読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

得する方を選べ

日記

最近のことはちょっと置いといて。ある時期までは、何かを決める時には「得する方を選べ」に従ってきた。

 

理性と感情が対立したら、感情を優先させる方。理性で感情を殺せるほど理性的ではないから、感情に従っておかないと、あとで自分が困るので。

 

感情優先とはいえ、「得する方を選べ」も念頭に置きながらの選択だったから、滅茶苦茶大損したということもない。金のつづらと粗末な木のつづらがあったら、金のつづらを迷わず選んできた。

 

持たざる若者にとって、「清貧」の思想は毒薬。持たざる者の矜持として、なんだか美しい響きもあって甘美に聞こえるけど、若者だったら可能性も未来もあるんだから、もっとガツガツ欲張った方がいい。

 

日本でも「三代続いたらジェントルマン」はある程度真実で、ガツガツしてない人の頑張らない生き方の背後には、豊かなバックグラウンドが隠されている可能性も大アリ。なので、ライフスタイルにかかわるオピニオンは、「オピニオン」のセールスマンによるセールストークの可能性もあると、鵜呑みにはできない。

 

何にだって値札のつく世の中では、「オピニオン」だって立派な商品になるのさ。

 

体力と気力のあるうちに、いちどはパーティーピーポーな生活も垣間見るか経験しておいて、その上で合う・合わないを決めればいい。

 

経験したうえで「いらない」と言えるものだったら、あとでみじめったらしくひと様のライフスタイルに文句をつけることもなく、他人事として心穏やかに過ごせるから。

 

若かりし頃と違って、今の自分にとっての「得」は、日常を邪魔しないもの。確固たる日常を壊さないものが自分にとっての「得」だから、何かを選ぶ時も、ガツガツする必要がない。

 

得の意味は、年代や個性といったものによっても変わってくる。金銭的利益は万人にとっての得とは限らないから、わかりやすく金銭がインセンティブになっている方が、使い勝手がよくて重宝されるんだろう。

使い勝手がいいように振る舞っていると、金銭があとからついてくる。そんなのはじゅうぶん承知だけど、使い勝手よく振る舞うメリットが著しく低いから、ヤル気も極小。

 

かといって資本主義社会では、貧乏神は嫌われ者。お金スキーを全面に押し出しておかないと、「他人の悪口を言いながら食べるご飯がいちばん美味しい」あまり、お金と縁の薄かった人種が寄ってきてしまう。その辺のバランスなんだな、要は。

 

お金スキー、あるいはお金とってもスキーで、金銭的見返りなき人に誓う忠誠心の持ち合わせは、なしってことで。人的つながりも、あってプラスになる場合とマイナスになる場合があるのさ。

 

お休みなさーい。