読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

しゃくしゃくとした食感もいい、豚肉とレンコンのオイスターソース炒め

レンコンの旬は秋らしいけど、今の季節もフレッシュなレンコンが出回ってる。以前住んでいた場所はレンコンの産地に近く、蓮田もあちこちにあった。ロータスピンクの群生のそばを、たびたび車で通り過ぎていた、場所の記憶と結びついている食べ物。しゃくしゃくした食感が好き。

f:id:waltham70:20160721231000j:plain

【材料】

  • 豚肉(豚バラでも豚ロースでも) 200g
  • レンコン 100g
  • ピーマン 1個
  • にんんくとしょうがのみじんぎり にんにく2 : しょうが1
  • 酒・オイスターソース 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1~2
  • ごま油

f:id:waltham70:20160721231002j:plain

レンコンは半月に切り、酢水にさらす。ピーマンは細切り、豚肉はひと口大に切る。

f:id:waltham70:20160721231005j:plain

フライパンを熱してごま油をひき、レンコンを中火で火が通るまで炒める。炒めたあと、いったんフライパンから取り出しておく。あらかじめ電子レンジで加熱しておけば、炒める時間も短縮できる。

f:id:waltham70:20160721231012j:plain

引き続き、にんにく・しょうがのみじん切りを炒め、香りが出てきたら豚肉を加えて強火で炒める。肉の色が変わったら、ピーマン、レンコンを戻し入れて炒める。

f:id:waltham70:20160721231017j:plain

f:id:waltham70:20160721231027j:plain

f:id:waltham70:20160721231039j:plain

酒とオイスターソースを、全体にからめるように加える。しょうゆを加える。濃い味付けが好みの場合は、適宜各調味料を足して調節する。

f:id:waltham70:20160721231048j:plain

ゴマをぱらぱら振って、完成。

 

インテリア特集目当てで買った雑誌に載っていた、料理研究家ケンタロウのレシピ。ケンタロウがもしお店を出すなら、そこで看板にしたい定食メニューということで、何品かのレシピとともに紹介されていた。いずれのレシピも副菜とともに紹介されていて、THE定食!なレシピになっている。彼が作る料理はどれもそうだけど、ご飯がすすむ味。

 

何品か紹介されているなかで、もっともよく作っているのがこのレシピ。嘘かほんとか知らないけれど、レンコンはケンタロウの好物となっている。

 

切り抜きもせず、レシピが載っていた雑誌ごと手許に置き続けている。この先もう彼の新作レシピを見ることはないんだな、と雑誌を取り出すたびに、もの哀しくなる。

 

思い立って調べてみたら、レシピ本にまとまってた。このレシピが載ってるかどうかまではわからず。

ケンタロウの日の出食堂 (ベネッセ・ムック)

ケンタロウの日の出食堂 (ベネッセ・ムック)

 

 

 

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp