読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

『独裁者の部屋』再放送を見て、独裁者を打倒する方法を考える

七夕に願うのは家内安全。千や百の家内安全が集まった先に、世間の平和もあると考えるお花畑の住人。自由がいちばん好きさ。

 

2015年の日本賞を受賞したドキュメンタリー作品『独裁者の部屋』の再放送1・2回目を見た。

www.nhk.or.jp

民主主義の価値について考えさせる、スウェーデンを舞台にしたリアリティー番組風の作品。テーマはおかたいけれど、リアリティー番組風でいい意味で“あざとい”ので、マジメなのはちょっとねーな人でも面白く見られる。

 

8人の若者がとある場所に集められ、賞金10万クローネ(約150万円)をかけて、8日間の疑似独裁体制を体験する趣向。8日間で150万円ゲットなら、割のいいバイト。ところが世の中甘い話はそうそう転がってないもので、自由な民主主義社会を謳歌する若者にとってはツラいことの連続が待っている。

 

携帯やパソコンなど、電子ガジェットは禁止。外出も禁止。指示があるまで自室から一歩も出られないなど、自由はとことん制限された環境下で、単純作業に従事させられる。

 

たった8日間のこととはいえ、見知らぬ他人との共同生活(個室はあるけど)。

 

生き残って賞金を獲得するためには、何が正解かはまったく知らされないまま、疑似独裁体制がスタートする。

 

独裁者からの指示は、お手紙で届くだけ。姿なき独裁者の鶴のひと声に、振り回される8人の若者たち。

 

何が正解かはまったく知らされないままなので、「みんなで仲良く」を選べばいいのか、「自分だけでも生き残ってやる」のがいいのか、全8回のうち2回分を見ただけでは、視聴者にも判断がつかない。

 

トイレットペーパーを筆頭に物資は限られ、娯楽もなし。娯楽になるのはメンバーとのおしゃべりぐらいだけど、それも独裁者のひと声で、いきなり中断される。

 

こうすればいいだろうという、原則論や方法論がまったく役に立たない状態。試されるのは社会経験の浅い若者で、社会経験は浅いけれども“社会に対して明確な意思を持っている”声のデカい”若者たち。声のデカい若者が、痛めつけられるのを楽しむという悪趣味も満足させる趣向。今後は、前言をひるがえして生き残りを図ろうとする若者の、変節を楽しむという悪趣味も満足させるんじゃないかと、予想する。

 

不自由なく育った人は“欠乏”、“足りない”という状態に、我慢ができない。

 

真っ先に奪われるのは自由時間で、ワガママいっぱいジャイアン風男子がまずは脱落する。今後の展開は次週の放送を待つしかないけれど、労働と報酬がセットになって、自由以外の物資も削られていくと予想。

 

アメとムチは、独裁者が使う常套手段。歴史の浅い国やコミュニティ、あるいはスタートアップでもいいけれど、ストックのない彼らが豊かになるには働くしかない。かくして独裁者は労働を奨励する。すっげーツマンナイ労働なんだけど。

 

歴史が浅くストックのない国やコミュニティあるいはスタートアップには、ステキなお仕事はあんまり降ってこないことを、強烈に皮肉ってる。文化的あるいは文明的なお仕事を得ようとする、国やコミュニティやスタートアップは、ツマンナイお仕事から始めてストックを積み重ねるしかないのか。

 

こつこつストックを積み重ねるのがイヤだったら、“奪う”を選ぶ人もきっと出てくる。コツコツより早いから。

 

ところが最短距離を行こうとすると、“信用”を失う。信用を失った国やコミュニティやスタートアップには、やっぱり文化的あるいは文明的なお仕事は回ってこない。

 

信用を毀損することなくストックを最短で最大化するには、どうすればいいのか。ただ生き残ればいいだけのサバイバルとは違う。文化的あるいは文明的にも勝利しないと、独裁者に勝つ、つまり民主主義が独裁に勝利したことにはならない。

 

全員の合意形成が必要なところが肝。いったん合意に至ったら、事態は動き出してしまい、もう後戻りはできない。

トイレットペーパーの代わりに化粧品を選んでしまったら、トイレットペーパーなしの生活に耐えるのみ。不衛生だけど、メイク、見てくれを主張する意見に同意したのだから。合意にガマンできないものから去っていき、多様性が少しづつ失われていくのも、強烈な皮肉になっている。

 

多様性を失った方がコミュニティの運営はうまく行き、みんなでハッピーなエンディングを迎えられるのか。それともまだ落とし穴が待っているのか。多様性を失って不活性化したコミュニティの方が、未来は暗そうで文化とも文明とも縁は薄そうなんだけど。

 

次回も楽しみ。7月10日(日)に3・4話が、 7月17日(日)に5・6話 が、7月24日(日)に7・8話が各々放送される。いずれも午前0時~1時、土曜の深夜24時から再放送があるっぽい。

 

お休みなさーい。