読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

ディズニーなのに王子様の出番なし、『モアナと伝説の海』見てきた

映画 レビュー 映画館

思わずハミングしたくなる、ステキな曲がいっぱいの『モアナと伝説の海』見てきた。見たのは字幕版。


映画『モアナと伝説の海』日本版予告編

 歌って踊る、海洋冒険ファンタジーにして、“嫌々”バディもの。見終わった後は、背筋が伸びて前向きになれて、心が凪ぐ。さすがディズニー。出てくるキャラクターもみんなカワイイ。凶暴でもカワイイ。

 

海に選ばれた少女モアナと、ごっつい割りにはすばしっこい大男マウイとの、凸凹コンビによる海の旅冒険編。ポリネシアンな南の海がとぉーっても魅力的で、今すぐハワイやボラボラ島あたりのリゾート地へと飛んでいきたくなる。年度末で仕事とストレスが溜まってる人には、目の毒で超キケーン。でもきっと、リフレッシュできる。

 

“海に選ばれた少女”という、ごっついパワーワード持ちの少女モアナが主人公。海に選ばれ愛されてるだけじゃなく、村中の人からも愛されてスクスク成長中。親に止められようと、掟を破ることになろうと、行ってはいけないとされる、遠い海の向こうに行ってみたくてしょうがない。

 

なんたって、海が呼んでるから。

 

おいでおいでと、モアナを海へと誘う波の動きが、素晴らしくよく出来ていて、CGやアニメーションの門外漢でも、こりゃすげぇ技術なんじゃないのか???とうっとりできる。

 

うっとりするのも道理で、

もうひとりの主人公“海”

と、映画公式フライヤーにもくっきりはっきり明記されている。フライヤーといえど、本国のGOがないと勝手なことは書けないらしいからな。これは公式見解ってことでいいんだろ。バディとなるマウイの立場どこよ。。

 

さて海に選ばれた少女といえど、航海は未経験のモアナ。海と運命がモアナのバディにと選んだのが、変身の達人マウイ。

 

モアナより年長のおっさんなんだけど、メンターというには稚気があり過ぎて、バディがいいところ。ぶっちゃけ相当大人げない。ロマンスなんか生まれようもない、モアナとマウイ、二人の距離感と関係性は、本意ではないけれど共同で作業に当たるしかない、どこかの職場でも通用するかも。かもかも。

 

恋愛抜きのバディというこの二人の組み合わせ、今までのディズニーにはないから新しい。

 

モアナはお姫様(というにはかなり質素)っぽくもあるけれど、今回王子様は出てこない。ディズニー、ついに王子様追放しちゃったよ。。王子様が居なかったら、ヒロインは強くなるしかない。ところでどうしてそんなに女性を活躍させたいのさ、ディズニー。その一方で、父親は娘に対して過保護になるばっかりなんだけど、そこさえ織り込み済みなのか???

 

全身にタトゥーが入ったごっつい風貌のマウイなんだけど、このタトゥーがまた大変によくできていて、見もの。

 

ファッションで入れるタトゥーとは明らかに別物の、民族固有の伝統に根差したものだったねそういやと、タトゥーのルーツに思いを馳せられる。

 

舞台としたオセアニアポリネシアに調査旅行をし、歴史や文化を入念にリサーチした片鱗と異文化へのリスペクトが、どのシーンからも顔を覗かせる。

 

純然たるエンタメ作品ながら神話的で、適度にワンパターンで教訓的で、落ち着くべきところに落ち着いて、よかったよーと別の世代にも繰り返し伝えたくなる。結末もストーリーも、すっかりわかっていてもなお、何度でも飽きずに見れそう。

 

心疲れた時に見るべきウォッチングリスト入り、確定。監督コンビは『リトル・マーメイド』も手掛けたらしいからな、それも納得。

 

モアナは航海に出る気満々ながら未熟で、女神テ・フィティの心を取り戻すという「使命」を果たすにも未熟。一方マウイは航海に出る気はサラサラなくて、イヤイヤ渋々ながらも航海の腕は達者で、頼りになる水先案内人。

 

荒波に揉まれたら、大抵の人間は鍛えられる。組む気のない相手ながら、しっかりバディとして機能していく過程に成長あり。少女モアナはもちろん、マウイだって成長する。成長しない冒険の旅なんて、見たってしょうがない。

 

鍛えられるのは、わかってるんだけどさ。じゃあそもそもどうして、誰も漕ぎ出したことのない海へと漕ぎ出すのさ?という答えも、「使命」とは別にちゃんと用意されているからますます神話的。

 

危険を冒しても航海に出るのは、実り多き場所、豊かな新天地を求めてのこと。

 

産めよ増やせよで一箇所にとどまっていたら、煮詰まってやがてその土地は枯れてしまう。あるいは、天変地異が待っているかもしれない。

 

ワンピースにパイレーツオブカリビアンに、古くは宝島に。海賊のイメージがつきまとう航海は、そういやそもそも新世界を求めてのものだったよね。リメンバー大航海時代。航海に出る船が増えたから、海賊という隙間産業も産まれたようなもの。海賊が先じゃない。航海は、誰かから奪うためじゃない。

 

あらゆる生き物を産む女神テ・フィティの造形がまた、神話的でス・テ・キ。最後までワクワクが途切れない。もちろんこれは、個人の感想です。ストーリーに退屈を感じた時は、技術に思いを馳せればよし。相当高度な技術が、使われてるっぽい。

www.buzzfeed.com

すべてのピースが収まるべきところに収まった時、現れるのはとびきり美しい航海図。羅針盤となる景色があって初めて、飛び出してみたら?と未経験者にだって勧められるってもの。

 

大人というには未成熟で、トリックスターそのままに茶目っ気たっぷりなマウイのキャラにイメージぴったりな声を、ドウェイン・ジョンソンが演じてる。字幕版で見てよかった。

 

インタビューで、ドウェイン・ジョンソンがおいおい泣いたとか言っていた。この映画でおいおい泣いたのか???と、あの巨体とのミスマッチで不思議な気持ちにもなれる。

 

お休みなさーい。