読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

さっぽろオータムフェスト2015ではちみつアイス

今日から10月で神無月、残り2ヶ月で今年も終り。季節の移り変わり早っ!

f:id:waltham70:20151001204406j:plain

 
最低気温が10℃を割りこみ、最高気温も20℃に届かなくなった今日この頃。オータムフェストでアイス食べるのもツライ季節になってきた。

f:id:waltham70:20150915153442j:plain

(写真は使い回しだ☆)
さっぽろオクトーバーフェスタにオータムフェスト大通公園でやってるから風冷たいのよね。。一部テントのところもあるけど、基本的には戸外で吹きっさらし。 夜間出掛ける時には重装備で臨まないと、風邪っ引きへまっしぐら。夕方になるとぐっと気温も下がるので、軽めのダウンやコートの人も出現してる。最近だと 11℃くらいの時もあったから、手袋・マフラーでも全然おかしくない。
 
 
あっという間に秋は冬に変わるのよ。ちなみに”ホットワイン”を用意してる店舗もあるので、酔っ払ってしまえば無問題か。
 
 
当初は全種類制覇しようと鼻息も荒かった「しめパフェ」も、行列に恐れをなして少しも消化されず。

f:id:waltham70:20150910214502j:plain

f:id:waltham70:20151001204448j:plain

(洋梨とレモンのフルーツパフェ。)
シメパフェに限らずアイス系スイーツが充実してるオータムフェストでは、ご当地色豊かなアイスやソフトがいっぱい。
 
 
メロン半分に切って真ん中にソフトクリーム流し込んだメロンソフトや、冷凍したいちごをかき氷状に削ってソフトクリームをてっぺんに乗せたいちごけずりにさくらんぼソフトと、目移りする。
 
 
そんな中、思わず目を奪われたのが「はちみつソフトクリーム」。お店の前にミツバチの巣箱をディスプレイしてる。

f:id:waltham70:20151001204502j:plain

f:id:waltham70:20151001204532j:plain

f:id:waltham70:20151001204522j:plain

(これほどの至近距離で対面するのは初めて。ブンブン飛び回るこやつらが集めてきたものを、喜んで食べてるのかと思うと感慨深い。。)
 
円山は、札幌で人気の住宅地&お出掛けエリア。円山で採れたご当地はちみつを使ったスイーツが食べられる。円山動物園もあって、北海道神宮もあるエリアだから、自然は豊か。エゾリス駆け回り、時々クマも出没してニュースになってる。
 
 
はちみつはかけ放題。アカシアはちみつに比べると、色が濃い。ねっとりと粘度もマシマシな気もするけれど、冷たいソフトにかけたせいかも。栗やとちのはちみつっぽい濃厚さ。

f:id:waltham70:20151001204542j:plain

札幌では円山だけでなく、桑園でもご当地はちみつ作ってるはず。このオータムフェストでも、道内産ご当地はちみつを使ったスイーツを出してるお店が他にもあり。みつばちがどの花の蜜を選ぶかで、はちみつの味も変わってくる。はちみつの味の違いは植生の違いを反映してるから、同じ札幌市内でもはちみつの味は 違ってそう。道内に範囲を広げたら、もっとバラエティに富んだ複雑な味になるのか。ヒトがブレンドするものと、ミツバチにおまかせしたものと、どちらがよ り美味しくなるのか。
 
 
理科の実験、あるいは夏休みの自由研究っぽくて面白い。
 
 
そういや、”みつばちが消える”謎とかあったね。結局原因は何だったのか。農薬?思い出しただけで深堀りする気はてんでナシ。
みつばちの大地 [DVD]

みつばちの大地 [DVD]

 

 

みつばち育てようプロジェクト、セレブの人も取り組んでる。オバマ大統領夫人に触発されて、日本の総理夫人もみつばち育ててる。

www.sankei.com

社会の上方の方で始まったムーブメントが、シモジモのもとに降りてきた時にはスイーツに化けております。
 
 
今は無きホテル西洋銀座の「銀座はちみつマカロン」が好きだった。いや今でも好きなんだけど、食べる機会がない。
 
 
銀座ミツバチプロジェクトは現 在も絶賛進行中で、スマート巣箱の考案者とも親交を深めててグローバル展開してた。グーグルさんもミツバチ飼ってるらしい。はちみつ、世界の最先端や上層 の人に人気ね。

nge.jp

今はレトロなミツバチの巣箱だけど、オータムフェストの会場にスマート巣箱が登場したら楽しい。家庭でもできるはちみつ採取セット売り出したら、ロハスナチュラリストなファンに売れるかも。マンションやビルの屋上でできる都市農業のたしなみのひとつとして。ヒトがたくさん住む都会で、農薬ばしばし撒くわけ にはいかないから、都市養蜂は、みつばちにも優しそう。
 
 
消費に飽きた人は、生産者になるのがお好き。家で育てるつもりで買ったハーブセット、ほったらかしてるくらいなので、まだまだ消費意欲は旺盛なり。とりあえず、おいしいマカロンやスイーツが食べられれば文句なし。
 
 
お休みなさーい。