クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

点灯前

  • ゾゾタウン、初のプライベートブランド始動。採寸のためZOZOSUITを無料配布
  • 三菱マテリアル子会社で、素材製品のデータ改ざん発覚
  • 太平洋上で転覆、乗組員不明となっていたまぐろ漁船、乗組員全員無事に救助される

世界各国の人の採寸データが手元に集まれば、なんだかいろいろなことができそう。と、思う程度にはビッグデータ神話に侵されている。採寸データがあれば、トップスにボトムス、そしてインナーまで手掛けることが可能で、それなんてユニクロですか?って感じー。

f:id:waltham70:20171123211622j:plain

雪道を歩くと、普段より3割増しくらい疲労する。

 

とはいえ雨が降ったおかげで、それなりに人通りのある場所の雪はほとんど融けた。明日・明後日そして明々後日とまた雪が降るそうなので、速やかに歩きにくい道に逆戻りになりそうではあるけれど。

f:id:waltham70:20171123211623j:plain

ビバロードヒーティング。文明の利器って素晴らしい。

 

ホワイトイルミネーションは、明日から。都市のど真ん中が、煌々と明るく照らされるのはいいことさ。雪に閉ざされ沈みがちな気持ちもなんとなく、アガル。

 

ホームセンターは、本格的な雪の季節に備えてまとめ買いする人でごった返してた。トイレットペーパーにティッシュペーパー。何箱もまとめ買いして籠城に備えるのは、買い物が億劫になる雪の季節の風物詩。

 

スーパーその他が遠ければ、買い置きするに越したことはなし。近過ぎても配達を頼むのはかえって気が引けるから、その辺りの加減もあり。コストを度外視すれば、コンビニでのつど買いで乗り切ることもできるけど、お金はかかる。

 

シン・フェイン党という名詞、世界史あるいは現代史のテスト以来久しぶりに聞いたような錯覚に陥った。けどきっと気のせい。近現代過ぎかつ政治的にセンシティブ過ぎて、きっとテストでは出てこない。

 

30年以来その座にあった党首が辞任表明とのことでニュースになっていたけれど、過激派組織IRAとの関係も濃厚だった人がリーダーであり続ければ、若返りなんてちょっと無理。もうその来歴だけで、敬遠される。

 

関係が濃厚だったからこそ、和平への対話も可能かつ舵取りも容易だったかもしれないけれど、他者から見た時わかりにくい関係性は、勝手な憶測を呼ぶから多分よろしくない。

 

闘争の歴史、あるいは来歴の一部はケン・ローチ作品に載せて広く世界に配信されたから、歴史的役割を終えつつあるよなと、勝手な観客はそう思う。

 

すっ転ばない程度の雪道であれば、ほどよい運動になって、かつ歩くうちに体は温まってくるので、この季節のお散歩は意外と快適。もちろんぬっくぬくに着込んでいるけれど。

 

南国生まれの子、雪国はさぞかし辛かろうと思ったら、マフラーや手袋、あるいはアウターといった寒い季節ならではのファッションがかわいいし、身に着けられて嬉しいとポジティブだった。まぁ、そういう考えもあるわな。ブーツなど冬靴類も豊富で目移りする。

 

日本での雪国人口が減ると、雪国仕様の防寒具も減るのかもしれず、それはちょっと困るかも。アスレジャーっぽいファッションは好きじゃない。

 

お休みなさーい。

ラストワンマイル

NYのタイムズスクエアビルといえば、新年のカウントダウンで必ず映し出される場所。東芝が降りた後、そこに代わって名乗りを上げる日本企業はどこになるのか。それとも当分のあいだ、あの場所に日本企業の名は出ないのか。その先が気になるところ。

f:id:waltham70:20171122205321j:plain

Amazonはラストワンマイルで運送業者への譲歩、あるいは歩み寄りを余儀なくされ、Googleさんその他もやっぱり配信に譲歩せざるを得なくなるんすかね。亀の甲より年の功って感じー。

 

Googleもだけど、Amazonも使わない日はほぼないと言っていいほどのヘビーユーザー。

 

