読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

小松菜と豆腐の中華炒め

レシピ 食べ物

3ヶ所に分散してるバッグの収納場所を、2時間かけて断捨離という名の整理におよんで捨てる決心がついたのは、たったの1個。断捨離向いてないわ。ついでに、夜になって新たに手つかずのバッグ収納ケースを発見してしまったのが、本日のクライマックス。

 

精神的にぐったりしてる時は、食べ物の写真で自らを慰めましょ。

 

初めて出会ったのは、スーパーの「ご自由にお持ちください」のコーナーか何かだったはずのレシピ。やっすい出会いだったのに、使い勝手良すぎてヘビーローテーションしてるのが、「小松菜と豆腐の中華炒め」。

f:id:waltham70:20161002212654j:plain

【材料】

  • 小松菜 1束 
  • 木綿豆腐 1/2丁 
  • 豚小間(あるいはひき肉でも) 50g 
  • ねぎ・しょうがのみじん切り 適当 

f:id:waltham70:20161002212647j:plain

小松菜は食べやすい大きさにカット。豆腐もひと口サイズにカット。豚小間には【しょうゆ小さじ2、砂糖小さじ2、豆板醤少々】で下味をつけておく。

f:id:waltham70:20161002212641j:plain

熱したフライパンで豚小間を炒め、肉の色が変わったら豆腐も加えて炒める。

f:id:waltham70:20161002224623j:plain

炒めた豚小間と豆腐はいったん皿に取り出す。

 

必要であれば油を足して小松菜を炒め、塩少々をふる。

f:id:waltham70:20161002212636j:plain

小松菜がしなっとしてきたら、小松菜と豆腐を戻し入れ、【水120cc、顆粒だしの素小さじ1、しょうゆ小さじ2と片栗粉大さじ1】を加えて煮る。とろみがついたらOK。

f:id:waltham70:20161002212634j:plain

完成。

f:id:waltham70:20161002212632j:plain

ご飯との相性が、とってもいいレシピ。辛めが好きなので、豆板醤は少々以上の量を使っている。写真だと茶色っぽい仕上がりになってるけど、豆板醤を控えめにすると、小松菜の緑が目立って、「私、今野菜食べてるや~ん」という視覚的効果まで得られる。

 

豆腐・豚小間(あるいはひき肉)・季節になるととっても安くなる小松菜と、価格の優等生をより集めたレシピ。ヘビーローテンション化するのもむべなるかな。むべなるかなの「むべ」はアケビに似た果物だそうで、酸味はあんまりなさそうね。。

 

ねぎやしょうがは、余力のある時にみじん切りにして冷凍庫にストックしておくと、コンビニでも調達できそうな材料で作れる。小松菜やホウレンソウ、それにニラはコンビニでも手に入るのは、北海道あるあるなのか。そのあたりはよくわかりません。

 

 

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp