読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

思い出のニンジンとクルミとカッテージチーズのサラダ

やたらめったとニンジンのサラダ、いわゆるキャロットラペが好きで、うさぎにも親近感がわく。うさぎがキャロットラペを食べるかどうかは、知らないけどさ。

 

普段作る時はテケトー。テケトーに慣れて正規レシピが不明になったら悲しいので、書き起こし。記録するの、大事ねー。元は雑誌か何かに掲載されていたレシピを切り抜いたもの。

f:id:waltham70:20160927232309j:plain

【材料】

  • ニンジン 1本 
  • クルミ 10粒~15粒(好みで) 
  • 酢 大さじ3 
  • サラダ油 大さじ5 
  • 塩小さじ1/3 
  • 砂糖少々 
  • カッテージチーズ 1/2カップ

ニンジン1本はよく洗い、皮をむいて千切りにする。

f:id:waltham70:20160927232305j:plain

千切りに使うのは、年季が入っただけのチープな野菜カッター。チープなだけに長持ち。壊れようがない。洗いやすいところが、何より気に入ってる。

 

千切りバージョンのスライサーもあるけど、食感がいまいち気に入らないので、薄切りにした後に包丁で千切りにしてる。単なる個人の好みです。

f:id:waltham70:20160927232259j:plain

ボウルに塩、こしょう少々、酢、砂糖を入れてよくかき混ぜる。

f:id:waltham70:20160927232256j:plain

さらにサラダ油を加え、ドレッシングを作る。オリーブオイルでもいいけど、クセがないサラダ油で作った方が、美味しいと思ってる。

f:id:waltham70:20160927232302j:plain

クルミは、食べやすい大きさに砕く。

f:id:waltham70:20160927232254j:plain

ドレッシングに、千切りにしたニンジン、クルミを加え、食べる直前まで冷蔵庫で冷やす。

f:id:waltham70:20160927232251j:plain

食べる直前にカッテージチーズを加え、完成。

 

上場前のクックパッドにアカウントを持っていて、備忘録的に細々とレシピをアップしていた。(アカウントは上場前に消滅させた。さして情熱も持ってなかったので)このサラダは、ピックアップレシピか何かに取り上げられたせいか、コメントやつくれぽが自分的には結構ついたレシピ。

 

そもそも備忘録的なメモ代わりに持っていたアカウントなので、コミュニティへの帰属意識も毛頭なし。相当頑張って活動されてるアカウントを、ゴクロウサマナコトデ~と冷めた気持ちで眺めてた。

 

寄せられるコメントの大半は、「あんたのレシピにコメントしてやったから、私のレシピページにもコメント頂戴よ」的なものだったので、大抵はスルー。その中で、とある方から寄せられたコメントは今でもよく覚えてる。

 

東北が出身か東北にルーツのある方で、故郷ではニンジンとクルミの組み合わせは料理にもよく登場するとのこと。クルミには、ニンジンのアクを取ってくれる(もしかして逆だったかも。。自信なし)作用があることを教えてもらった。

 

どうでもいいようなコメントがほとんどだったから、真面目に取り合った真摯なコメントは珍しかった。珍しかったから、何年も前のことだったのに、よく覚えてる。

 

今みたいに、色んなアプリやサイトが乱立する前のお話。リアルの世界でニンジンのサラダについて語る場なんてあるはずもなく、ましてやコメントのような反応があるとも思っていなかった。どこの誰とも知れない人から、その後何年にも渡って覚えてるようなお役立ち知識を伝授してもらう経験が、とにかく新鮮だった。

 

今となっては、秋ならかぼゃちゃにさつまいもにリンゴと、季節のレシピやお役立ち豆知識が、こちらが求めるまでもなく飛び込んでくるようになった。しかも大量。

 

そういう出会い方をする限り、何年にも渡って覚えているような、記憶に残るような出会いにはならないんだな。

 

マシン、人工知能によるリコマンドには限界があるけれど、数撃ってもかすりもしない対人コミュニケーションにも期待薄。結局そこは、リアルと変わりゃしない。マシンのご託宣を日常にしていると、たまーに聞こえてくる生の人間の声が、えらく重々しく聞こえるようになるものさ。

 

お休みなさーい。