読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

チョコレートとラズベリーのパンプディング

クロワッサンで作る、チョコレートとラズベリーのパンプディングが美味しかったので、備忘録として。

 

・クロワッサン3個~5個*

・板チョコ 80g 好みでビターでもスイートでも。

・冷凍ラズベリー 適当 10個~15個くらい?

・卵2個

・グラニュー糖 80g

・生クリーム 1カップ

 

f:id:waltham70:20141215122922j:plain

甘さ控えめにしたかったのでビターチョコを使用。ロイズには板チョコもあるのです。

 

f:id:waltham70:20141215122916j:plain

*3等分にした方がビジュアル的にはきれいだけど、特大サイズのクロワッサンなので、もちっと小さくカットしてる。普通サイズで作れば良かった。。

 

f:id:waltham70:20141215122910j:plain

f:id:waltham70:20141215122859j:plain

刻んだチョコレートを湯煎にかけて溶かす。忙しい人は電子レンジで溶けるタイプのクーベルチュールチョコを使っても。

 

f:id:waltham70:20141215122905j:plain

全卵2個にグラニュー糖を加え、すり混ぜる。

 

f:id:waltham70:20141215123058j:plain

f:id:waltham70:20141215123048j:plain

チョコが溶けたら、温めた生クリーム(電子レンジでも直火でも可)を投入し、よく混ぜる。

 

f:id:waltham70:20141215123039j:plain

全卵をすり混ぜたボールに、チョコクリームを流し入れる。

 

f:id:waltham70:20141215123035j:plain

まずは3分の1量のプディング液を流し入れる。それなりに美しく並べたはずのクロワッサンがここで崩壊するので、1分ほど様子を見たのち、残りのプディング液も流し入れる。

 

根気のある方は、ここでクロワッサンを再度美しく並べ替えても可。根気がないので崩壊するにまかせ、プディング液がクロワッサンに馴染むのを、30分~1時間ほど待つ。寒い季節なら、冷蔵庫に入れなくても大丈夫かと。

 

f:id:waltham70:20141215123201j:plain

空いた隙間に、凍ったままのラズベリーを適当に散らす。

 

f:id:waltham70:20141215123157j:plain

ひとまわり大きな耐熱容器に入れ物をのせ、それから天板にのせるところを、そのまま天板にON。人肌に温めたお湯(40℃くらい)を注ぎいれ、180℃に予熱したオーブンで30分ほど焼く。

 

f:id:waltham70:20141215123152j:plain

内部の様子を見ないままタイマーまかせにしてたら焦げた。匂いからそうじゃないかと薄々気づいていたけど、他に気を取られていたらこうなった。焦げるのが嫌な人は、適当なところでアルミホイルをかぶせても。

 

f:id:waltham70:20141215123148j:plain

見た目いまいちだけど、美味しくできました。サクサクとしたクロワッサンの食感が、チョコレートプディングとぴったりだった。クロワッサンを食パンの耳に変えたりと、応用がききそう。

 

きょうの料理ビギナーズの12月号』を参考にした。

営業妨害かもしれんと思うくらい、テキストの写真は美しく美味しそうなので、次回作る際にはさらなる精進をめざしたい。

 

NHK きょうの料理ビギナーズ 2014年 12月号 [雑誌]

NHK きょうの料理ビギナーズ 2014年 12月号 [雑誌]