Amazonの場合は、ポイポイお買い物もしてるので無駄使いしそうでキケーン。といっても本とか映画とか。たまーに音楽という使い方。日用品を買うことはまれ。今のところ。

 

映画はともかく本をポイポイ気軽に買っているのは、日用品に比べれば正規品かどうかを気にしなくてもいいから。バーゲンになってたらラッキー☆と思う程度で、最安値にこだわりはない。ってか本のバーゲンにはそもそも馴染みがないから、なくてもいい。(でもポイントの恩恵には多分それなりに与っている)

 

リアル店舗、それもそれなりに集客が見込める場所にあるお店なら、非正規品を置いているとは考えにくい。そういう感覚で、非正規品かもしれないと疑いつつ買い物する習慣がないから、非正規品が混じってそうな場所で買い物をするのはイヤ。という理屈。

 

インフルエンサーによるステマが一時期問題視されていたけれど、営業でも宣伝でも販売員やあるいは勧誘員であってもそうなんだけど、誰が見ても一目瞭然でそれとわかるよう目印つけてよ。と思う今日この頃。

 

新聞の勧誘員だって色々文句言われたあげく、最終的にはIDカードをぶら下げるようになったじゃん。

 

身許や本来の目的を隠して不用意に一般ユーザーに近付く「不心得もの」が横行するから、ネットの中にも規制の手が伸びるわけで。

 

それとも「心ある」一般ユーザーの暴走なのか???誰かの指揮命令系統のもと、組織だった動きを見せる一般ユーザーがウヨウヨしていたら、それはそれで恐ろしい。地獄への道は、善意で舗装されてるって奴なのか???

 

関わるはずのない、混じるはずのない二者は、どこまでいっても何があっても混じらない。ずっと昔に分かれた道、いまさら一緒になるわけがない。

 

ムガベ大統領が辞意を表明すると、スピーチしてる場が拍手喝采で沸き返ってた。立派な議場やな。。と思ったけれど、一般人も聴衆に混じっていたから、どこかの劇場か何かなのかも。

 

リアルでそんな面白い光景を見せつけられたら、今後フィクションで似たような場面を見るたびに、あぁ史実(あるいは事実)をもとにした脚色で、まったくのオリジナルではないんだな、と思う。事実の方が面白過ぎると、フィクションはかたなしやね。

お休みなさーい。

ココロ静まり返っても、穏やかでなし

サケ・イクラ泥棒、捕まえてみたら暴力団員だったというニュースには、今という時代がギュギュっと濃縮されてるようで興味深かった。お正月で需要は増えるというのに、不漁でサケもイクラも高騰中。だったら盗んでしまえという発想が、まったくもって反射的で反社的。ピチピチした生身の人間よりも、ピチピチした鮮魚の方が、利幅も大きいのかも。

f:id:waltham70:20171121233252j:plain

防滑シューズで滑り止め対策はバッチリのはずなんだけど、ツルッツルに凍ったスケートリンクのような路面上では、どうにもこうにも滑るしかない。小雪、舞って欲しい。ある程度は滑り止めになるから。

 

少し前に大きな火事を出して燃え続けた場所は、コインパーキングへと衣替え中だった。狸小路商店街に面した新しいマンションの隣には、雀荘&パチンコ屋さんその他が建設中で、そんな話は聞いてないと、悔しがる人も居るかも。

 

投資の基本は、安く買って高く売ること。高過ぎて手が出せなかったら、瑕疵を探すか代替を探すこと。

 

ビットコインに今さら手を出さないのは、明らかに高値掴みになるからで、始めるならもっと早く、サトシ・ナカモトの名前を聞いた時にすぐに始めるべきだった。

 

出口のないお金、余ってるところには余ってるから、行き場のないお金が出口を求めてさまよっている。という脳内イメージが勝手に膨らんでいく。

 

例え大きな損を出したとしても、そもそも桁違いの日銭が転がり込んでくる仕組み(配当その他の権利収入などなど)をすでに持っている人なら、回復するのもあっという間。

 

出口のないお金は適宜吐き出しておかないと、なんてったって経済を回す血液でもあるから、一旦逆流でもすると大惨事になってしまう。

 

後世に残るような大邸宅でも道楽で持てればともかく、明治の元勲の時代でもないから、そんな土地もなければ、職人さんの確保も難しい。ずっーと出物が出るのを待ってる人、居るよね、きっと。

 

現代を見ていると、世知辛いニュースや事件が多くて心も荒むから、ずっと昔、しかも秘境を踏破した人の記録でも読んでタイムスリップすると、ココロも静まり返っていい。

 

今から60年ほど前、昭和30年代初頭の秘境と言えば、だいたいは平家の落人集落っぽい。

 

交通の要所だったり、宿場だったり、城下町だったり、宗教都市だったり。昔っから人が住む場所は、水利や交通の便に恵まれていて街道沿いだったりするけれど、条件に恵まれていない土地にも昔っから人は住み着いていて、なぜかというと彼らは敗者だったから。

 

敗者だったから、条件のいい場所に住むことは許されず、とはいえそもそも支配階級でもあったから、条件の悪い土地でもそれなりに住み着いて生活を再建することができた。細々と語り継がれてきた、敗者、あるいは主流になれなかった人が脈々と紡いできた歴史とも言えて、へぇと思うような知見がときおり散りばめられていた。

 

決して表舞台に出ることは許されなかった、敗者たちの記録。でもあって。

 

記録というのは結局のところ「読まれてナンボ」でもあるから、細々と語り継がれてきた敗者、あるいは主流になれなかった人たちの記録、読む人さえ居なくなるのがイヤなんでしょ。わがままだね。

 

読まれなくなったら記録する意味もなくなるから、記録の形も変えていくしかない。

 

歴史は勝者が紡ぐものだから、勝った方が都合よく改変するのなら、敗者だってどこかで都合よく改変を加えてくるのかも。勝者が手を出しにくい分野で。

 

電子化されているということは、「現代から見た目」で一度検閲が入ってるかもしれず、できることなら発刊当時の原書という形で、読んで確かめたいもの。

 

アナログからデジタルへの改変期は、絶好の史実改変期でもあるよな。。と時折苦い気持ちになりながら、それでもそれなりに面白く、読むという行為は鎮魂でもあると思いつつ読んでいる。

 

荒ぶることはもう許されないんだから、ちっとは魂鎮めれば。と、誰かさんに思うこれはレクイエムがわりさ。

定本 日本の秘境 (ヤマケイ文庫)

定本 日本の秘境 (ヤマケイ文庫)

 

お休みなさーい。

プラチナ婚より先はなし

金婚式銀婚式はそれなりに聞くけれど、結婚70周年となるとプラチナ婚なんだって。プラチナは金より希少ってことですね。結婚70周年で記念のパーティやなにかを行うような人も、きっとそうはいない。なんてったって絶対数が少なすぎる。

f:id:waltham70:20171120211226j:plain

どことなくオラフっぽい、雪だるま。

本日も冷えっ冷え。

f:id:waltham70:20171120211232j:plain

金トンプラトンキャンペーンを覚えていて、いまでもダイアリーやブログやブクマその他を使ってる人、果たしてどれくらい残ってるのかしらねぇと、渋茶すする。

 

来歴に合わないものは根付くのが難しいけれど、観測範囲は狭いながらもそもそも“ごった煮“だった場所。お料理系の来歴は意外と古く、そもそもほとんど見掛けなかったのは、ファッションやコスメ系かな。

 

コスメ系は、消費者保護系渋いチョイスのエントリーが、たまーにホッテントリ入りしてただけ。という個人的記憶。

 

思えばキラキラ女子系コンテンツが極端に少ない、典型的なネット環境だったんすかね。比較対象を持たないから、よくわかんないけど。

 

実名か匿名かは昔っからしばしば俎上にあがるテーマで、海外に比べて日本人はネットでも匿名好きなんて言われるけれど、海外には不幸の手紙なんてなかったんすかね。

 

不幸の連鎖や、何とも言えない事案を多数見聞きしたからこそ匿名を選択する人も多かった来歴を、無視しては語れない。

 

いまいち盛り上がりに欠けたボジョレーヌーボー。かつてのお祭り騒ぎを知る者としては寂しい限りだけど、わざわざ新酒にこだわらなくても日常に根付いた裏返し。ではないのか、もしかして???

