読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズドなつもりのオープン・ノート

~生きるヨロコビ、地味に地道に綴ってます~

純喫茶コロンビアとリンゴと花園銀座商店街

朝里ダムの湖畔まで、まだ早い紅葉を見に行った続き。 waltham7002.hatenadiary.jp 朝里ダムの湖畔を散歩したあとは、小樽市内に向かって遅い昼食に。 寿司か、あんかけ焼きそばかそれともか。観光地だけあって美味しそうなものが各種取り揃ってる小樽で、軽…

さようなら、さっぽろスイーツカフェ

王冠のマークが目印、「さっぽろスイーツカフェ」。 札幌市内の人気ケーキショップのスイーツを、ワンストップでまとめて味わえるたいへん便利かつありがた~いお店だったのに、残念ながら8月21日で閉店してしまった。 札幌商工会議所設立110周年記念事業で…

北大総合博物館内にできた、「ミュージアムカフェぽらす」に行ってきた。

耐震改修工事を機に館内もリニューアルオープンされた、北大総合博物館に行ってきた。 東京は上野にある国立科学博物館を、ギュギュギュッと凝縮したような場所。北大全12学部の主要な研究内容を紹介する、お披露目コーナーもあり。まん丸お握りをギュギュギ…

その先の、道へ

中島公演に出掛けてきた。桜の蕾はまだ固い。ハサミヤやナルミコーヒースタンドナカジマパークにも寄り道してきた。

安藤忠雄氏が基本デザインした、北菓楼札幌本店に行ってきた

3月18日。指折り数えてこの日を待っておりました。北菓楼札幌本店がついにオープン!万歳三唱したいくらいの気持ちでウキウキと出掛けてきた。 もとは「北海道立文書別館」というおかたい建物。大正15年築と、見掛けるたびに気になってたレトロ建築だけ…

札幌ローカルなチョコレートショップ「サタデイズチョコレートファクトリー」

☆☆☆いかなる売文業者とも広告業者とも無関係な、個人によるレポートです☆☆☆ チョコチョコしい、札幌ローカルで人気のチョコレートショップ兼ファクトリー兼カフェ「SATURDAYS CHOCOLATE サタデイズチョコレート」に行ってきた。 (Bean To Barスタイルのチョ…

『ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』見てきた

アメリカの俳優から最も尊敬を集める監督の一人、ロバート・アルトマン。 彼が、監督として大成するまでの若き日の姿や失意にある時もカメラが追ったドキュメンタリー映画、『ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男』を見てきた。 …

純喫茶で思いがけないメニューに出逢うヨロコビ

チェーン店のカフェや喫茶店が画一的な工業製品なら、純喫茶はアート。そのたたずまいやメニューには、チェーン店にはない味わいいっぱいで、ついでにオドロキも潜んでいるので、やめられない。 まずはじゃじゃん、札幌駅前の大人気純喫茶店「サンローゼ」の…

カフェクラブ「ロスマリン」で、銀幕のヒロインとご対面

『純喫茶へ、1000軒』に、札幌よりエントリーしていたうちの一軒、カフェクラブ「ロスマリン」。このお店に目を付けるとは、おぬしやるなと著者の人にスタンディングオベーションを送りたい。いいお店だもの、ここ。 (注:2016年3月末日で、カフェクラブ「…

千秋庵本店でひと休み

さっぽろオータムフェストの開催を明日に控え、会場設営も佳境にさしかかっていた大通公園。台風とともにスタートする今年のさっぽろオータムフェスト。ついてないね。 年々グレードアップしていくさっぽろオータムフェスト。どの会場もどのブースも美味しそ…

蔦の絡まるステキ純喫茶「カフェ・ランバン」

鮮やかなオレンジ色の花が目印、ノウゼンカズラ。満開になったノウゼンカズラは真夏の象徴。 どの季節に訪れてもいいけど、蔦の絡まる今の季節にひときわ目を惹くのが、「カフェ・ランバン」。 ランバン (すすきの/カフェ)tabelog.com シアター キノからも歩…

六花亭のマルセイアイスサンドを自分へのご褒美に

そうだ、六花亭札幌本店へ行こう。 (こっちは仲通りに面した入口) そう思い立った時にはすぐに行ける。地元アドバンテージをめいっぱい利用して、今朝目にしたばかりの「マルセイアイスサンド」、午後には無事にかぶりついてた。文字通りかぶりつき。イー…

六花亭札幌本店にはモリエール・カフェもあるよ

お天気にも恵まれた、去る7月5日(日)。マルセイバターサンドでおなじみの六花亭札幌本店がついにオープン!暇人なので、オープン初日にいそいそと行ってきた。そりゃもうすごい人でした。 場所は札幌駅から徒歩5分ほど。 北4条西6丁目、三井ガーデン…

商店街の純喫茶「珈琲館ばるびぞん」

まだ見ぬカフェや純喫茶を求めてフラフラしてる。 カフェはともかく純喫茶探訪は、時間との戦い。先日も、ここはいずれ調査に来ようと目をつけていた純喫茶に行ってみたら、居抜きで別のお店に変ってた。ガーン。学生街にありそうな、フードが大変充実してる…

札幌で一番空に近い社食『パーラー青空』

あと5℃くらい気温が上がるともっと快適。肌寒くていまだにコートが手放せない。連休中は家族とのんびり過ごす以外にも、普段は行かないような所に行ってきた。普段は行かないような所、それは”社食”。 (連休のイメージ画像。大通公園の噴水) まだ見ぬステ…

昭和のまま時間が止まったカフェ『葦笛堂』は銭函にあり

掘れば金銀財宝ざっくざくか。どことなく景気の良さをイメージさせる地名、銭函(ぜにばこ)は、札幌から小樽に向かう途中にあり、海水浴場でも有名なところ。建築基準法違反だった海の家は、ようやく取り壊しが始まったと最近ニュースにもなってた。 そんな…

元は学者さんの書斎だった『インソムニア』

札幌に今も残る歴史的建造物のうち、北大が帝国大学だった時代にルーツを持つものが結構ある。桑園にあるこちらのお店、『インソムニア』もそのひとつ。元は北海道帝国大学の教授の書斎(というより書庫)だったとか。 レンガ造りの建物で、見るからに「蔵」…

札幌から1時間で行けるファームレストラン『ハーベスト』に、カフェスペースがオープン。

先日ファームレストラン『ハーベスト』に行ってきた。ファームレストランでは有名なところ。なんてったって、「ファームレストラン」「北海道」で検索する と、一番目か二番目に出てくるくらいだから。今回目指した『ハーベスト』は、5代にわたってリンゴを…

コスパのよいティールームがある東京ドームホテル札幌

4月1日。新年度の始まりでもある今日は、入社式を終えたらしいフレッシャーズの集団をたくさん見掛けた。スーツ姿が板についているのは、長引く就活のせいなのか、それともなのか。どっちにしろ、初々しい。 季節の変わり目に、今シーズン一番ひどい風邪を…

電車通りのオレ部屋カフェ「Choi Daily Stand」

市内中心部からちょっとだけ離れ、市電西15丁目駅のほど近く。NTT東日本病院など、大きな総合病院が集中するこのエリアは、昔ながらのお店が多かった。 昔っから街だった名残りですね。そのエリアも近頃新陳代謝がすすみ、ニューフェイスが増えてきた。この…

珍しいターキッシュコーヒーも飲めるMARK珈琲倶楽部

『MARK 珈琲倶楽部』は、札幌駅にもほど近いオフィスビル「アスティ45」の4階にある。札幌駅からこのビルまでは、地下街アピアを通じて結ばれている。 就活が始 まった今頃は、各種就職セミナーの会場にもなっていて、リクルートスーツ姿の人をひんぱんに…

スペース イチイチゴと隠れ家喫茶店と

一見何の変哲もない、古さが目立つこのマンション「シャトー・ル・レーヴ」。実は知る人ぞ知る、クリエーターが集まったものづくりスペースで、マイペースで営業する個性的なショップが集っている。 Space1-15 (スペース イチイチゴ)の玄関はオートロック…

ライトの弟子が設計した「ろいず珈琲館旧小熊(おぐま)邸」

各地から梅が咲いた、早い所では桜が咲いたとの声が寄せられるなか、まだ雪が残るここは札幌。 もうそろそろ、雪景色ともお別れかな。こちらの「ろいず珈琲館旧小熊(おぐま)邸」は、もと北海道帝国大学農学部教授、小熊捍(まもる)博士のご自宅だった建物…

100年シュークリーム

100年前、1915年といえば第一次世界大戦中。タイタニック号が沈んだのが1912年で、ロシア革命が勃発するのは1917年。ロシア革命を逃れた人達が日本にもやってきて、チョコレートなどの西洋菓子を庶民にも伝え始めるそのちょっと前。 そんな時代、果たして日…

『嘉多山珈琲店』に行ってきた

晴れのちうす曇りの一日。 かんかん照りにならなくて良かったけど、7月にしては気温低めで夕方になると肌寒い。 Instagram 北区新琴似という、中心部から離れた住宅街にある珈琲専門店『嘉多山(かたやま)珈琲店』に行ってきた。 道路を挟んだ斜め向かい側…