読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

音楽映画ベストテンを選んでみた

ランキングを選んだり、考えたり。あんまり好きな作業じゃないけど年に1回ぐらいならいっか。音楽映画ベストテンを選んでみた。

  1.  ドリームガールズ
  2. ヘアスプレー
  3. ジャージー・ボーイズ
  4. オーケストラ!
  5. ブラス!
  6. ONCE ダブリンの街角で
  7. ドラムライン
  8. ピッチ・パーフェクト
  9. シャイン
  10. 永遠のマリア・カラス

1位『ドリームガールズ

ドリームガールズ (字幕版)

ドリームガールズ (字幕版)

 

 実在する黒人女性バンド、スプリームスをモデルにしたミュージカル映画。喧嘩別れで終った事実とは、異なるハッピーエンドを用意しているところが映画的楽しさに溢れていて好き。

 

2位『ヘアスプレー』

ヘアスプレー [Blu-ray]

ヘアスプレー [Blu-ray]

 

 ジョン・トラボルタが女装しながら熱唱。踊りまくって歌いまくる、とにかくハッピーになれる愉快な映画。

 

3位『ジャージー・ボーイズ』

ジャージー・ボーイズ(字幕版)

ジャージー・ボーイズ(字幕版)

 

 こちらも実在するバンド、フォー・シーズンズをモデルにしたミュージカル映画。かん高い男性ヴォーカルに最初は面食らった。スターのサクセスストーリーを追った映画は数あれど、イーストウッド監督の演出が凝っていて好き。

 

4位『オーケストラ!』

オーケストラ! (字幕版)

オーケストラ! (字幕版)

 

 落ちぶれたロシアの元有名指揮者がオーケストラをでっち上げ、パリで公演するという、ハートフルヒューマンコメディ。ラストで15分近く続く、エモーショナルなチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が耳に残る。

 

5位『ブラス!

ブラス! [DVD]

ブラス! [DVD]

 

 ブラスバンドで町おこししようとした、イギリスの炭鉱町が舞台のヒューマンドラマ。音楽は、音楽産業だけのものじゃない。

 

6位『ONCE ダブリンの街角で

ONCE ダブリンの街角で [Blu-ray]

ONCE ダブリンの街角で [Blu-ray]

 

 音楽を通して年の差愛を描く。男女の愛の越えた、もう少し大きな愛が描かれてた。

 

7位『ドラムライン

ドラムライン (字幕版)

ドラムライン (字幕版)

 

 アメリカはアトランタにある、名門マーチングバンド部を舞台に描く青春映画。ど迫力の演奏とパフォーマンスが、とにかくカッコいい。あんまり光が当たらない人たちに光を当てた、そんな作品でもあった。

 

8位『ピッチ・パーフェクト』

ピッチ・パーフェクト [Blu-ray]

ピッチ・パーフェクト [Blu-ray]

 

 アメリカの女子大生アカペラグループを舞台にした映画。海外ドラマ『glee/グリー』をちょっと彷彿とさせる。歌が好きでつながった、でこぼこな女の友情がステキ。

 

9位『シャイン』

 才能に恵まれながらも才能に押しつぶされた、あるピアニストの悲劇を描いた映画。実在する人物をモデルにしてる。才能と、才能を育む入れ物としての精神と。どちらも揃ってはじめて花開くものがあるんだと知った。

 

10位『永遠のマリア・カラス

 カラスとも親交のあった、フランコ・ゼフィレッリが監督した作品。激やせに大富豪との恋に、舞台以外でのゴシップイメージが先行するマリア・カラス。優れた歌手としてのマリア・カラスに迫った誠実なこの作品で、見る目が変わった。

 

ミュージカルが映画化されたもの、『シカゴ』や『マンマ・ミーア』はノーカウントにした。どこまで映画単体として見るか迷いつつ、元になったミュージカルのことをなーんにも知らない作品は、映画としてカウントした。

 

☆選外だけど。。。な映画

『今宵フィッツジェラルド劇場で』

今宵、フィッツジェラルド劇場で [DVD]

今宵、フィッツジェラルド劇場で [DVD]

 

 ランキング入りさせたいような、音楽というよりラジオやエンターテイメント界を描いた作品という印象が強いので選外にした。でも好きなのよ。作中で使われたメロディーが、いつまでも耳に残るような作品がランキング入りした。

 

ストーリー的には若者サクセスストーリーだけど、歌詞にショ-ゲキを受けた『8 mile』も、ほんとは同率10位くらいにはしたいところ。

8 Mile [DVD]

8 Mile [DVD]

 

 虐げられしもののための音楽が、いつの間にか勝者のものになっていて。恵まれた黒人よりホワイトトラッシュの彼の方が、歌う資格はよほどあったはずなのに、なかなかステージに立てないジレンマを、真っ向からから描いていてよかった。

 

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』も、ライブシーンはめっちゃ良かったけど、映画として見ると正直退屈。

ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ [DVD]

ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ [DVD]

 

 映画館で寝そうになった。映画として楽しむなら、演出が凝ってる方が好みなんだと再確認した。

 

追記:今年見た『セッション』は、音楽映画というよりバトル映画として認識されてる。映画の中のシーン、いくつも思い出せるけど不思議と「音楽が鳴ってない」映画だった。映画としては面白かったけど、音楽映画ベストテンを選ぶ時には、音楽っていいね、と思えるものをより高く評価した。

 

こちらの企画に連動。

d.hatena.ne.jp

 

 2014年はこんなの選んでた。

waltham7002.hatenadiary.jp

 お休みなさーい。