f:id:waltham70:20171120211236j:plain

これはある日のおやつ。小豆は新豆かどうかは知らね。

料理用として赤に白、両方常備してる家庭もきっと多いはずなんだけど、その程度は誤差の範囲でお酒飲む人が減ってるのかどうか。飲まない人だから、よくわかりません。

 

先日は思いついて、コック・オ・ヴァンというチキンの赤ワイン煮を作ってみたけれど、レシピ通りに作るとひと瓶開けそうになったので、自制した。ワインがもったいないというより飲まない人だから、アルコール臭くなり過ぎてもね。。というキ・モ・チから。

 

とはいえやっぱり作りたてはワインの味が濃厚すぎて、慌ててトマトソースやケチャップで味付け直すという、なんちゃっての出来上がりとなった。一日置くと、ソースもそれなりの味になったけれど。

 

やっぱり米・味噌・醤油がベースの食生活だから、贅沢に使うなら日本酒を水代わりにするくらいの方が、失敗も少ない。煮切った日本酒のアルコールはそんなに気にならないのは、やっぱり常日頃料理と一緒に摂取してるからなのかも。かもかも。

 

飲まない故に物の価値を知らず、お高い日本酒をジャバジャバ無駄に大量に使って、コック・オ・ヴァン的な何かを作りたいと思う今日この頃。お高い日本酒ってとこがミソ。一種の冒涜行為だから、一度はやってみたい。

 

お休みなさーい。

雪、つもる。

朝起きてカーテンを開けると、雪国だった。

 

ウッキウキな気分で外出する、雪国に住んで一体何年目だよという、非ローカルな人。何年住んでも、この瞬間はいつも新鮮さ。

f:id:waltham70:20171119182012j:plain

赤い粒々はナナカマドの実

ナナカマドの赤い実にも、雪が積もって重たそう。

 

枯れ木も雪のにぎわい。

f:id:waltham70:20171119181951j:plain

ジオラマモードで撮るんじゃなかった。わかりにくいけど、雪の中の小道。長靴くらい欲しい、ここは大通公園。パウダースノーに覆われ、真っ白さ。

f:id:waltham70:20171119181940j:plain

誰も歩いていない新雪の上を歩くか、それとも先人が歩いた道を歩くかで、性格もわかりそう。誰も歩かない道を好む人より、先人に踏み固められた道を好む人多し。生活用の道なら、それが当たり前さ。

 

夏場はちびっこの遊び場である水の広場も、雪の広場に変身。

f:id:waltham70:20171119181926j:plain

寂しげなくじら

陸地よりも、雪原に乗り上げてしまったクジラ(多分。。)の方が、アラどうしましょうと途方に暮れてしまった感いっぱい。

 

雪が積もった木々の向こう、微かに見えるアレはテレビ塔。時計台ではありません。

f:id:waltham70:20171119223511j:plain

外国人観光客も増えたことだし、大通公園にも主要な名所、時計台とか赤レンガ庁舎あるいは盲点つきまくりで、テレビ塔までの案内図と距離を示したボードくらい置いて欲しい。

 

観光客によく道を聞かれる身としては、観光に力を入れるのなら、観光客フレンドリーに街を整えて欲しいわな。

 

イチョウの木にも降り積もる雪。

f:id:waltham70:20171119181906j:plain

ビフォーアフター。ついこの間まで、こんなだったのに。。季節の移り変わり、早い早い。

f:id:waltham70:20171108225623j:plain
f:id:waltham70:20171119181858j:plain

ホワイトイルミネーションの準備も着々と進行中。雪景色の中のイルミネーションかつ、がんばってたどり着かなくてもいいという、敷居の低さがいいね。防寒対策も最小限で済む。

 

もしも自分が雪の降らない暖かい国に住んでいたら、スキーのようなウィンタースポーツに興味をもつことはきっとないと思う。行くのも大変そうなら、装備を揃えるのも大変。レンタルがあるといっても好みがあるから、そこまでして行くなら他の場所に行く。と、考えるけどな。

f:id:waltham70:20171119181851j:plain

だから、ちょっとそこまでという軽装で雪国気分が満喫できて、飽きたらショッピングやその他に戻れる都市系雪国は、ライトに雪を経験したい層に向いてる。

 

