていて、なすの利休煮とお刺身ではご飯が進まず。酒のアテならよかったかも。残ったご飯は、お茶漬けにして食べた。

 

時短には興味関心の薄い、暇な人だけど、それでも面倒な工程はすっ飛ばした。暇だからといって、基本に忠実に作るわけねぇ。「ごまを炒って油が出るまですり鉢でよくすりつぶす」作業は、本気でやると20~30分はかかりそう。もっとか?

 

付け合わせが刺身という簡単メニューじゃないと、やってられない感じ。

 

ちなみにその前日のメニューは“あじのワイン風バターライス添え”と“マロンスープ”。妙に気取った料理も家庭料理として取り上げていて、全レシピをコンプリートしたことはなし。

 

一か月真面目にこのレシピ本通りに作ると、お財布にとっても優しくなさげなところも、特長。男子ごはんとか、そりゃ人気になりますわ。

 

肉肉しいのが玉に瑕だけど、あちらのレシピの方が、どう考えても食が進みそう。

 

食が進むという、安きに流れてはいけませんという食文化込みの構成になっているところが、いかにもふた昔っぽくて上から目線。上から目線は、昔の産物ってこともよーくわかる。

 

気が向いたらまた作ろ。