読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

ビスケット三姉妹

おやつ
マリーかチョイスかムーンライトか。森永から出ているビスケット三姉妹ともいえるこれらの中から、どれを選ぶかで性格判断も出来そう。

f:id:waltham70:20150228233735j:plain

マリーを選んだあなた。

ビ スケットの語源、「2度焼かれたパン」=ビスコクトゥス・パーニス(bis coctus panis)にもっとも近い、正統派ビスケットのマリー。そんなマリーを選んだあなたもまた、オーセンティックなものを好みます。信頼できる本物が好きな あなたに足りないのは、冒険心です。冷たい牛乳とマリーの組み合わせは至高です。ですが、時にはマリーにコーンスープを添えて、ちょっと背伸びしてみるの はいかがでしょうか?生真面目さの中に秘めたあなたの優しさ、その魅力にさらに多くの人が注目するでしょう。
 
 

チョイスを選んだあなた。

バ ターと薄力粉の配合比率1:2に対し、1:1で出来上がったものがサブレ。そのサブレに最も近いチョイスを選んだあなたは、公平さを尊ぶ人です。サクサク とした食感の中にもバターの濃厚な香り漂うように、一見ドライな中にも秘めた情熱が隠されています。そのままでもじゅうぶん魅力的なあなたですが、実はタ ルトの土台にぴったり。インスタントコーヒーに浸したり、あるいは砕いてみたり。縁の下の力持ちに徹した時にこそ、あなたの魅力はいっそう輝きます。
 
 

ムーンライトを選んだあなた。

ビ スケット三姉妹を謳いつつ、実は糖分と脂肪分を40%以上含んでクッキーに分類されるムーンライト。そんなムーンライトを選んだあなたは、実はクッキーな のと声を大にして言えない恥ずかしがり屋さんです。卵とバターに支えられた、まろやかな魅力たっぷりのあなたは、今のままでもじゅうぶんにステキです。あ なたに足りないのは自信だけ。シャイなあなたはそのままに、上にクリームやカスタードを載せてみましょう。それだけで、誰よりもステキなタルトに早変わ り。他人の魅力をも引き出す、それはあなたにしかできないことです。
 
 
インターネットの集合知に頼っても見つからなかった”ビスケット占い”。なので、勝手に創作してみた。
 
ビスケットを使ったレシピはこちらを参考にしてる。
 
1855 年、水戸藩の柴田方庵が、同藩の荻信之助にパン・ビスケットの製法を書いた「パン・ビスコイト製法書」を送ったから今日2月28日はビスケットの日。そこ まで詳しくわかっていながら、我こそは日本最古のビスケットを今に伝える店なり。と、どこも名乗り出ない不思議。水戸に老舗の洋菓子店あったかな???江 戸詰めの水戸藩士にでも送ったのか???
 
 
ビスケットといえば花椿花椿ビスケットを擁する資生堂パーラーに飛んでみたけど、特に言及なし。あのお店のウリは、やはりアイスクリームだった。


花椿ビスケット白缶|焼菓子│商品情報│資生堂パーラー│資生堂

一方馬車道ビスカウトは、カステラとともに1550年頃日本に伝来と、「パン・ビスコイト製法書」よりもっと歴史が古かった。おやこちらは、正統派ビスケットとはまた別系統か。


ビスカウト | 馬車道十番館

ではではと、日本の洋菓子店の草分け村上開新堂に飛んでみるも、明治7年(=1874年)創業だった。空白の19年間は幕末そして明治維新と激動の時代。驚 くことに、日本の洋菓子製造は国策の一環として始まっていた。諸外国と対等の立場で交渉をすすめるための秘密兵器、それが洋菓子だったとか。あら驚き。
 
 
新政府に洋菓子製造技術習得を命じられたことが、村上開新堂のはじまり。この村上開新堂、一見の客には売らない、身元の確かな紹介者を通じてしか新規客は受け付けないなど、平成が四半世紀過ぎても、それはそれは敷居の高いお店でもございます。が、お隣には誰でも買えるお店「山本道子の店」があるので、伝統に固執するばかりでもない。
 
 
その敷居の高さゆえか、あるいはルーツがそうだったからか、時にはこの村上開新堂、政争の舞台にも登場する。
1 回目の受け渡し場所については、当初押収した手帳に、8月10日の午後にイギリス大使館裏にあるレストラン「村上開新堂」に行く旨書いてあったため、その 事を追及したところ「村上開新堂に菓子の引き取りに行った」と証言した。しかしその後、法廷で同店の経営者の村上寿美子が、8月10日に同店が夏休みで閉 店していたことを証言したため、証言の信頼性が崩れた。
政治家の利用も 多い店で、時の権力者を敵に回すことになっても、嘘はつかなかった。まぁカッコいい。期せずして政争の場に出たことなど無かったかのように、今も昔も変わ らずお菓子を作り続けている。権力は勝手に移ろうから、お菓子屋にできることはお菓子を作り続けることだけ。そんな村上開新堂のカラフルなゼリー、一度は食べてみたい。。普通は買えないだけに、食べログレビューにも興味深い逸話あり。


村上開新堂 - 半蔵門/ケーキ [食べログ]

 
 
ビスケットの日だけど、最後はゼリーに思いを馳せて終わり。
お休みなさーい。