はい、気温はマイナス1℃。最高気温もマイナスとなると真冬日なんだってさ。11月下旬とはいえ、札幌は真冬に突入しました。

f:id:waltham70:20171119181840j:plain

葉っぱはまだ、たくさん残ってたのにね。

f:id:waltham70:20171119181834j:plain

雪国は、いさぎよく雪が積もってくれた方が見どころも多くなる。見慣れた景色も一変させて、見なくてもいいものはすべて雪に覆われる。見なくてもいいものは、春までサヨウナラ。

 

結構な雪が降るわりには、盛って人口200万というそれなりの都市だから、日々の生活にはあんまり支障を感じないのがスゴイところ。強者(つわもの)は、雪の中だろうと何だろうと、常に変わりなくランニングしてたりするんだけど、歩くより走る方が慣れると簡単らしい。

 

ただ何をするにも、普段より30分プラスアルファで余計な時間がかかると見積もっておくと、むやみに焦ることもなし。

 

ここは雪国。

 

雪も降らず、歩くことも走ることも車を運転することも遅滞なくできる都市とは違うのさ。雪が降る季節は夜になると、交通量もいきなり減って静かになるのがいいところ。静まり返るという感覚も、そういや久しぶりで、強制的に静寂が手に入るのも、雪国ならではのメリットさ。

 

メリハリがあるのは、多分いいこと。

ただの日記

高齢化する先進国では労働力が減る一方だから、ロボットやドローンや移民労働力に頼るわけで。切実に働く理由と意欲がありながら、事情により働くことができない人は、労働を阻む理由さえ解消されれば、優良な働き手候補ナンバーワンなのさ。

f:id:waltham70:20171119181858j:plain

切実に働く理由と意欲がありながら、事情により働くことができない人に対する支援は、言わば先行投資で形を変えた青田買いなのかもね。かもかも。

 

清濁併せ吞むとかいうけれど、その場合清きが濁りを呑む、使うことを想定している雰囲気満点で、濁りが清きを使うケースは想定外っぽい。清きはホワイトな環境の賜物だから、そう滅多にブラックな環境の賜物である濁りに使われることはない。

 

ホワイト企業からブラック企業に転職してきた人、カルチャーが違うからあんまり長続きしないでしょ。

 

小樽になると積雪も30㎝に達したそうだけど、札幌も初積雪にしてはよく積もった。ヒールのある靴では、もう歩くのが怖い。

 

地下鉄に地下街、あるいは車移動に徹すると、ヒールのある靴だろうがなんだろうがカンケーないけれど、自身で車移動の方がハードルも高くなる。路肩に積もる雪が、難物なのよ。

 

ムガベ大統領がそう簡単に辞任しないのは、辞任したとたんに過去の罪状が暴かれるからだ説に大いに納得。

 

長くその地位に留まる人ほど、後ろ暗い秘密の一つや二つ、あるいは三つや四つくらい抱えてそうなものだから、そう簡単に特権的地位から降りられなくなるのかも。

 

パラダイスペーパーやパナマ文書といった税逃れの問題。

 

他に産業のないアフガニスタンでは、大麻の原料となるケシ栽培が主要な産業となり、大麻タリバーンというテロリストの資金源になっている構図と結局は一緒。

 

タリバーンは武力で誰かの人権や財産権あるいは生存権を脅かし、税逃れを利用するビリオネアたちも、ぶ厚い札束という暴力で最終的には誰かの人権や財産権あるいは生存権を脅かしているってことだから。

 

ぶ厚い札束は、まぎれもなく暴力のひとつさ。

 

ぶ厚い札束であちこちぶっ叩いたら、公正とか誠実とか善意から真っ先に死ぬ。脆弱だから。

 

ぶ厚い札束を、武力としても栄養補給源としても必要としない中間層は、後ろ暗いグレーゾーンからはもっとも遠い場所に居るはずなんだ、本来は。だから、「分厚い中間層の復活」は、後ろ暗いところややましいことなしに生計が成り立ってる層の復活と、イコールなはず。

 

独裁者や軍事政権あるいは内戦に長年苦しめられ、克服し、若年労働者を抱えて経済発展に向かってまっしぐらに進んでいける新興国は、不公平や不正義に長年苦しめられた歴史を身近に持つ国でもあって。

 

黄昏ゆくからこそ、不公平や不正義に頼るようになり罷り通るようになった国やエリアに、魅力なんか感じるはずないやね。

 

お休みなさーい。

冬将軍に勝利するのは誰か

さしてマグニチュードは大きくないものの、韓国の地震がそれなりにニュースとなったのは、そもそも韓国では地震が少ないからなんだって。なるほど。超高層ビルが林立していたり、奇抜なデザインを採用した建築物が目立つエリアは、だいたい地震とは縁遠い。

f:id:waltham70:20171118215601j:plain

だから耐震や免震も考えてなさそうな建物が多く、もしもそんな場所を大きな地震が襲ったら大変よな。

 

ついに来たよ、冬将軍。ササラ電車という、雪を掻き分け進む市電専用の除雪車も今シーズン初出動。いつ大雪が降っても大丈夫なように、防寒防滑準備もバッチリさ。こないにこしたことはないけれど。

 

今や市電が走る街は日本でも少なくなったけど、札幌や函館の市電は数少ない雪国を走る市電。しんしんと雪が降りつもるなか走る市電の姿はとってもフォトジェニックで、異国情緒も満点。

 

市電が走る姿が見えるお店、カフェとか飲み屋さんとか。そんなに多くはないけれど、観光客なら、脳内へぇボタンが押されるに違いないと思ってる。ただしこれは個人の感想です。

 

世界中に取引先をもつ日本を代表する食品メーカー、例えばキッコーマンやビール会社各社などなどが提供する食品も、まぎれもなく日本食ではあるけれど、なんとなくそういう気分になれない。

 

寿司に天ぷらすきやきとは言わないけれど、こだわりや伝統を背負った「老舗」のものこそを、何となく日本食代表として推したくなる。

 

こだわりや伝統を背負った老舗だって今や機械化が進み、“職人の手仕事“とは限らないけど、雰囲気が大事。判官びいきでナショナルメーカーより、ファミリービジネス的に”こじんまり“と、誠実そうにお商売してるお店をなんとなく贔屓にしてしまう。

 

ひと口にITあるいはICT企業といっても千差万別で、誰もがその名を知る大企業もあれば、知る人しか知らない会社もきっとある。

 

ITあるいはICT企業は、日本ではまだ新しい業種。国産のITあるいはICT企業にも、こだわりの老舗や地元で愛され伝統系が、現れるようになったら個人的には面白い。

f:id:waltham70:20171118215555j:plain

パラダイスペーパーをテーマにしたNHKの特集を見た。

 

パラダイスペーパーではイギリス王室の属領であるマン島がクローズアップされたけど、マン島はイギリス本国や欧州に比べると失業率が段違いに低く(1%を切っていた、欧州は10%程度)、税逃れビジネスが地域を潤していた。

 

ひとつの街や島が、違法とは一概に言えないけれど、公正でも正義でもないお仕事で潤うようになると、公正や正義がお仕事となる人は生き辛くなる。産業になってしまうと産業を潰す側の人間は悪だから、代替となるお仕事を用意しない限り、例え公正や正義を訴えていたとしても悪人になってしまう。

 

ミドルクラスという中間層は、ビリオネアのように大金稼ぐわけじゃないから、グレーゾーンの節税策も必要としない。その代わり、平均以下の貧しい人やその他に小金ばら撒くような打ち出の小槌にもなれない。

 

打ち出の小槌にはなれないから貧者からは軽んじられ、公正や正義を訴えると富者からは疎まれる。それでも、全体最適を考えた時に後ろめたさを抱えずにすむなら真ん中でいいやと思う人は、ずっと真ん中のままなんでしょ。

f:id:waltham70:20171118215558j:plain

ホワイトイルミネーションの準備も進んでる。

11月に入ると、街もクリスマス気分でウッキウキしてる。土曜日とあって、平日は閑散としてる地下街も賑わってた。

 

朝も降ったけど、夕方も雪。駅から家までの間に、雪だるまになれそうだった。

 

お休みなさーい。