読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

味が濃いから食も進む、きのこと茄子の当座煮

あればしばらく・当分の間は間に合うから当座煮とか。濃い味付けの保存食。今の季節は素麺の具にしてもよし。

f:id:waltham70:20160717224951j:plain

【材料】

  • きのこ数種類(しめじ、えのき、しいたけetc.etc.) 合わせて400g
  • なす 1本
  • 油揚げ 1~2枚
  • にんにく(すしおろす)・唐辛子少々
  • しょうゆ・みりん・酒 大さじ2
  • 砂糖・ウスターソース 大さじ1

f:id:waltham70:20160717224948j:plain

きのこは水でさっと洗い、食べやすい大きさに切る。なすも、油揚げも、食べやすい大きさに切る。しめじもえのきも、可食部だけを考えたら大体どれも1パック100gほどかと見当をつけてる。3種類プラス1パックで、大体400gをクリアー。

f:id:waltham70:20160717224945j:plain

砂糖はきび砂糖を使用。なので茶色い。すべての調味料を深めのフライパンに入れ、煮立ったらきのこ・なす・油揚げを順番にいれていく。

f:id:waltham70:20160717224942j:plain

そのまま蓋をして、やや強めの中火で蒸し煮にする。調味液に対してきのこなどの具材が多過ぎるように見えるけど、きのこから水分が出てくるので、ダイジョーブ。

 

あとは、汁気がなくなるまで煮るだけ。テフロン製など、焦げ付きにくいフライパンや鍋の使用を推奨。火加減を気にすることなく、他のことができるから。煮始めた後は、基本ほったらかし。その間に、同時進行で他のおかずを作るのさ。

f:id:waltham70:20160717224940j:plain

完成。なすもクタクタに。

 

しょうゆで甘辛く煮つけている煮物なので、茶色い。食べる時には好みで白髪ねぎなどを加えると、より突き出しっぽくなる。今回は刻んだネギが残っていたので、刻みネギを散らした。好みでレモンを絞れば、爽やかに。

f:id:waltham70:20160717224953j:plain

素麺など、あっさりし過ぎた食事の時に副菜として活躍する。単体でしっかり味がついているので、青ネギと一緒に卵とじにすれば、丼ものとしても使える。きのこはシーズンを問わずに手に入る食材なので、季節を問わずに使えて便利。

 

もともとは、スーパーに置いてあるレシピだったはず。切り抜きしか手許に残ってないので、多分だけど。

 

waltham7002.hatenadiary.jp

waltham7002.hatenadiary.jp